まるわかり ! タイの住まい探し

(No.104) 第52回 ご入居先での人間関係②

(No.102) 第51回 ご入居先での人間関係

(No.100) 第50回 物件の原状回復費用対策

(No.98) 第49回 タイの新築と築古について

(No.96) 第48回 快適!メイドのいる暮らし

(No.94) 第47回 ファシリティ続編…

(No.93) 第46回 重視して楽しみたい…

(No.91) 第45回 賃貸契約書について(2)

(No.90) 第44回 賃貸契約書について(1)

(No.89) 第43回 ゴキブリ対策

(No.88) 第42回 蟻よけ対策

(No.87) 第41回 お部屋探し、…(2)

(No.86) 第40回 お部屋探し、…(1)

(No.85) 第39回 幼稚園選びについて

(No.84) 第38回 タイ生活あるある事例集(7)

(No.83) 第37回 タイ生活あるある事例集(6)

(No.82) 第36回 タイ生活あるある事例集(5)

(No.81) 第35回 タイ生活あるある事例集(4)

(No.80) 第34回 タイ生活あるある事例集(3)

(No.79) 第33回 タイ生活あるある事例集(2)

(No.78) 第32回 タイ生活あるある事例集(1)

(No.77) 第31回 失敗しない!ご退去手順(2)

(No.76) 第30回 失敗しない!ご退去手順(1)

(No.75) 第29回 失敗しない!ご家族向け…

(No.74) 第28回 2014年お部屋探し事情大予想

(No.73) 第27回 オーナーチェンジ物件

(No.72) 第26回 オフィスの探し方②

(No.71) 第25回 オフィスの探し方①

(No.70) 第24回 ダニよけ対策

(No.69) 第23回 蚊よけ対策

(No.68) 第22回 火災対策

(No.67) 第21回 鍵について②

(No.66) 第20回 鍵について

(No.65) 第19回 更新について

(No.64) 第18回 アパートを借りて住む

(No.63) 第17回 サービスアパートを借りる③

(No.62) 第16回 サービスアパートを借りる②

(No.61) 第15回 サービスアパートを借りる①

(No.60) 第14回 コンドミニアムを借りる②

(No.59) 第13回 コンドミニアムを借りる①

(No.58) 第12回 虫対策について

(No.57) 第11回 お部屋の階について

(No.56) 第10回 日本とタイとの違い

(No.55) 第9回 お部屋の向き

(No.54) 第8回 広さと間取り(ご単身編)

(No.53) 第7回 立地条件(ご単身編)

(No.52) 第6回 ペット可物件について

(No.51) 第5回 間取りと広さ(ご家族編)

(No.50) 第4回 立地条件(お子様帯同編)

(No.49) 第3回 お部屋探しのタイミング (2)

(No.48) 第2回 お部屋探しのタイミング (1)

(No.47) 第1回 お部屋探しのコツ(単身編)

失敗しない!ご退去手順(2)

 前回は、主に『退去通知』についてお話しました。今回は『退去時のお部屋チェックとチェックアウト方法』についてお話したいと思います。
 退去時には、お部屋のチェックが必要です。ご退出が早朝や深夜になる場合は前日など、事前にチェックを受ける場合もあります。その場合、船便等、大きなお荷物がお部屋から出た後、簡単にお掃除をしてからチェックしてもらいましょう。原状回復費用を少しでも節約するためには印象も大切な要素です。
 退去チェックは、まず初めに『備品が揃っているか?』を確認されます。もし、備品を誤って日本向けに送ってしまった場合、送り返すにしても費用も時間もかかり、結局紛失と同じ扱いになってしまいますので注意しましょう。
 電化製品のマニュアルやオーブンレンジ内のものなど、普段ご利用されないものをそのまま棚の中に他のものと一緒に置かれると、引越し業者は気付かずにパッキングしてしまいますので、予め一箇所にまとめて『STAY』の印をつけておきます。次に、『鍵が揃っているか?』を確認されます。玄関の鍵を含め、寝室の鍵や郵便受け、金庫の鍵、等々全ての鍵を揃えておきましょう。駐車場のステッカーが車についている場合も、忘れずに取り外しましょう。鍵やステッカーを紛失されていた場合には請求の対象となります。特にマスターキーの場合、マグネットキー1つが8,000バーツ前後、シリンダー交換15,000バーツ前後と、高額請求となりますので十分ご注意下さい。ご入居以降、一度もお使いにならなかった寝室の鍵などは、どこにしまったか忘れがちです。荷物に紛れてしまわないように荷出しの前に探して一箇所にまとめておきましょう。
 それから『修理や補償の対象になる箇所について確認、記録』を取ります。実際の修理費用金額は、その場ではわからないケースがほとんどですので、お部屋チェックの際にオーナー側から指摘のあった点をリストアップした書類にサインし、デポジットから差し引くのか、または光熱費等の個人払いのものと一緒にオーナー、あるいは代理人に預けておくのかを決めておきます。現状回復費用は、普通にお住いになった時間経過の劣化なのか、お客様の不注意による損傷なのかの見極めは難しく、タイではオーナー側の裁量に大きな重きを置かれています。普段から清潔に、丁寧にお部屋をお使いいただいていれば、それほど驚くような金額にはならないはずですが、小さなお子様がいらしたご家族やペットを飼われていた場合には、楽しく元気に暮らした結果として、ある程度の費用はかかるとお考えいただいたほうがよいでしょう。
 また、アパートやコンドミニアムでは、インターネットやケーブルテレビ、飲料水などのキャンセル手続きが必要なものも出てきます。機械や残りのクーポンなどを返却すれば、返金してもらえるケースもありますので、お早めに業者に連絡して対応してもらうとよいでしょう。
 いよいよご退出のときには、サービスアパートの場合、最後にお使いになった鍵をフロントに返し、ランドリーやご飲食代などをその場で精算します。コンドミニアムやアパートでは、ご退出が早朝や深夜の場合、予め玄関以外の鍵を返却しておき、最後にロックした後、そのお部屋のメールボックスに鍵を入れてご退出していただくこともありますが、念のためお部屋チェックの際に不動産業者からオーナーさんに確認してもらいましょう。
 いかがでしたか?もっと詳しいことをお知りになりたい方は、下の広告のアドレスまで、お気軽にご質問をお寄せください。皆様からのお問い合わせのメール、お待ちしております。

tkmadv75