まるわかり ! タイの住まい探し

(No.104) 第52回 ご入居先での人間関係②

(No.102) 第51回 ご入居先での人間関係

(No.100) 第50回 物件の原状回復費用対策

(No.98) 第49回 タイの新築と築古について

(No.96) 第48回 快適!メイドのいる暮らし

(No.94) 第47回 ファシリティ続編…

(No.93) 第46回 重視して楽しみたい…

(No.91) 第45回 賃貸契約書について(2)

(No.90) 第44回 賃貸契約書について(1)

(No.89) 第43回 ゴキブリ対策

(No.88) 第42回 蟻よけ対策

(No.87) 第41回 お部屋探し、…(2)

(No.86) 第40回 お部屋探し、…(1)

(No.85) 第39回 幼稚園選びについて

(No.84) 第38回 タイ生活あるある事例集(7)

(No.83) 第37回 タイ生活あるある事例集(6)

(No.82) 第36回 タイ生活あるある事例集(5)

(No.81) 第35回 タイ生活あるある事例集(4)

(No.80) 第34回 タイ生活あるある事例集(3)

(No.79) 第33回 タイ生活あるある事例集(2)

(No.78) 第32回 タイ生活あるある事例集(1)

(No.77) 第31回 失敗しない!ご退去手順(2)

(No.76) 第30回 失敗しない!ご退去手順(1)

(No.75) 第29回 失敗しない!ご家族向け…

(No.74) 第28回 2014年お部屋探し事情大予想

(No.73) 第27回 オーナーチェンジ物件

(No.72) 第26回 オフィスの探し方②

(No.71) 第25回 オフィスの探し方①

(No.70) 第24回 ダニよけ対策

(No.69) 第23回 蚊よけ対策

(No.68) 第22回 火災対策

(No.67) 第21回 鍵について②

(No.66) 第20回 鍵について

(No.65) 第19回 更新について

(No.64) 第18回 アパートを借りて住む

(No.63) 第17回 サービスアパートを借りる③

(No.62) 第16回 サービスアパートを借りる②

(No.61) 第15回 サービスアパートを借りる①

(No.60) 第14回 コンドミニアムを借りる②

(No.59) 第13回 コンドミニアムを借りる①

(No.58) 第12回 虫対策について

(No.57) 第11回 お部屋の階について

(No.56) 第10回 日本とタイとの違い

(No.55) 第9回 お部屋の向き

(No.54) 第8回 広さと間取り(ご単身編)

(No.53) 第7回 立地条件(ご単身編)

(No.52) 第6回 ペット可物件について

(No.51) 第5回 間取りと広さ(ご家族編)

(No.50) 第4回 立地条件(お子様帯同編)

(No.49) 第3回 お部屋探しのタイミング (2)

(No.48) 第2回 お部屋探しのタイミング (1)

(No.47) 第1回 お部屋探しのコツ(単身編)

失敗しない!ご家族向け物件の選び方

 今年も2月になり、ご家族物件探しも大詰めになって来ました。今回は、お子様ご帯同のお客様の物件選びについて考えたいと思います。
 お子様がいらっしゃる場合、お子様の年齢、人数、性別等によって選び方が変わってきます。まず、小学校高学年以上のお子様をお持ちでしたら、通学だけでなく、塾に近い事や、週末などにお友達同士で出歩けられるよう駅の近くなど、立地条件が重要なポイントとなります。スクムビット内に塾は複数ありますが、皆様それぞれに日本で通われていた、あるいは是非通わせたいと思われる塾がおありだと思います。週2回から3回通われるのであれば、塾のスクールバスの費用や通学時間などは無視できません。特に学校からの帰り道に渋滞するエリアですと、塾からのお迎えのバスに間に合わない事もありますので注意が必要です。
 次に、小学校低学年や、幼稚園に通われるお子様がいらっしゃる場合には、プールや遊び場などのファシリティーが重要なポイントになります。バンコクの生活では、放課後に学校の運動場や近くの公園で遊ぶ、といった環境がありませんので、大きなプールや広い遊び場があると安心です。また、そういった設備の整った物件には、自然とお子様をお持ちのご家族が集まっていらっしゃいますので、年齢の近いお友達と学校のクラスを超えて知り合い、一緒に遊ぶ事が出来ます。子供達は環境の変化でストレスを抱えていても、大人と違い、食べ歩きやショッピング、おしゃべり等で発散する事が出来ません。子供同士、一緒に体を動かして思いっきり遊ばせてあげたいですね。
 それから、乳幼児のお子様がいらっしゃる場合には、同じ遊び場でも屋内のキッズルームがある物件がお勧めです。スクムビット内には小さなお子様用の遊戯施設等もいくつかありますが、お金も掛かる事ですし、平日の夕方に外に出かけるのは大変です。特に雨季にはご帰宅の際、土砂降りでタクシーも見つからない、やっと捕まえた頃には大渋滞に洪水、と散々な目にあってしまうことになりかねません。お子様が小さい内は、ご家族揃って就寝されるご家庭が多いため、主寝室が広い物件、さらに、できれば小さな滑り台等の遊具も置けるような、リビングの広い物件をお勧めします。お子様が同じ性別の場合には、かなり成長しても2BRで構わないでしょう。もし兄弟でお年が離れている場合、選択肢は減るかもしれませんが、両方の条件を兼ね備えた物件からお選びになる事をお勧めします。
 近年の傾向として、キッチンの美しさや、スーパーに近い、新しくて駅に近い物件、といったいわゆる奥様目線のリクエストを頂く事が増えています。ところが実際に生活されますと、こちらでは意外と食品の配達も多く、毎日スーパーにいらっしゃる奥様は少ないようです。お稽古事も自宅やお友達のアパートに先生が来てくれたり、カルチャーセンターやスポーツ系のスクール等も駅前ではなく、通りの中に入った場所にあったりします。また、新しくて駅に近い物件は、お部屋も狭く、ご単身やご夫婦向け中心の造りになっている事が多いものです。
 まずは経験豊かな不動産業者の営業の意見をご参考に、お子様の生活を第一に考えてお部屋を選ぶ事が、「失敗しないお部屋選び」の第一歩と言えるのではないでしょうか?
 いかがでしたか?もっと詳しくお知りになりたい方は、下の広告のアドレスまで、お気軽にご質問をお寄せください。皆様からのメール、お待ちしております。

tkmadv75