まるわかり ! タイの住まい探し

(No.104) 第52回 ご入居先での人間関係②

(No.102) 第51回 ご入居先での人間関係

(No.100) 第50回 物件の原状回復費用対策

(No.98) 第49回 タイの新築と築古について

(No.96) 第48回 快適!メイドのいる暮らし

(No.94) 第47回 ファシリティ続編…

(No.93) 第46回 重視して楽しみたい…

(No.91) 第45回 賃貸契約書について(2)

(No.90) 第44回 賃貸契約書について(1)

(No.89) 第43回 ゴキブリ対策

(No.88) 第42回 蟻よけ対策

(No.87) 第41回 お部屋探し、…(2)

(No.86) 第40回 お部屋探し、…(1)

(No.85) 第39回 幼稚園選びについて

(No.84) 第38回 タイ生活あるある事例集(7)

(No.83) 第37回 タイ生活あるある事例集(6)

(No.82) 第36回 タイ生活あるある事例集(5)

(No.81) 第35回 タイ生活あるある事例集(4)

(No.80) 第34回 タイ生活あるある事例集(3)

(No.79) 第33回 タイ生活あるある事例集(2)

(No.78) 第32回 タイ生活あるある事例集(1)

(No.77) 第31回 失敗しない!ご退去手順(2)

(No.76) 第30回 失敗しない!ご退去手順(1)

(No.75) 第29回 失敗しない!ご家族向け…

(No.74) 第28回 2014年お部屋探し事情大予想

(No.73) 第27回 オーナーチェンジ物件

(No.72) 第26回 オフィスの探し方②

(No.71) 第25回 オフィスの探し方①

(No.70) 第24回 ダニよけ対策

(No.69) 第23回 蚊よけ対策

(No.68) 第22回 火災対策

(No.67) 第21回 鍵について②

(No.66) 第20回 鍵について

(No.65) 第19回 更新について

(No.64) 第18回 アパートを借りて住む

(No.63) 第17回 サービスアパートを借りる③

(No.62) 第16回 サービスアパートを借りる②

(No.61) 第15回 サービスアパートを借りる①

(No.60) 第14回 コンドミニアムを借りる②

(No.59) 第13回 コンドミニアムを借りる①

(No.58) 第12回 虫対策について

(No.57) 第11回 お部屋の階について

(No.56) 第10回 日本とタイとの違い

(No.55) 第9回 お部屋の向き

(No.54) 第8回 広さと間取り(ご単身編)

(No.53) 第7回 立地条件(ご単身編)

(No.52) 第6回 ペット可物件について

(No.51) 第5回 間取りと広さ(ご家族編)

(No.50) 第4回 立地条件(お子様帯同編)

(No.49) 第3回 お部屋探しのタイミング (2)

(No.48) 第2回 お部屋探しのタイミング (1)

(No.47) 第1回 お部屋探しのコツ(単身編)

オフィスの探し方 ①

 このコラムのタイトルはタイの住まい探しですが、今回と次回はオフィス物件の探し方についてお話してみたいと思います。
 まずは探し始めるタイミングについてです。
 新しい年には新しいオフィスを、とお考えの方、今からでは遅すぎるとお思いかもしれませんが、実際には十分間に合います。と言うよりはむしろ、今がお探し時と言えるでしょう。日本人の感覚では、年末や3月末が空き物件が多いのでは?と考えがちですが、あながちそうとも限りません。こちらでは、3月末にはそれほど多くの物件は一度には空きませんし、11月から12月にかけても多少の空きは出てくるものです。
通常オフィスは3年契約が基本です。1年契約から受け付けてもらえる場合でも、借りる側としてもオフィスが度々変わるのは不都合ですし、1年契約では、2年目の更新の際に値上げされる可能性もありますので、それを防ぐためにも3年契約をするのが一般的です。そのため一度ふさがってしまうとなかなか空きが出ないものです。さらに、空きが出たとしても、便利な場所のオフィスやお手頃サイズの物件は、ほんの数日で決まってしまいます。また、ご入居まで間がありすぎても、お家賃を払わずにお部屋を空けて長期間待ってもらう事は難しく、正式なご予約には、デポジット3か月分の支払いを求められる事がほとんどです。そのため、即断、即決が何より重要です。
 次に、オフィスを探すときのポイントを考えて見ましょう。
 まずは、もちろん立地です。立地には二つの側面があり、一つはお取引先のオフィスや工場などへのアクセスでしょう。場所によって移動時間やガソリン代などもかなり変わってくるわけで、最優先事項と言えると思いますが、その時に気を付けなければならないのが、道路事情です。例えば同じ地区の、同じ大通り沿いの向かい合わせに建っているビルだとしても、バンコクでは一方通行や右折左折が禁止の所が多いため、全く違った条件になってしまうという事がよくあります。そのため、ただ単に住所を確認するのではなく実際に平日道路の状況を確認する事が重要です。
 もう一つの側面は、社員の通勤です。特に新規立ち上げではなく、事務所を移転される場合には、現在通い慣れている場所から離れた地域への移動は、多少なりとも社員の抵抗があるはずです。それが移転先がBTSやMRTの駅に非常に近いとか、有名なオフィスビルとなれば話は違います。現在働いている従業員が喜ぶのはもちろん、移転先で新規にスタッフを採用する際も人を集めやすくなります。採用後の社員の定着率の面でも、オフィスは非常に重要な鍵の一つと言えるでしょう。考えてみてください。もしお給料や仕事内容、人間関係が同じような会社があったなら、当然通いやすくて快適なオフィスの方を選びますよね?
 次回は立地条件以外の物件探しのポイントと、探し始めてからご入居までの流れについてお話したいと思います。
 いかがでしたか?もっと詳しくお知りになりたい方は、下の広告のアドレスまで、お気軽にご質問をお寄せください。皆様からのメール、お待ちしております。

tkmad69