まるわかり ! タイの住まい探し

(No.104) 第52回 ご入居先での人間関係②

(No.102) 第51回 ご入居先での人間関係

(No.100) 第50回 物件の原状回復費用対策

(No.98) 第49回 タイの新築と築古について

(No.96) 第48回 快適!メイドのいる暮らし

(No.94) 第47回 ファシリティ続編…

(No.93) 第46回 重視して楽しみたい…

(No.91) 第45回 賃貸契約書について(2)

(No.90) 第44回 賃貸契約書について(1)

(No.89) 第43回 ゴキブリ対策

(No.88) 第42回 蟻よけ対策

(No.87) 第41回 お部屋探し、…(2)

(No.86) 第40回 お部屋探し、…(1)

(No.85) 第39回 幼稚園選びについて

(No.84) 第38回 タイ生活あるある事例集(7)

(No.83) 第37回 タイ生活あるある事例集(6)

(No.82) 第36回 タイ生活あるある事例集(5)

(No.81) 第35回 タイ生活あるある事例集(4)

(No.80) 第34回 タイ生活あるある事例集(3)

(No.79) 第33回 タイ生活あるある事例集(2)

(No.78) 第32回 タイ生活あるある事例集(1)

(No.77) 第31回 失敗しない!ご退去手順(2)

(No.76) 第30回 失敗しない!ご退去手順(1)

(No.75) 第29回 失敗しない!ご家族向け…

(No.74) 第28回 2014年お部屋探し事情大予想

(No.73) 第27回 オーナーチェンジ物件

(No.72) 第26回 オフィスの探し方②

(No.71) 第25回 オフィスの探し方①

(No.70) 第24回 ダニよけ対策

(No.69) 第23回 蚊よけ対策

(No.68) 第22回 火災対策

(No.67) 第21回 鍵について②

(No.66) 第20回 鍵について

(No.65) 第19回 更新について

(No.64) 第18回 アパートを借りて住む

(No.63) 第17回 サービスアパートを借りる③

(No.62) 第16回 サービスアパートを借りる②

(No.61) 第15回 サービスアパートを借りる①

(No.60) 第14回 コンドミニアムを借りる②

(No.59) 第13回 コンドミニアムを借りる①

(No.58) 第12回 虫対策について

(No.57) 第11回 お部屋の階について

(No.56) 第10回 日本とタイとの違い

(No.55) 第9回 お部屋の向き

(No.54) 第8回 広さと間取り(ご単身編)

(No.53) 第7回 立地条件(ご単身編)

(No.52) 第6回 ペット可物件について

(No.51) 第5回 間取りと広さ(ご家族編)

(No.50) 第4回 立地条件(お子様帯同編)

(No.49) 第3回 お部屋探しのタイミング (2)

(No.48) 第2回 お部屋探しのタイミング (1)

(No.47) 第1回 お部屋探しのコツ(単身編)

タイ生活あるある事例集(6)

 タイの生活に慣れていらっしゃらない方にとって、戸惑うことの一つが停電だと思います。ただ、一言で停電と言っても原因は様々で、対処法も違ってきます。そこで、今回はタイでよくあるトラブルのうちの一つ「停電」についてお話したいと思います。
 バンコクで生活されている、ほとんどの日本人の方は集合住宅にお住まいだと思います。停電になってしまった場合、まず最初に自分の部屋だけが停電なのか、建物全体が停電なのか、あるいは外を見て近所一帯の建物も停電なのか、といった具合に周囲を確認してみましょう。もし、コンドミニアム(分譲マンション)にお住まいで、ご帰宅時にロビーや他の部屋の電気が付いているのに、自分の部屋の電気だけがつかない場合、それは電気代の不払いにより、電気を止められてしまったと考えられます。悲しいですが、この場合、電気会社まで支払いに行かない限り、電気が復旧することはありませんので、気を取り直して外にお食事にでかけたり、お風呂は温泉施設などを試してみるのもよいですね。そこまで行くのが億劫な場合でも、無理をして真っ暗なバスルームで水シャワーではなく、フィットネス施設のお湯シャワーを利用しましょう。
 コンドミニアムの場合、ワンオーナーのアパートより電気代は安いのですが、支払期限から2週間ほどで電気メーターを回収され、供給を止められてしまいます。まれに建物までは届いていても、係員が電気代の請求書をポストに入れる際に間違えたりしていて、請求書が届かないこともあるかもしれません。毎月、請求書が届く時期が過ぎても届かない場合には会社の通訳の方などに過去の請求書か領収書を見せて電気会社に問い合わせてみてもらいましょう。
 次に、部屋で電気を使用中に停電になり、他の部屋は付いている場合、電気の使い過ぎで、ブレーカーが降りてしまったと考えられます。ブレーカーのスイッチを上げてあげましょう。もしかするとブレーカーの故障かもしれませんので、次の日にエンジニアを呼んで見てもらい、オーナーさんに連絡する必要があればお部屋を紹介した仲介業者に頼んでみて下さい。
 日中、お住まいの建物全体が停電の場合、建物内やその地域のメンテナンスを行っている可能性が高いですが、その場合には予めエレベーターやロビーに掲示してあるものです。日本語で書いてあることもありますが、多くはタイ語と英語のみで表記されています。停電の他にもペストコントロール(害虫駆除作業)など、生活に関係するお知らせは、日付や時間が掲示されているものですので、必ずよく読むようにましょう。
 また、これからの季節は突然の大雨や風で停電になることも増えてきます。最近では直ぐに復旧することが多いのですが、電力が復旧した際、非常に強い電流が流れるため、デリケートな電化製品を痛める原因となります。なるべくスイッチ付きの延長コードを使い、停電になった時にはスイッチを切っておき、電気が戻ってきたのを確認してからスイッチを入れたほうがよいでしょう。停電は、いつ、どんな時に起こるかわかりません。懐中電灯やローソク、バッテリー式のランプなど、複数の場所に備えておくと便利です。そこまでたどり着くためにはまずは肌見放さす持ち歩いている携帯電話のライトを利用しましょう。また、お部屋に電気コンロしかない場合には、卓上ガスコンロがありますと調理中に停電が起きた時には助かりますね。
 いかがでしたか?もっと詳しいことをお知りになりたい方は、下の広告のアドレスまで、お気軽にご質問やご相談をお寄せください。皆様からのタイの住まいに関するご相談のメール、お待ちしております。

tkm-82