写真で見るタイの歴史

Vol,105 水禍

Vol,104 赤雄牛

Vol,103 首都之駅

Vol,102 美国人接待

Vol,101 絹紡糸

Vol,100 怪奇漫画

Vol,99 勧善懲悪

Vol,98 百事可楽(ペプシコーラ)

Vol,97 治安戦車

Vol,96 国王の愛

Vol,95 駕 篭

Vol,94 タニヤビル

Vol,93 日野自動車

Vol,92 古 銭

Vol,91 リキシャ

Vol,90 現代女子

Vol,89 白象

Vol,88 獅子印練歯磨

Vol,87 泰式生活雑貨

Vol,86 山葉発動機

Vol,85 調髪

Vol,84 一攫千金

Vol,83 仏国砲艦

Vol,82 虎退治

Vol,81 大河の渡し

Vol,80 御清浄祭

Vol,79 家畜象

Vol,78 泰緬鉄道/現地人労働者

Vol,77 蘇昆維路/素坤逸路

Vol,76 金鳥の夏

Vol,75 水門の船着場

Vol,74 バンコクの歩き方-1953年

Vol,73 新年肝試し

Vol,72 交通渋滞

Vol,71 大學

Vol,70 美顔粉

Vol,69 戦 象

Vol,68 溢水路線バス

Vol,67 僧侶と従者

Vol,66 牧童小路

Vol,65 芭堤雅

Vol,64 幼画家

Vol,63 ロックバンド

Vol,62 華人の萬屋

Vol,61 Mr,ポストマン

Vol,60 タイ古式マッサージ

Vol,59 ミス・タイランド

Vol,58 マタンゴ

Vol,57 ナナ交番

Vol,56 花の子供たち

Vol,55 国王とキング・オブ・R & R

Vol,54 タイ王国の翼

Vol,53 バンコクプリズン

Vol,52 首都の駅

Vol,51 力車

Vol,50 マヒドン王子

Vol,49 慰霊之塔

Vol,48 華僑の街

Vol,47 母君

Vol,46 ラマ1世橋 1932年

Vol,45 楽趣

Vol,44 大振子

Vol,43 盤谷大洪水

Vol,42 チャオプラヤ濤々

Vol,41 盤谷駅水没-Ⅱ

Vol,40 盤谷の空

Vol,39 遠望

Vol,38 大ブランコとインドラ寺院

Vol,37 盤谷駅水没

Vol,36 仮装王子

Vol,35 午睡・貴婦人

Vol,34 UMA捕獲

Vol,33 御溝・盤谷宮城

Vol,32 水上炉簿

Vol,31 世捨て人

Vol,30 御溝・盤谷宮殿

Vol,29 タイ最古の写真

Vol,28 行幸・ラマⅥ世

Vol,27 王室の仮装会

Vol,26 大通り

Vol,25 野辺僧

Vol,24 番木瓜沙拉・木鉢

Vol,23 曳き屋台

Vol,22 水禍・祈り

Vol,21 路傍の商い

Vol,20 水禍のバンコク

Vol,19 ルンピニ水没

Vol,18 黄金の丘

Vol,17 誰でも作れる簡単ケーキ

Vol,16 寺子屋

Vol,15 豚肉輸送

Vol,14 ハイソの食卓

Vol,13 中華街興隆

Vol,12 路面電車

Vol,11 大山商会

Vol,10 洗髪剤

Vol,09 タイシルクの起源

Vol,08 シーロムの黎明

Vol,07 曼谷のイケメン

Vol,06 縮まないジーンズ

Vol,05 アナンタサマーコム宮殿

Vol,04 プラトゥナム船着場

Vol,03 水禍の戦勝記念塔 69年前

Vol,02 レッドブル

Vol,01 ファランポーン駅

Vol,05 「アナンタサマーコム宮殿(旧国会議事堂)」 100年前

his5

 観光ガイドブックに掲載され、映画にもよく登場するアナンタサマーコム宮殿。ラマ5世によって着工されたが、存命中には完成せず、ラマ6世の時代、1915年に竣工となった。 当時タイ国の国力では考えられない1500万バーツの巨額な建設費を投入したことで、国家財政を悪化させ、後に官僚の大リストラを招き、立憲革命に導く原因となったのである。
 ラチャダムヌン・ノーク通りの突き当たり、正面には有名なラマ5世の騎馬像が立っており、元は国会議事堂として建てられた。着工したのが1908年で、7年の工期を費やしたからこの写真は百年ほど前になるだろうか。イタリアから運んできた大理石で飾られた豪奢な造りは、タイの建築史上で特記に値する。
 近来、建設ラッシュのバンコク市内で工事現場を観察するとわかるが、タイのビルディングは鉄筋コンクリートで建てられるものが多い。(日本や欧米では鉄骨ビル)最も高いビルで知られるバイヨークタワーでさえも高層建築に不向きな鉄筋コンクリートで建てられているが、タイで初めて鉄筋コンクリートを使用し、建設工法の先鞭をつけたのがこのアナンタサマーコム宮殿なのだ。しかし、骨組や梁は木質であり、細い鉄筋を張り巡らしてある。些細な事で倒壊するビルが多いのはこの工法のせいなのだろうか、それでも当時のタイはこの立派な建物の完成によって海外に胸を張ったが、欧米や日本はすでに最新の工法を導入していた。
 以来、チャオプラヤの三角州に形成された脆弱な土質のバンコクで、大部分が躯体のクオリティや防災という概念に乏しく、低コストを優先するビルディング建設の歴史が今日まで続いているのである。