まるわかり ! タイの住まい探し

(No.104) 第52回 ご入居先での人間関係②

(No.102) 第51回 ご入居先での人間関係

(No.100) 第50回 物件の原状回復費用対策

(No.98) 第49回 タイの新築と築古について

(No.96) 第48回 快適!メイドのいる暮らし

(No.94) 第47回 ファシリティ続編…

(No.93) 第46回 重視して楽しみたい…

(No.91) 第45回 賃貸契約書について(2)

(No.90) 第44回 賃貸契約書について(1)

(No.89) 第43回 ゴキブリ対策

(No.88) 第42回 蟻よけ対策

(No.87) 第41回 お部屋探し、…(2)

(No.86) 第40回 お部屋探し、…(1)

(No.85) 第39回 幼稚園選びについて

(No.84) 第38回 タイ生活あるある事例集(7)

(No.83) 第37回 タイ生活あるある事例集(6)

(No.82) 第36回 タイ生活あるある事例集(5)

(No.81) 第35回 タイ生活あるある事例集(4)

(No.80) 第34回 タイ生活あるある事例集(3)

(No.79) 第33回 タイ生活あるある事例集(2)

(No.78) 第32回 タイ生活あるある事例集(1)

(No.77) 第31回 失敗しない!ご退去手順(2)

(No.76) 第30回 失敗しない!ご退去手順(1)

(No.75) 第29回 失敗しない!ご家族向け…

(No.74) 第28回 2014年お部屋探し事情大予想

(No.73) 第27回 オーナーチェンジ物件

(No.72) 第26回 オフィスの探し方②

(No.71) 第25回 オフィスの探し方①

(No.70) 第24回 ダニよけ対策

(No.69) 第23回 蚊よけ対策

(No.68) 第22回 火災対策

(No.67) 第21回 鍵について②

(No.66) 第20回 鍵について

(No.65) 第19回 更新について

(No.64) 第18回 アパートを借りて住む

(No.63) 第17回 サービスアパートを借りる③

(No.62) 第16回 サービスアパートを借りる②

(No.61) 第15回 サービスアパートを借りる①

(No.60) 第14回 コンドミニアムを借りる②

(No.59) 第13回 コンドミニアムを借りる①

(No.58) 第12回 虫対策について

(No.57) 第11回 お部屋の階について

(No.56) 第10回 日本とタイとの違い

(No.55) 第9回 お部屋の向き

(No.54) 第8回 広さと間取り(ご単身編)

(No.53) 第7回 立地条件(ご単身編)

(No.52) 第6回 ペット可物件について

(No.51) 第5回 間取りと広さ(ご家族編)

(No.50) 第4回 立地条件(お子様帯同編)

(No.49) 第3回 お部屋探しのタイミング (2)

(No.48) 第2回 お部屋探しのタイミング (1)

(No.47) 第1回 お部屋探しのコツ(単身編)

タイ生活あるある事例集(2)

 毎年4月は、新しく日本からいらした方がタイで生活を始められる時期になります。そこで今回は前回に続き『初めてのタイ生活、あるある事例集』ということで、よくある問題についてお話してみたいと思います。
 ご入居時、あるいはご入居直後、新築物件で特に多い問題が『下水の臭いが気になる!』ということです。いくつかの原因が考えられますが、一番多いのは排水口の中の配水管が乾いて悪臭がするというケースなのですが、原因の排水口が浴室内の使用していない排水口からという場合がほとんどです。タイのバスルームは日本と違い、バスタブとその上のシャワー、あるいはシャワーボックスと、トイレが同じ部屋の中にあります。浴室内をよく見て頂きますと、便器の横やシャワーボックスの外に使いみちの分からない排水口があると思います。日本人の感覚ですとその場所の排水口は必要のないものですので、そのまま普通にバスルームを使っていると、使っていない排水口の内部が乾き、臭いが上がってくるのです。ではこの排水口、一体何のために作ってあるのでしょうか?
 タイ語では浴室のことを『ホングナーム(水の部屋)』といいます。その部屋は水浸しにして使い、部屋を出る時、外においたバスマットで足を拭きます。それというのもタイは暑い国ですので、一日に何度もシャワーを浴びる習慣があるのですが、元々はシャワーと便器には区切りがなく、シャワーを浴びれば便器にも水がかかり、部屋中が濡れてしまう造りになっています。(今でも一般的なタイ人向けのアパートはそうです。メイド部屋やレストラン、マッサージ屋さんのトイレで見かけることがあると思います。)一見綺麗に建てられたアパートやコンドミニアムでも、シャワーボックスのシリコン(パッキング)がきちんとしていなかったり、バスタブの横にシャワーカーテンはなかったり、あったとしてもバスタブを伝って水がバスタブの外にかなり出てしまいます。また、タイ人は出てすぐその場で体を拭き、洗面台の前で汗取りパウダーを粉まみれになるほど大量に使う人も多く、床のタイルが汚れるため浴室全体に水を流して掃除をする習慣があるのです。その時に重要な役目をするのがこの排水口なのです。それではどうすればよいのかというと、一日に1~2回、トイレのミニシャワー(タイ語ではチャムラッと言います。)で5秒から10秒ほど差し水をすると臭いが収まる場合がほとんどです。それでも気になるようでしたらパイプの絵が描いてある洗剤や、漂白剤などを入れると良いでしょう。それでもまだ収まらない場合には他に原因が考えられますので、お部屋を紹介してくれた仲介業者に相談してみましょう。
 現在はスクムビットのトンローといえばお洒落な通りですが、30年前にはまだ道路も舗装されておらず、水牛が歩き、雨季にはゴムボートが活躍していたそうです。ここは日本とは違うということを念頭に、トラブルのない生活を心がけたいものですね。
 いかがでしたか?もっと詳しいことをお知りになりたい方は、下の広告のアドレスまで、お気軽にご質問やご相談をお寄せください。皆様からのタイの住まいに関するご相談のメール、お待ちしております。

tkmadv75