まるわかり ! タイの住まい探し

(No.104) 第52回 ご入居先での人間関係②

(No.102) 第51回 ご入居先での人間関係

(No.100) 第50回 物件の原状回復費用対策

(No.98) 第49回 タイの新築と築古について

(No.96) 第48回 快適!メイドのいる暮らし

(No.94) 第47回 ファシリティ続編…

(No.93) 第46回 重視して楽しみたい…

(No.91) 第45回 賃貸契約書について(2)

(No.90) 第44回 賃貸契約書について(1)

(No.89) 第43回 ゴキブリ対策

(No.88) 第42回 蟻よけ対策

(No.87) 第41回 お部屋探し、…(2)

(No.86) 第40回 お部屋探し、…(1)

(No.85) 第39回 幼稚園選びについて

(No.84) 第38回 タイ生活あるある事例集(7)

(No.83) 第37回 タイ生活あるある事例集(6)

(No.82) 第36回 タイ生活あるある事例集(5)

(No.81) 第35回 タイ生活あるある事例集(4)

(No.80) 第34回 タイ生活あるある事例集(3)

(No.79) 第33回 タイ生活あるある事例集(2)

(No.78) 第32回 タイ生活あるある事例集(1)

(No.77) 第31回 失敗しない!ご退去手順(2)

(No.76) 第30回 失敗しない!ご退去手順(1)

(No.75) 第29回 失敗しない!ご家族向け…

(No.74) 第28回 2014年お部屋探し事情大予想

(No.73) 第27回 オーナーチェンジ物件

(No.72) 第26回 オフィスの探し方②

(No.71) 第25回 オフィスの探し方①

(No.70) 第24回 ダニよけ対策

(No.69) 第23回 蚊よけ対策

(No.68) 第22回 火災対策

(No.67) 第21回 鍵について②

(No.66) 第20回 鍵について

(No.65) 第19回 更新について

(No.64) 第18回 アパートを借りて住む

(No.63) 第17回 サービスアパートを借りる③

(No.62) 第16回 サービスアパートを借りる②

(No.61) 第15回 サービスアパートを借りる①

(No.60) 第14回 コンドミニアムを借りる②

(No.59) 第13回 コンドミニアムを借りる①

(No.58) 第12回 虫対策について

(No.57) 第11回 お部屋の階について

(No.56) 第10回 日本とタイとの違い

(No.55) 第9回 お部屋の向き

(No.54) 第8回 広さと間取り(ご単身編)

(No.53) 第7回 立地条件(ご単身編)

(No.52) 第6回 ペット可物件について

(No.51) 第5回 間取りと広さ(ご家族編)

(No.50) 第4回 立地条件(お子様帯同編)

(No.49) 第3回 お部屋探しのタイミング (2)

(No.48) 第2回 お部屋探しのタイミング (1)

(No.47) 第1回 お部屋探しのコツ(単身編)

タイの新築と築古について

ここ1~2年は新築ラッシュということもあり、最近の傾向では、やはり新築、築何年以内など、なるべく新しい物件を希望される方が増えていらっしゃるように思われます。まず新築と築古の大きな違いは、既にご存知の方も多いと思いますが、築古は広く、新築は狭くてコンパクトという点です。これは、広さを求められる方、広すぎると落ち着かないし掃除や電気代も大変ということで、好みがわかれることと思います。ただその他にも新築、築古、それぞれいいところ、悪いところがあります。
 新築のメリットは、言うまでもなく全てが新品、まっさらでキレイなことです。狭めとは言っても、天井が高めの物件が多いので、それほど窮屈に感じることはないでしょう。しかしもし何らかのダメージを作ってしまった場合、退去する時はむしろアダとなって“原状回復の原則”で多くの費用を請求されてしまうリスクがあります。ですので、特に小さなお子様やペットのいらっしゃるお客様には、正直新築はあまりおすすめできません。
 また新築のデメリットは、いわゆる“初期不良”と言われる思いがけない不具合が潜んでいる可能性が多い点です。私共はご入居の前には必ず、水回りや電化製品等の動作をひと通りチェックしますが、やはり住んで、実際使ってみてからでないとわからないこともあります。(例えば、特にコンドでトラブルが多いですが、エアコンの配管が交錯していたり、シャワーを10分ほど使っていると、ビリビリと漏電してくるなど、日本では考えられないようなトラブルも多いです。) 
 その点、築古は新築の初期不良に比べると、安定しているといえるでしょう。築古物件は、広い分電気代がかかりそうと思われがちですが、南北に窓がある風通しが良い作りの部屋が多く、一概には言えません。また、目では確認できない特に水道管の老朽化などを懸念されがちですが、今は浄水器も色々選べますし、いい面も多々あります。
 特にアパートの場合は、過去にお住まいの方々の要望で、サービスが年々良くなっていたり、お部屋も例えば必要なところに照明や家具、網戸やバードネットが追加されているなど、部屋が使いやすく改良されていたりするものです。また、長く勤めているスタッフがいるほうが、日本語も通じたり、やはり豊富な経験値により、修理などの対応も的確でスムーズな場合が多いでしょう。
 ところでタイの築年数表記は、数字だけでは一概に判断はつきません。築浅でも、タイの物件は劣化も早く、オーナーさんのセンスや、手入れ状態が悪ければそうは見えないこともありますし、築20年経っていても、家具家電は新品だったり、リノベーションにより新築同然にピカピカの物件もあります。
 仲介業者のホームページの物件写真も、新築時に撮影されたものが多く、ましてコンドの場合は内装や家具も“百人百色”ですので、築年数や写真だけで先入観を持たれないことをおすすめします。
 まさに百聞は一見にしかず、まずは、新旧織り交ぜてご覧ください。
 いかがでしたか?もっと詳しいことをお知りになりたい方は、下の広告のアドレスまで、お気軽にご質問やご相談をお寄せください。皆様からのタイの住まいに関するご相談のメール、お待ちしております。