まるわかり ! タイの住まい探し

(No.104) 第52回 ご入居先での人間関係②

(No.102) 第51回 ご入居先での人間関係

(No.100) 第50回 物件の原状回復費用対策

(No.98) 第49回 タイの新築と築古について

(No.96) 第48回 快適!メイドのいる暮らし

(No.94) 第47回 ファシリティ続編…

(No.93) 第46回 重視して楽しみたい…

(No.91) 第45回 賃貸契約書について(2)

(No.90) 第44回 賃貸契約書について(1)

(No.89) 第43回 ゴキブリ対策

(No.88) 第42回 蟻よけ対策

(No.87) 第41回 お部屋探し、…(2)

(No.86) 第40回 お部屋探し、…(1)

(No.85) 第39回 幼稚園選びについて

(No.84) 第38回 タイ生活あるある事例集(7)

(No.83) 第37回 タイ生活あるある事例集(6)

(No.82) 第36回 タイ生活あるある事例集(5)

(No.81) 第35回 タイ生活あるある事例集(4)

(No.80) 第34回 タイ生活あるある事例集(3)

(No.79) 第33回 タイ生活あるある事例集(2)

(No.78) 第32回 タイ生活あるある事例集(1)

(No.77) 第31回 失敗しない!ご退去手順(2)

(No.76) 第30回 失敗しない!ご退去手順(1)

(No.75) 第29回 失敗しない!ご家族向け…

(No.74) 第28回 2014年お部屋探し事情大予想

(No.73) 第27回 オーナーチェンジ物件

(No.72) 第26回 オフィスの探し方②

(No.71) 第25回 オフィスの探し方①

(No.70) 第24回 ダニよけ対策

(No.69) 第23回 蚊よけ対策

(No.68) 第22回 火災対策

(No.67) 第21回 鍵について②

(No.66) 第20回 鍵について

(No.65) 第19回 更新について

(No.64) 第18回 アパートを借りて住む

(No.63) 第17回 サービスアパートを借りる③

(No.62) 第16回 サービスアパートを借りる②

(No.61) 第15回 サービスアパートを借りる①

(No.60) 第14回 コンドミニアムを借りる②

(No.59) 第13回 コンドミニアムを借りる①

(No.58) 第12回 虫対策について

(No.57) 第11回 お部屋の階について

(No.56) 第10回 日本とタイとの違い

(No.55) 第9回 お部屋の向き

(No.54) 第8回 広さと間取り(ご単身編)

(No.53) 第7回 立地条件(ご単身編)

(No.52) 第6回 ペット可物件について

(No.51) 第5回 間取りと広さ(ご家族編)

(No.50) 第4回 立地条件(お子様帯同編)

(No.49) 第3回 お部屋探しのタイミング (2)

(No.48) 第2回 お部屋探しのタイミング (1)

(No.47) 第1回 お部屋探しのコツ(単身編)

2014年 お部屋探し事情大予想

 1月も中旬になりましたが、今回は2014年お部屋探し事情大予想!を行ってみたいと思います。
 まず、この春のご家族用のお部屋探しは厳しさを極めるでしょう。UAD騒動や洪水で、一時期はご単身が多かったのですが、この2年間で以前にも増してご家族が増えたため、昨年もお部屋探しは大変でした。今年はまだ、この方々がご帰国の時期になりませんので、ご退去よりご入居予定の方が大幅に上回る事になります。今年はまた、日本人学校バンコク校が初めて生徒数3,000人を越える見込みで、来年度以降、学年途中での入学はかなり難しいそうですので、皆様4月の新学期に合わせてご来タイなさります。そのため、例年以上に3月中旬から4月初旬にかけての短い期間にご入居希望が集中する事になります。もしお子様が就学前でしたら、時期をずらしてご来タイされる事をお勧めします。厳しい事には変わりませんが、少しは選択のチャンスが広がるかもしれません。また、現在はまだ少数ではありますが、インターナショナルスクールと言う選択肢も視野に入れれば、スクムビットにとらわれずに別の地域でお部屋を探すと言う方法も考えられます。ただ、ご通勤の車が一人1台ではなくなってきている現状や、病院、スーパー等の利便性を考えると、依然としてスクムビットのアソーク、エカマイまでの狭いエリアに人気が集中する事は急には変わらないでしょう。長期的に見れば、今後はチョンブリー方面にご通勤の方々はシラチャー方面にお住まいになり、シラチャー校に通われるお子様が確実に増えていくものと考えられます。
 ご単身のお部屋探しはどうでしょうか。この3年ほどでスクムビット通り沿いに新しいコンドミニアムが増えましたが、特に駅近くは非常に人気を集め、現在は満室の物件が多くなっています。コンドミニアムの場合、建物が完成してから2年ほど経過していても、新築のお部屋が出てくるケースもありますが、その場合、新築当初よりお値段は上がっている事がほとんどです。また日本と比べ、建物自体が古くなるのが早く、驚かれるかもしれません。それでも駅至近の物件の人気は衰える事はないでしょう。ホテルタイプのサービスアパートでは、稼働率が90%以上といった、日本では考えられない状態のため、現在は長期のご契約を制限している物件もあり、お家賃も高止まりです。ただし今後の政治情勢によっては、旅行者や出張者のキャンセルが相次ぐ事も起り得り、その場合、大幅な割引価格が出てくる事も考えられます。ではご予算の面ではどうでしょうか。昨年から5,000バーツから多いところでは15,000バーツほどの増額が多く見られるようになりました。築10年以上の物件では、順次改装を進めており、改装後はお家賃をアップしてきている事もあり、10,000バーツ程度ご予算がアップすれば、少しは選択肢が増えてくるでしょう。また、今年は日本国内の景気回復もあり、ある程度自己負担をしてでも納得のお部屋捜しをしたいと思われる方が増えると予想されます。お部屋探し事情は毎年変わります。早く流れをつかみ、賢いお部屋探しをしたいものですね。
 いかがでしたか?もっと詳しくお知りになりたい方は、下の広告のアドレスまで、お気軽にご質問をお寄せください。皆様からのメール、お待ちしております。

tkmadv75