まるわかり ! タイの住まい探し

(No.104) 第52回 ご入居先での人間関係②

(No.102) 第51回 ご入居先での人間関係

(No.100) 第50回 物件の原状回復費用対策

(No.98) 第49回 タイの新築と築古について

(No.96) 第48回 快適!メイドのいる暮らし

(No.94) 第47回 ファシリティ続編…

(No.93) 第46回 重視して楽しみたい…

(No.91) 第45回 賃貸契約書について(2)

(No.90) 第44回 賃貸契約書について(1)

(No.89) 第43回 ゴキブリ対策

(No.88) 第42回 蟻よけ対策

(No.87) 第41回 お部屋探し、…(2)

(No.86) 第40回 お部屋探し、…(1)

(No.85) 第39回 幼稚園選びについて

(No.84) 第38回 タイ生活あるある事例集(7)

(No.83) 第37回 タイ生活あるある事例集(6)

(No.82) 第36回 タイ生活あるある事例集(5)

(No.81) 第35回 タイ生活あるある事例集(4)

(No.80) 第34回 タイ生活あるある事例集(3)

(No.79) 第33回 タイ生活あるある事例集(2)

(No.78) 第32回 タイ生活あるある事例集(1)

(No.77) 第31回 失敗しない!ご退去手順(2)

(No.76) 第30回 失敗しない!ご退去手順(1)

(No.75) 第29回 失敗しない!ご家族向け…

(No.74) 第28回 2014年お部屋探し事情大予想

(No.73) 第27回 オーナーチェンジ物件

(No.72) 第26回 オフィスの探し方②

(No.71) 第25回 オフィスの探し方①

(No.70) 第24回 ダニよけ対策

(No.69) 第23回 蚊よけ対策

(No.68) 第22回 火災対策

(No.67) 第21回 鍵について②

(No.66) 第20回 鍵について

(No.65) 第19回 更新について

(No.64) 第18回 アパートを借りて住む

(No.63) 第17回 サービスアパートを借りる③

(No.62) 第16回 サービスアパートを借りる②

(No.61) 第15回 サービスアパートを借りる①

(No.60) 第14回 コンドミニアムを借りる②

(No.59) 第13回 コンドミニアムを借りる①

(No.58) 第12回 虫対策について

(No.57) 第11回 お部屋の階について

(No.56) 第10回 日本とタイとの違い

(No.55) 第9回 お部屋の向き

(No.54) 第8回 広さと間取り(ご単身編)

(No.53) 第7回 立地条件(ご単身編)

(No.52) 第6回 ペット可物件について

(No.51) 第5回 間取りと広さ(ご家族編)

(No.50) 第4回 立地条件(お子様帯同編)

(No.49) 第3回 お部屋探しのタイミング (2)

(No.48) 第2回 お部屋探しのタイミング (1)

(No.47) 第1回 お部屋探しのコツ(単身編)

タイ生活あるある事例集(7)

 ここ数ヶ月の間、バンコクではデモが盛んに行われ、クーデターや戒厳令の発令といった異常事態が続いています。渡航延期勧告などの危険情報も出ていますが、実際にタイに住んでいる私たち日本人からしますと、直接危険な目に遭うことは少なく、通常通りの生活を送られているような気がします。しかしながら、はたして本当に通常通りの生活でしょうか?実はここ最近、お客様からたて続けにお財布を落とした、失くした、といった内容のご相談が増えています。そこで今回は「お財布にまつわるトラブル」についてお話してみたいと思います。
 お財布を紛失してしまった場合、まず第一に考えられるのは、本当に落としてしまったケースとなりますが、実際のところ、ポケットからなにかを出し入れする際、お財布がくっついて出てきて、そのままポロッと落としてしまうというのは非常に稀なことで、実は気づかないうちにスリや置き引きに遭っていることが多いものです。普通に日常生活を送ることができるタイですが、日本に比べますとやはり治安が良いとは言い切れません。スリやひったくりなどの被害は常に発生しているものですが、ここ最近のような政情不安になりますと、このような軽犯罪が非常に増える傾向にあります。どうしてスリやひったくりが増えてくるかという理由を考えますと、まずひとつには、警察の注意が爆発事件などの方向に向いてしまい、身近で日々起こっている小さな事件に対して関心が薄れてしまうということ。もうひとつには観光客の減少などにより、仕事や収入が減って生活に困り、手っ取り早くお金を手にしようとする人が増えるということが考えられます。
 スリの手口は巧妙で、それとは気付かれないようグループを組んで行動しています。デパート内やBTS駅周辺などの人混みでは十分注意しましょう。前の一人が転んだり、ぐずぐずと道を塞いでいる間に後ろの仲間からスられ、すぐにまた他の仲間へお財布が渡ってしまうので、たとえ気づいたとしても取り返すのは非常に困難です。特に切符の自動販売機に並んでいる時や、デパートのトイレなどで手を洗っている時などには注意が必要です。また、カフェなどで前の席に荷物を置いたり、座っている椅子の背にバッグを掛けたり、ベビーカーにフックで掛けておくといった行為も厳禁です。
 また、当然の事かとも思われますが、お酒を飲み過ぎて前後不覚になるというのは、お店の中や路上でも、タクシーでも、どうぞ盗ってくださいと自分から言っているようなものです。本当に信頼できる人と一緒に行動し、必要な場合は運転手さんなどにお願いして、玄関まで送ってもらいましょう。
 路上で地図を広げたり、日傘に帽子、腕カバーにマスクといった、ひと目で日本人とわかるような服装も避けましょう。海外では「郷に入っては郷に従え」という言葉に倣って、自分の身は自分で守るといった姿勢が必要です。
 それでは実際にお財布が無くなってしまったらどうすればよいでしょうか?まずは最寄りの警察に出向き、いつ、どこで失くしたかを申し出て、盗難被害届の書類を作ってもらいます。その際、どうしても帰りの交通費がなければ貸してもらい、後日返しに行くことも可能です。ただ実際にはお金よりもクレジットカードの停止や再発行、お部屋のキーカードの再発行申請など、まだまだ大変な仕事が沢山残っています。そのためには普段からカードケースとお財布は分けて持ち歩くことを習慣にしましょう。
 いかがでしたか?もっと詳しいことをお知りになりたい方は、下の広告のアドレスまで、お気軽にご質問やご相談をお寄せください。皆様からのタイの住まいに関するご相談のメール、お待ちしております。

tkm-82