まるわかり ! タイの住まい探し

(No.104) 第52回 ご入居先での人間関係②

(No.102) 第51回 ご入居先での人間関係

(No.100) 第50回 物件の原状回復費用対策

(No.98) 第49回 タイの新築と築古について

(No.96) 第48回 快適!メイドのいる暮らし

(No.94) 第47回 ファシリティ続編…

(No.93) 第46回 重視して楽しみたい…

(No.91) 第45回 賃貸契約書について(2)

(No.90) 第44回 賃貸契約書について(1)

(No.89) 第43回 ゴキブリ対策

(No.88) 第42回 蟻よけ対策

(No.87) 第41回 お部屋探し、…(2)

(No.86) 第40回 お部屋探し、…(1)

(No.85) 第39回 幼稚園選びについて

(No.84) 第38回 タイ生活あるある事例集(7)

(No.83) 第37回 タイ生活あるある事例集(6)

(No.82) 第36回 タイ生活あるある事例集(5)

(No.81) 第35回 タイ生活あるある事例集(4)

(No.80) 第34回 タイ生活あるある事例集(3)

(No.79) 第33回 タイ生活あるある事例集(2)

(No.78) 第32回 タイ生活あるある事例集(1)

(No.77) 第31回 失敗しない!ご退去手順(2)

(No.76) 第30回 失敗しない!ご退去手順(1)

(No.75) 第29回 失敗しない!ご家族向け…

(No.74) 第28回 2014年お部屋探し事情大予想

(No.73) 第27回 オーナーチェンジ物件

(No.72) 第26回 オフィスの探し方②

(No.71) 第25回 オフィスの探し方①

(No.70) 第24回 ダニよけ対策

(No.69) 第23回 蚊よけ対策

(No.68) 第22回 火災対策

(No.67) 第21回 鍵について②

(No.66) 第20回 鍵について

(No.65) 第19回 更新について

(No.64) 第18回 アパートを借りて住む

(No.63) 第17回 サービスアパートを借りる③

(No.62) 第16回 サービスアパートを借りる②

(No.61) 第15回 サービスアパートを借りる①

(No.60) 第14回 コンドミニアムを借りる②

(No.59) 第13回 コンドミニアムを借りる①

(No.58) 第12回 虫対策について

(No.57) 第11回 お部屋の階について

(No.56) 第10回 日本とタイとの違い

(No.55) 第9回 お部屋の向き

(No.54) 第8回 広さと間取り(ご単身編)

(No.53) 第7回 立地条件(ご単身編)

(No.52) 第6回 ペット可物件について

(No.51) 第5回 間取りと広さ(ご家族編)

(No.50) 第4回 立地条件(お子様帯同編)

(No.49) 第3回 お部屋探しのタイミング (2)

(No.48) 第2回 お部屋探しのタイミング (1)

(No.47) 第1回 お部屋探しのコツ(単身編)

お部屋探し、タイミングとポイント(1)

 一年中暑いタイではつい季節を忘れがちですが、日本の学校はもうすぐ夏休みですね。例年、7月は3月ほどではないものの、ご帰国やご新規の多い時期です。ただ今年の場合、日本人学校の転入受け入れ時期の関係から4月に間に合わなかったご家族はご主人様が先にご来タイされて、年末、あるいは3月頃にご家族がいらっしゃるという2段階のお部屋探しをされる方が多いのが特徴です。その場合、どのタイミングでどのようにお部屋選びをすればよいのでしょうか?今回と次回の2回に渡りお話してみたいと思います。
 ずっとご単身であればご出張の際にあらかじめお部屋を探して決めておいて、空港からそのままご入居といったケースも多いのですが、1年以内にご家族を呼ばれる場合、まずは会社指定のホテルにお住まいになる方がほとんどかと思います。ご家族の移動が1~2ヶ月以内の場合には短い期間に2度もお引越しではせわしないので、そのままホテルにご滞在される方が良いかもしれません。ただ、ホテル生活が2ヶ月以上続きますと、落ち着かない、疲れが取れないとおっしゃるお客様が多いようです。逆に、ご家族向けのお部屋に何ヶ月もお一人で生活されるというのも掃除や洗濯が大変ですし、ご家族優先の立地条件ですと、外食やご通勤にはあまり便利とはいえないかもしれません。その場合は一旦、月契約の出来るサービスアパートにご入居されてからゆっくりご家族用のお部屋を探されることをお勧め致します。お一人の間は単身用のご予算でお住まいになればホテル代やご家族帯同のご予算より安く済みますので、会社にとっても有益です。そして、何といってもお部屋にいらっしゃる時間が一番長くなるのは奥様になりますので、できれば移動の1ヶ月から2ヶ月前頃に一度下見にいらしていただき、奥様ご自身でお部屋を選んでいただくのがベストです。
 最近はネットで得られる情報は非常に豊富ですが、実際の物件を何件かご覧になりますと想像とは違っていたとおっしゃる方がほとんどです。一つ例をあげますと「○○駅から徒歩何分」という情報があっても、本当に歩けるような道なのか?ということは実際に見てみないとわからないこともあります。例えば歩道のある無し、車の交通量、明るさ暗さ、野犬の多さなどは場所によって異なります。他にも隣で大きな建設工事が行われているとか、同じ建物の中でも隣の景色やお部屋の向き等といったことは出向いてみないと分かりません。また、ウェブサイトに記載されている価格はその物件の中でも一番低い階などの最低価格のことが多く、実際に空いたお部屋が高層階の場合にはお家賃が5,000バーツから10,000バーツも高くなることがしばしばです。
 最近では同じ建物内でも改装前、改装後のお部屋によってお家賃にかなりの開きが出る場合もあります。どうしてもご主人様にお任せする場合には、絶対に外せない希望条件を伝え、後はできるだけ多く回ってみて写真を撮っていただいてご参考になさって下さい。
 写真を撮る場合には、まず部屋番号など表紙として、玄関、リビング、キッチン、浴室、収納、そしてプールなどの共有スペース、最後に建物の外観や直ぐ前の通りなどの周辺の様子といった具合にルールを作っておくと比較しやすくて便利です。次回はご家族用物件を選ぶ時期についてお話したいと思います。
 いかがでしたか?もっと詳しいことをお知りになりたい方は下の広告のアドレスまで、お気軽にご質問やご相談をお寄せください。皆様からのタイの住まいに関するご相談のメール、お待ちしております。

tkm87