まるわかり ! タイの住まい探し

(No.104) 第52回 ご入居先での人間関係②

(No.102) 第51回 ご入居先での人間関係

(No.100) 第50回 物件の原状回復費用対策

(No.98) 第49回 タイの新築と築古について

(No.96) 第48回 快適!メイドのいる暮らし

(No.94) 第47回 ファシリティ続編…

(No.93) 第46回 重視して楽しみたい…

(No.91) 第45回 賃貸契約書について(2)

(No.90) 第44回 賃貸契約書について(1)

(No.89) 第43回 ゴキブリ対策

(No.88) 第42回 蟻よけ対策

(No.87) 第41回 お部屋探し、…(2)

(No.86) 第40回 お部屋探し、…(1)

(No.85) 第39回 幼稚園選びについて

(No.84) 第38回 タイ生活あるある事例集(7)

(No.83) 第37回 タイ生活あるある事例集(6)

(No.82) 第36回 タイ生活あるある事例集(5)

(No.81) 第35回 タイ生活あるある事例集(4)

(No.80) 第34回 タイ生活あるある事例集(3)

(No.79) 第33回 タイ生活あるある事例集(2)

(No.78) 第32回 タイ生活あるある事例集(1)

(No.77) 第31回 失敗しない!ご退去手順(2)

(No.76) 第30回 失敗しない!ご退去手順(1)

(No.75) 第29回 失敗しない!ご家族向け…

(No.74) 第28回 2014年お部屋探し事情大予想

(No.73) 第27回 オーナーチェンジ物件

(No.72) 第26回 オフィスの探し方②

(No.71) 第25回 オフィスの探し方①

(No.70) 第24回 ダニよけ対策

(No.69) 第23回 蚊よけ対策

(No.68) 第22回 火災対策

(No.67) 第21回 鍵について②

(No.66) 第20回 鍵について

(No.65) 第19回 更新について

(No.64) 第18回 アパートを借りて住む

(No.63) 第17回 サービスアパートを借りる③

(No.62) 第16回 サービスアパートを借りる②

(No.61) 第15回 サービスアパートを借りる①

(No.60) 第14回 コンドミニアムを借りる②

(No.59) 第13回 コンドミニアムを借りる①

(No.58) 第12回 虫対策について

(No.57) 第11回 お部屋の階について

(No.56) 第10回 日本とタイとの違い

(No.55) 第9回 お部屋の向き

(No.54) 第8回 広さと間取り(ご単身編)

(No.53) 第7回 立地条件(ご単身編)

(No.52) 第6回 ペット可物件について

(No.51) 第5回 間取りと広さ(ご家族編)

(No.50) 第4回 立地条件(お子様帯同編)

(No.49) 第3回 お部屋探しのタイミング (2)

(No.48) 第2回 お部屋探しのタイミング (1)

(No.47) 第1回 お部屋探しのコツ(単身編)

タイ生活あるある事例集(1)

 毎年3月後半から4月にかけては、新しく日本からいらした方がタイで生活を始められる時期になります。そこで今回は『初めてのタイ生活・あるある事例集』ということで、よくある問題についてお話してみたいと思います。
 まず、ご入居後によく起こりがちなのが『トイレが詰まった!』というトラブルです。タイのアパート、コンドミニアムのトイレではトイレットペーパーを流しても良いのでしょうか?と、ご入居の際、頻繁にお客様からお問い合わせをいただきます。実際のところ、タイでは高級ホテルやデパート、オフィスビルのトイレにはゴミ箱が置いてあり、トイレットペーパーは流さずにゴミ箱に入れるのが常識となっています。このように利用する人が多い公共の場所ではもちろんのこと、一般住宅でも100部屋以上あるような大きな物件では流さないほうが無難でしょう。これには2つの理由があります。ひとつは日本に比べて下水道の管がかなり細いということです。次にタイのトイレットペーパーの紙質が固く、水に溶けにくいということです。そのため日本と同じように気持よくクルクルっとお使いになって、そのままトイレに流してしまうと間違いなく詰まってしまいます。どうしても流したい場合には紙の量をかなり控えめになさったほうが良いでしょう。
 それでは実際に詰まってしまった場合にはとうすればよいでしょうか?まずは昔懐かしい、シュポシュポする道具を調達してきて、試してみましょう。軽症の場合には大抵この道具で解決することが出来ます。それでもダメな場合にはアパート、コンドミニアムのエンジニアさん(タイ語ではチャンと言います)を呼んできてチェックしてもらいます。エンジニアさんもまずは同じようにシュポシュポするかもしれません。あるいはパイプ詰まり用の洗剤などを注入してしばらく様子をみてくださいと指示されるかもしれません。しかし、重症の場合にはこのような方法では解決することが出来ませんので、最終的には一旦便器自体を取り外し、トイレの配水管から詰まりの原因となったモノを取り除く作業をすることになります。その場合、お客様の使い方が原因で起こったことですので費用も発生しますし、作業中や作業後、数時間はトイレが使えない状態になってしまいますので、極力このような事態は避けたいものです。
 これは余談になりますが、タイのトイレはどこでも洋式トイレの蓋が開いていることがほとんどです。これは一般的にタイ人は蓋に触りたくないというのもありますが『このトイレは詰まっていませんよ』というサインでもあります。逆に蓋が閉まっている場合には、かなりの確率で詰まっていますので、空いていてもタイ人は絶対に利用しないものです。少し前までのタイでは洋式トイレよりもしゃがみ式トイレが一般的で(今でも地方のガソリンスタンドなどでよく見られます)洋式トイレが普及しはじめた頃、タイ人は便座の上に靴を履いたまま乗るために靴の痕が残っていたり、便座が割れてしまうので、使い方の説明がトイレ内に書かれていました。タイは携帯電話の普及は日本より早く(これは主に直通電話が普及していなかったためですが)世界一『Line』が大好きな国民といった面もありますが、まだまだ日本の数十年前と同じようなことも多く見受けられる国です。郷に入れば郷に従えの精神に則り、トラブルのない生活を心がけたいものですね。
 いかがでしたか?もっと詳しいことをお知りになりたい方は、下の広告のアドレスまで、お気軽にご質問やご相談をお寄せください。皆様からのタイの住まいに関するご相談のメール、お待ちしております。

tkmadv75