まるわかり ! タイの住まい探し

(No.104) 第52回 ご入居先での人間関係②

(No.102) 第51回 ご入居先での人間関係

(No.100) 第50回 物件の原状回復費用対策

(No.98) 第49回 タイの新築と築古について

(No.96) 第48回 快適!メイドのいる暮らし

(No.94) 第47回 ファシリティ続編…

(No.93) 第46回 重視して楽しみたい…

(No.91) 第45回 賃貸契約書について(2)

(No.90) 第44回 賃貸契約書について(1)

(No.89) 第43回 ゴキブリ対策

(No.88) 第42回 蟻よけ対策

(No.87) 第41回 お部屋探し、…(2)

(No.86) 第40回 お部屋探し、…(1)

(No.85) 第39回 幼稚園選びについて

(No.84) 第38回 タイ生活あるある事例集(7)

(No.83) 第37回 タイ生活あるある事例集(6)

(No.82) 第36回 タイ生活あるある事例集(5)

(No.81) 第35回 タイ生活あるある事例集(4)

(No.80) 第34回 タイ生活あるある事例集(3)

(No.79) 第33回 タイ生活あるある事例集(2)

(No.78) 第32回 タイ生活あるある事例集(1)

(No.77) 第31回 失敗しない!ご退去手順(2)

(No.76) 第30回 失敗しない!ご退去手順(1)

(No.75) 第29回 失敗しない!ご家族向け…

(No.74) 第28回 2014年お部屋探し事情大予想

(No.73) 第27回 オーナーチェンジ物件

(No.72) 第26回 オフィスの探し方②

(No.71) 第25回 オフィスの探し方①

(No.70) 第24回 ダニよけ対策

(No.69) 第23回 蚊よけ対策

(No.68) 第22回 火災対策

(No.67) 第21回 鍵について②

(No.66) 第20回 鍵について

(No.65) 第19回 更新について

(No.64) 第18回 アパートを借りて住む

(No.63) 第17回 サービスアパートを借りる③

(No.62) 第16回 サービスアパートを借りる②

(No.61) 第15回 サービスアパートを借りる①

(No.60) 第14回 コンドミニアムを借りる②

(No.59) 第13回 コンドミニアムを借りる①

(No.58) 第12回 虫対策について

(No.57) 第11回 お部屋の階について

(No.56) 第10回 日本とタイとの違い

(No.55) 第9回 お部屋の向き

(No.54) 第8回 広さと間取り(ご単身編)

(No.53) 第7回 立地条件(ご単身編)

(No.52) 第6回 ペット可物件について

(No.51) 第5回 間取りと広さ(ご家族編)

(No.50) 第4回 立地条件(お子様帯同編)

(No.49) 第3回 お部屋探しのタイミング (2)

(No.48) 第2回 お部屋探しのタイミング (1)

(No.47) 第1回 お部屋探しのコツ(単身編)

ダニよけ対策

 前回は、蚊よけ対策についてお話しましたが、今回はダニよけ対策について考えてみたいと思います。
 雨季も終わり爽やかな季節に入ったとはいえ、タイは一年を通し日中の温度は30度越え、平均気温が25度の熱帯気候です。ダニは日本の冬等、寒い所では生きられないそうですが、タイの気候はダニにとってはまさに天国、一年中休み無く活動しています。日本人が多く住むアパートやコンドミニアムでは、ほとんどが定期的に害虫駆除を行っているため、お部屋の中でネズミやゴキブリに遭遇する事は本当に稀だと思います。それがダニに関しては0.1ミリ前後とあまりにも小さく姿が見えないため気付かないだけで、実はどこでも大量に住みついているものなのです。ソファーに座った時やベッドに入った時、なんとなくムズムズする、服を着ていた場所にもかかわらず何かに刺されたといった場合、それはほとんどダニが原因と考えてよいと思います。ダニは非常に多くの種類があり、大きく分けて人を刺すものと、刺さないものに分かれるそうですが、刺さないものもその死骸や糞がアレルギーの原因になったり、人を刺す種類のダニのエサとなって、その数を増やしてしまう事に繋がるそうですので、どちらも駆除が必要です。
 では実際に駆除を行うにはどのような方法があるのでしょうか?アパートやオーナーさんに申し出て、お掃除等をしてもらう、あるいは業者を呼んで駆除してもらう、という事も可能ですが、この方法ですと刺されてしまってからでないと対処してもらえませんし、一年のうち、あまり頻繁となると、なかなかすぐには対応してもらえないものです。それより年に何度か自分でやっておけば、被害を未然に防げるのでおすすめです。最近日本では、布団専用のダニを退治できる赤外線機能の付いた掃除機が発売され人気だそうですが、タイではほとんどのご家庭でベッドをお使いだと思いますので、これだけでは効果にも限度があると思います。
 まずマットレスやソファーには、掃除機とスチームアイロンのダブル使いが効果的です。先に掃除機を掛けますが、その際掃除機の吸い込み口は中央にあり、非常に小さいので、少しずつずらしながら丁寧にじっくりと時間をかけて吸い取ります。その後スチームアイロンの強でゆっくりと、まんべんなくアイロンを掛けます。その際ソファーの生地が傷みやすそうであればあて布をした方が良いでしょう。市販の汚れや匂いを取る除菌スプレー等も有効ですが、やはり高熱が一番効果がありますよ。
 次に洋服ですが、収納の際には引き出し収納の中には虫除けシート等を敷くのも良い方法です。本当は乾かした後、乾燥機に40分以上かけるのが良いそうですが、こちらではあまり一般のアパートやコンドミニアムには乾燥機は普及していませんし、毎回使えば生地も傷んでしまいます。これにもアイロン掛けが有効です。メイドさんをお使いの方はきっと最初に驚かれたと思いますが、こちらではYシャツはもちろん、Tシャツ、ジーンズからパジャマ、トランクスまでアイロンを掛けるのが当たり前です。これは見かけのためだけではなく、殺菌消毒も兼ねているわけで、やはりその土地で習慣になっている事には意味があるのですね。
 最後に、お部屋全体のダニ対策には空気清浄機がお勧めです。寝室用の小さな物なら安く出回っており、性能も良く、お手入れも簡単、省エネにもなっていますので、是非お使いになる事をお勧めします。
 いかがでしたか?もっと詳しくお知りになりたい方は、下の広告のアドレスまで、お気軽にご質問をお寄せください。皆様からのメール、お待ちしております。

tkmad69