まるわかり ! タイの住まい探し

(No.104) 第52回 ご入居先での人間関係②

(No.102) 第51回 ご入居先での人間関係

(No.100) 第50回 物件の原状回復費用対策

(No.98) 第49回 タイの新築と築古について

(No.96) 第48回 快適!メイドのいる暮らし

(No.94) 第47回 ファシリティ続編…

(No.93) 第46回 重視して楽しみたい…

(No.91) 第45回 賃貸契約書について(2)

(No.90) 第44回 賃貸契約書について(1)

(No.89) 第43回 ゴキブリ対策

(No.88) 第42回 蟻よけ対策

(No.87) 第41回 お部屋探し、…(2)

(No.86) 第40回 お部屋探し、…(1)

(No.85) 第39回 幼稚園選びについて

(No.84) 第38回 タイ生活あるある事例集(7)

(No.83) 第37回 タイ生活あるある事例集(6)

(No.82) 第36回 タイ生活あるある事例集(5)

(No.81) 第35回 タイ生活あるある事例集(4)

(No.80) 第34回 タイ生活あるある事例集(3)

(No.79) 第33回 タイ生活あるある事例集(2)

(No.78) 第32回 タイ生活あるある事例集(1)

(No.77) 第31回 失敗しない!ご退去手順(2)

(No.76) 第30回 失敗しない!ご退去手順(1)

(No.75) 第29回 失敗しない!ご家族向け…

(No.74) 第28回 2014年お部屋探し事情大予想

(No.73) 第27回 オーナーチェンジ物件

(No.72) 第26回 オフィスの探し方②

(No.71) 第25回 オフィスの探し方①

(No.70) 第24回 ダニよけ対策

(No.69) 第23回 蚊よけ対策

(No.68) 第22回 火災対策

(No.67) 第21回 鍵について②

(No.66) 第20回 鍵について

(No.65) 第19回 更新について

(No.64) 第18回 アパートを借りて住む

(No.63) 第17回 サービスアパートを借りる③

(No.62) 第16回 サービスアパートを借りる②

(No.61) 第15回 サービスアパートを借りる①

(No.60) 第14回 コンドミニアムを借りる②

(No.59) 第13回 コンドミニアムを借りる①

(No.58) 第12回 虫対策について

(No.57) 第11回 お部屋の階について

(No.56) 第10回 日本とタイとの違い

(No.55) 第9回 お部屋の向き

(No.54) 第8回 広さと間取り(ご単身編)

(No.53) 第7回 立地条件(ご単身編)

(No.52) 第6回 ペット可物件について

(No.51) 第5回 間取りと広さ(ご家族編)

(No.50) 第4回 立地条件(お子様帯同編)

(No.49) 第3回 お部屋探しのタイミング (2)

(No.48) 第2回 お部屋探しのタイミング (1)

(No.47) 第1回 お部屋探しのコツ(単身編)

賃貸契約書について(1)

 9月になって、またご入居が多くなる季節がやってまいりました。今回と次回は賃貸契約書についてお話してみたいと思います。
 タイでは短期で契約できるホテルやサービスアパートを除いたアパートやコンドミニアムの賃貸契約の期間は1年間というのが一般的です。お部屋のご予約が済みますと、それぞれのアパートやコンドミニアムのオーナーが準備をはじめ、ご入居前には賃貸契約書が出来上がってきます。通常はお部屋をご紹介した不動産仲介業者が各物件に引き取りに行き、現在お住まいの物件やホテル、会社にお届けするか、メールでお送りしておき、ご入居時に家具や鍵のご確認、お引き渡し後ご署名をいただくことが多くなります。予約をされた時期にもよりますが、非常に早い段階で出来上がってくる場合もありますが、なかにはご入居直前のという場合もあります。契約書はほとんどの場合英語で表記されており、枚数も多い時には数十ページに渡ることもあります。また、日本語でも契約書というものは普段使う言葉とは違う言葉が使われており、英語の契約書を読み砕くのはなかなか骨の折れる作業ですが、ご署名の前には必ず内容を確認する事が大切です。そしてわからない点や納得のいかない点があれば、お部屋を紹介した仲介業者に問い合わせ、アパート側に確認してもらいましょう。
 法人契約をされている会社の場合、各物件から直接会社宛に郵送されることもあり、ご署名は会社の代表者様が行うため、お住まいになる方の目に触れないまま契約が結ばれてしまう可能性がありますが、実際にこれから1年間その契約条件のもとで生活をすることになるわけですから会社任せにせず、ご自身でも内容をきちんと確認するようにしましょう。
 タイの法律では、賃貸契約は貸し手側に有利になっており、契約書もオーナー側のフォームを使い、借り手側には厳しい内容になっています。特にサービスアパート、アパートと呼ばれるワンオーナー所有の物件の場合、枚数も多く、契約内容も全室共通の契約内容となっていますので変更することは出来ません。ただし、内容によっては付帯メモを付けてもらえることがあるので仲介業者に交渉してもらいましょう。(こちらについては次回ご説明します。)
 それでは実際の契約書がどんな内容になっているかについてですが、まず、貸し手側、借り手側それぞれの名前、住所など、続いて契約期間が明記されるのが一般的です。次にデポジット、毎月の家賃の金額、支払先、支払い方法、期限などが続きます。この時サービスアパート、アパート等の場合、契約書はお部屋代、家具代、サービス料といった具合に三部分に分かれている事が多く、最初の部分の段階ではデポジットやお家賃の金額が合わず不思議に思われるかもしれませんが第二部、第三部の金額を合計すると毎月のお家賃になるようになっています。これは主にオーナー側の税金対策上の理由から分けてあるだけで、例えば家具を返したり、メイドサービスを断ったりしてもその分の金額が差し引かれるというわけではありません。次回はさらに注意するポイントなどをお話します。
 いかがでしたか?もっと詳しいことをお知りになりたい方は、下の広告のアドレスまで、お気軽にご質問やご相談をお寄せください。皆様からのタイの住まいに関するご相談のメール、お待ちしております。

tkm87