まるわかり ! タイの住まい探し

(No.104) 第52回 ご入居先での人間関係②

(No.102) 第51回 ご入居先での人間関係

(No.100) 第50回 物件の原状回復費用対策

(No.98) 第49回 タイの新築と築古について

(No.96) 第48回 快適!メイドのいる暮らし

(No.94) 第47回 ファシリティ続編…

(No.93) 第46回 重視して楽しみたい…

(No.91) 第45回 賃貸契約書について(2)

(No.90) 第44回 賃貸契約書について(1)

(No.89) 第43回 ゴキブリ対策

(No.88) 第42回 蟻よけ対策

(No.87) 第41回 お部屋探し、…(2)

(No.86) 第40回 お部屋探し、…(1)

(No.85) 第39回 幼稚園選びについて

(No.84) 第38回 タイ生活あるある事例集(7)

(No.83) 第37回 タイ生活あるある事例集(6)

(No.82) 第36回 タイ生活あるある事例集(5)

(No.81) 第35回 タイ生活あるある事例集(4)

(No.80) 第34回 タイ生活あるある事例集(3)

(No.79) 第33回 タイ生活あるある事例集(2)

(No.78) 第32回 タイ生活あるある事例集(1)

(No.77) 第31回 失敗しない!ご退去手順(2)

(No.76) 第30回 失敗しない!ご退去手順(1)

(No.75) 第29回 失敗しない!ご家族向け…

(No.74) 第28回 2014年お部屋探し事情大予想

(No.73) 第27回 オーナーチェンジ物件

(No.72) 第26回 オフィスの探し方②

(No.71) 第25回 オフィスの探し方①

(No.70) 第24回 ダニよけ対策

(No.69) 第23回 蚊よけ対策

(No.68) 第22回 火災対策

(No.67) 第21回 鍵について②

(No.66) 第20回 鍵について

(No.65) 第19回 更新について

(No.64) 第18回 アパートを借りて住む

(No.63) 第17回 サービスアパートを借りる③

(No.62) 第16回 サービスアパートを借りる②

(No.61) 第15回 サービスアパートを借りる①

(No.60) 第14回 コンドミニアムを借りる②

(No.59) 第13回 コンドミニアムを借りる①

(No.58) 第12回 虫対策について

(No.57) 第11回 お部屋の階について

(No.56) 第10回 日本とタイとの違い

(No.55) 第9回 お部屋の向き

(No.54) 第8回 広さと間取り(ご単身編)

(No.53) 第7回 立地条件(ご単身編)

(No.52) 第6回 ペット可物件について

(No.51) 第5回 間取りと広さ(ご家族編)

(No.50) 第4回 立地条件(お子様帯同編)

(No.49) 第3回 お部屋探しのタイミング (2)

(No.48) 第2回 お部屋探しのタイミング (1)

(No.47) 第1回 お部屋探しのコツ(単身編)

賃貸契約書について(2)

 今回は、前回に続いて契約書の内容について見ていきます。まずは貸し手側、借り手側の名前、会社の住所等、続いて契約期間などに間違いがないかよく確認しましょう。
 次にデポジットに関する記載や毎月のお家賃の支払いに関する内容(支払期限や支払いが遅れた際のペナルティーについてなど)が続くことが一般的です。デポジットは住居の場合、ほとんどがお家賃の2ヶ月分で、これをお家賃として使うことは出来ないこと、利息はつかないこと、契約満了後に光熱費や原状回復費用を精算した後、〇〇日以内(サービスアパートですと短い期間で返金されますが、アパートやコンドミニアムではご退出されてから45日から60日後というのが一般的です。)に返金となる、といった内容が記載されています。
 お家賃は前払いで、その月の5日までに支払うのが一般的です。(例えば10月分のお家賃は10月5日までに支払います。)また、物件によっては1日遅れるごとに定額で延滞金が発生することもあり注意が必要です。(連休に当たる月など100%必ず請求されるとは限りませんが記載されている以上、請求されれば支払わなければなりません。支払いが遅れる可能性がある場合には必ず前もって申し出ましょう。)それから日本でも一般的な内容(住居以外に使ってはならない、又貸しをしてはならない、危険物を保管したり住居内で違法行為を行ってはならない、ペットを飼ってはならない、部屋を改造してはならない、等々)が続きます。
 その後、タイならではの借り手側は〇〇しなければならない、〇〇してはならないといった、厳しい内容(例えば部屋は清潔に使わなければならない、汚れや傷は退去時に請求される、本人や家族以外のメイドや運転手などの行為も責任に問われる、お家賃を1ヶ月でも滞納した場合、家主の一存で退去させられる、月に一度は家主の入室を認めなければならない、退去を申し出た後には次の借り手のためにお部屋を見せなければならない、など)が続きます。実際の適用にはある程度柔軟性があるとはいえ驚かれるかもしれません。そしてこれはアパートやオーナーが弁護士などに作らせてあるため内容の変更は出来ません。その理由の一つとして、日本人だけでなく様々な国籍の方に貸しており、中には想像もできないような酷い使い方をする人もいるために厳しくしておく必要があるのも事実です。もう一つの理由としてはタイではお客様側がいろいろな条件を飲んだ上でお金を支払ってサービスを提供してもらわなければならないという立場に置かれているということです。実際のところ、オーナー側もネット会社や建築業者などからかなり不利な条件で契約させらせているものです。賃貸契約はタイ社会に触れる最初の一歩となることでしょう。
 契約書の後半には更新期限が記載されています。更新する、しないの申し出は何日前なのかを確認し、予め来年の予定表に書き込んでおきましょう。
 最後に付帯条件メモについてですが、ペット不可とはなっているが小型犬(猫)1匹は認めるといった内容や1年目を満了した後、2年目の契約は本帰国の場合は途中解除ができるなどといった内容を付けてくれる場合もありますがこれもあくまでオーナー側が合意すればということになります。
 いかがでしたか?もっと詳しいことをお知りになりたい方は、下の広告のアドレスまで、お気軽にご質問やご相談をお寄せください。皆様からのタイの住まいに関するご相談のメール、お待ちしております。

tkm87