まるわかり ! タイの住まい探し

(No.104) 第52回 ご入居先での人間関係②

(No.102) 第51回 ご入居先での人間関係

(No.100) 第50回 物件の原状回復費用対策

(No.98) 第49回 タイの新築と築古について

(No.96) 第48回 快適!メイドのいる暮らし

(No.94) 第47回 ファシリティ続編…

(No.93) 第46回 重視して楽しみたい…

(No.91) 第45回 賃貸契約書について(2)

(No.90) 第44回 賃貸契約書について(1)

(No.89) 第43回 ゴキブリ対策

(No.88) 第42回 蟻よけ対策

(No.87) 第41回 お部屋探し、…(2)

(No.86) 第40回 お部屋探し、…(1)

(No.85) 第39回 幼稚園選びについて

(No.84) 第38回 タイ生活あるある事例集(7)

(No.83) 第37回 タイ生活あるある事例集(6)

(No.82) 第36回 タイ生活あるある事例集(5)

(No.81) 第35回 タイ生活あるある事例集(4)

(No.80) 第34回 タイ生活あるある事例集(3)

(No.79) 第33回 タイ生活あるある事例集(2)

(No.78) 第32回 タイ生活あるある事例集(1)

(No.77) 第31回 失敗しない!ご退去手順(2)

(No.76) 第30回 失敗しない!ご退去手順(1)

(No.75) 第29回 失敗しない!ご家族向け…

(No.74) 第28回 2014年お部屋探し事情大予想

(No.73) 第27回 オーナーチェンジ物件

(No.72) 第26回 オフィスの探し方②

(No.71) 第25回 オフィスの探し方①

(No.70) 第24回 ダニよけ対策

(No.69) 第23回 蚊よけ対策

(No.68) 第22回 火災対策

(No.67) 第21回 鍵について②

(No.66) 第20回 鍵について

(No.65) 第19回 更新について

(No.64) 第18回 アパートを借りて住む

(No.63) 第17回 サービスアパートを借りる③

(No.62) 第16回 サービスアパートを借りる②

(No.61) 第15回 サービスアパートを借りる①

(No.60) 第14回 コンドミニアムを借りる②

(No.59) 第13回 コンドミニアムを借りる①

(No.58) 第12回 虫対策について

(No.57) 第11回 お部屋の階について

(No.56) 第10回 日本とタイとの違い

(No.55) 第9回 お部屋の向き

(No.54) 第8回 広さと間取り(ご単身編)

(No.53) 第7回 立地条件(ご単身編)

(No.52) 第6回 ペット可物件について

(No.51) 第5回 間取りと広さ(ご家族編)

(No.50) 第4回 立地条件(お子様帯同編)

(No.49) 第3回 お部屋探しのタイミング (2)

(No.48) 第2回 お部屋探しのタイミング (1)

(No.47) 第1回 お部屋探しのコツ(単身編)

タイ生活あるある事例集(4)

 毎日暑い日が続いていますが、こんな時にエアコンが壊れると本当に困りますよね。日本ではあまり発生しないと思いますが、タイでは1年中フルでエアコンを使いますし、環境条件も日本とは色々と異なりますので『エアコンのトラブル』に見舞われることが度々発生するかもしれません。
 一言に『エアコンが効かない』といっても原因は様々です。液体窒素切れや部品が破損して薬液が漏れてしまっている、センサーの故障といった室内機の問題。コンプレッサーの故障やファンの破損といった室外機の問題。あるいは取り付け時の配管や設置方法の不具合。リモコンの故障や乾電池の接触具合などといった、小さな問題から大きな問題まで実に様々です。そのため修理や対処方法も異なり、修理にかかる日数なども異なりますが、間違いなく言えることは、エアコンの不調はどこでも頻繁に起こっており、修理人が慢性的に人手不足状態にあるということです。
 エアコンは一度壊れれば自然に復活することは絶対にありません。完全に効かなくなってから使い続けますと、事態を悪化させることになります。異音がしたり、以前と比べると明らかに冷え方が違うといった早期発見がポイントです。なにかしら異常を感じた時点で早めに手を打ちましょう。
 ● サービスアパートの場合 朝お出掛けになる際、フロントにメモなどを残しておきますとお客様がお留守の間の時間(メイドがお掃除をしている間など)に修理をしておいてくれるところがほとんどです。ご帰宅されるまでには直っている場合が多いので快適です。
 ● アパートの場合 管理事務所に申し出て、エンジニアに見てもらいます。場合によっては外部のエンジニアに発注しなければなりませんが手配はアパート側がしてくれます。修理工事のときに、どうしてもお部屋にいらっしゃることが出来ない場合にはアパートスタッフの人に付き添ってもらうよう頼んでみましょう。メーカーの修理人は毎日広い範囲を担当しているため、修理工事に来てくれる予定日を断ってしまいますと次の予定日まで数日かかることがあります。
 ● コンドミニアムの場合 まずは管理事務所のエンジニアに見てもらい、手に負えない場合にはお部屋を紹介した業者に連絡してオーナーさんからメーカーの修理人を呼んでもらいます。こちらも修理人が最速で来られる日時にできるだけ都合を合わせて修理してもらいましょう。
 エアコンのトラブルに見舞われる可能性を少しでも減らすためにいくつか方法がありますのでご紹介してみます。まず、水漏れをはじめとする室内機のトラブルは部屋の中のホコリ等を吸い込んでしまうことが大きな要因です。エアコンの吸込口のフィルターは頻繁にお掃除しましょう。洗えるタイプのものは取り外して洗い、そうでない場合には、掃除機を弱にして使います。また、最も有効な方法として空気清浄機をお使いになることです。以前は大型の高額商品が多かったようですが、最近では安価で節電タイプやデザイン性の高いものまで沢山出回っています。バンコク市内は空気も汚れていますのでエアコンのためだけではなく、ご自身の健康のためにも是非お試し下さい。室外機の場合は難しいかもしれませんが、可能であれば簾や日差しなどを利用して直射日光や雨水から守りたいものです。リモコンは濡らしたり落下させたりしないようにご注意ください。電池の接触が悪いようなら紙を挟むなど工夫してみるのも良いでしょう。各種の方法を是非お試し下さい。
 いかがでしたか?もっと詳しいことをお知りになりたい方は、下の広告のアドレスまで、お気軽にご質問やご相談をお寄せください。皆様からのタイの住まいに関するご相談のメール、お待ちしております。

tkmadv75