まるわかり ! タイの住まい探し

(No.104) 第52回 ご入居先での人間関係②

(No.102) 第51回 ご入居先での人間関係

(No.100) 第50回 物件の原状回復費用対策

(No.98) 第49回 タイの新築と築古について

(No.96) 第48回 快適!メイドのいる暮らし

(No.94) 第47回 ファシリティ続編…

(No.93) 第46回 重視して楽しみたい…

(No.91) 第45回 賃貸契約書について(2)

(No.90) 第44回 賃貸契約書について(1)

(No.89) 第43回 ゴキブリ対策

(No.88) 第42回 蟻よけ対策

(No.87) 第41回 お部屋探し、…(2)

(No.86) 第40回 お部屋探し、…(1)

(No.85) 第39回 幼稚園選びについて

(No.84) 第38回 タイ生活あるある事例集(7)

(No.83) 第37回 タイ生活あるある事例集(6)

(No.82) 第36回 タイ生活あるある事例集(5)

(No.81) 第35回 タイ生活あるある事例集(4)

(No.80) 第34回 タイ生活あるある事例集(3)

(No.79) 第33回 タイ生活あるある事例集(2)

(No.78) 第32回 タイ生活あるある事例集(1)

(No.77) 第31回 失敗しない!ご退去手順(2)

(No.76) 第30回 失敗しない!ご退去手順(1)

(No.75) 第29回 失敗しない!ご家族向け…

(No.74) 第28回 2014年お部屋探し事情大予想

(No.73) 第27回 オーナーチェンジ物件

(No.72) 第26回 オフィスの探し方②

(No.71) 第25回 オフィスの探し方①

(No.70) 第24回 ダニよけ対策

(No.69) 第23回 蚊よけ対策

(No.68) 第22回 火災対策

(No.67) 第21回 鍵について②

(No.66) 第20回 鍵について

(No.65) 第19回 更新について

(No.64) 第18回 アパートを借りて住む

(No.63) 第17回 サービスアパートを借りる③

(No.62) 第16回 サービスアパートを借りる②

(No.61) 第15回 サービスアパートを借りる①

(No.60) 第14回 コンドミニアムを借りる②

(No.59) 第13回 コンドミニアムを借りる①

(No.58) 第12回 虫対策について

(No.57) 第11回 お部屋の階について

(No.56) 第10回 日本とタイとの違い

(No.55) 第9回 お部屋の向き

(No.54) 第8回 広さと間取り(ご単身編)

(No.53) 第7回 立地条件(ご単身編)

(No.52) 第6回 ペット可物件について

(No.51) 第5回 間取りと広さ(ご家族編)

(No.50) 第4回 立地条件(お子様帯同編)

(No.49) 第3回 お部屋探しのタイミング (2)

(No.48) 第2回 お部屋探しのタイミング (1)

(No.47) 第1回 お部屋探しのコツ(単身編)

失敗しない!ご退去手順(1)

 毎年、2月の後半から3月後半までは、本帰国をされる方が1年のうちで一番多い時期です。ご駐在期間内に、一度もお引越しをされなかったお客様にとっては初めての退去手続きとなりますので、多くの方が不安を感じていらっしゃるのではないでしょうか?また、ご帰国前のあわただしさから準備が間に合わず、後からああすればよかった、こうしておけばよかったと悔やまれてもやり直しが出来ないのが本帰国です。そこで今回と次回は、本帰国をされる際の退去通知の方法と退去時の手順について書いてみたいと思います。
 本帰国の内示を受け、まず一番最初に行わなければならないのが、退去届けの提出です。提出期限はそれぞれの物件、あるいは入居時期などにより異なります。まず、サービスアパートの場合、ほとんどの場合は30日前の書面通知ですが、ホテルタイプのサービスアパートでは2週間前でも良いところもあり、特に問題はないでしょう。次にアパートの場合、1年契約満了後、ご更新の際に“本帰国の場合には30日前の通知で契約を解除できる”といった付帯メモ等が付けてあれば安心です。ただ、2年目以降も45日、あるいは60日前通知が必要な物件もありますし、1年目の満了と同時に本帰国、すなわち、更新をしない場合には60日前通知がほとんどですのでご注意下さい。中には辞令書など、会社でご用意していただく書類が必要な物件もございますので、アパートマネージャーに確認しましょう。
 次にコンドミニアムですが、こちらも2年目の更新手続きの際、同じようにメモを付けておくと安心ですが、まれに2年目以降も60日前に申請、あるいは“毎年一定期間を満了しないとデポジットは返金しない”と契約書にうたわれているケースもございますので、よくご確認下さい。退去届けは、お部屋を紹介してくれた仲介業者に作成してもらうか、法人契約の場合には会社で作成していただくことになります。はっきりとした日付が判らなくても、おおよその日程が決まった時点で一度書類を提出しておきましょう。その際、書類の原本はそれぞれのオーナー、あるいはマネージャーに提出することになりますが、仲介業者にもメール等で知らせておき、提出後、本当にオーナーが書類を受理されたかどうかを確認してもらうと安心です。例えばスタッフやマネージャーのところで書類が止まっており、オーナーに届いていないということも考えられないことではありませんので、万が一に備え、念には念を入れておきましょう。退出届けには、退去後に戻ってくるデポジットの受け取り先も書いておくと安心です。物件によっては小切手のみの場合もありますが、希望として“宛名(会社宛か、個人名か)”と“返金方法(小切手なのか、振込みなのか)”をはっきりと書いておけば、何度も書類を作ったり、電話やメールで確認したりといった手間が省けます。日本への送金は、ほぼ受け付けてもらえませんので、会社の担当の方に良くご相談の上、タイの会社名、タイの銀行口座など、ご希望の返金先を決めておきましょう。
 いかがでしたか?もっと詳しいことをお知りになりたい方は、下の広告のアドレスまで、お気軽にご質問をお寄せください。皆様からのお問い合わせのメール、お待ちしております。

tkmadv75