写真で見るタイの歴史

Vol,105 水禍

Vol,104 赤雄牛

Vol,103 首都之駅

Vol,102 美国人接待

Vol,101 絹紡糸

Vol,100 怪奇漫画

Vol,99 勧善懲悪

Vol,98 百事可楽(ペプシコーラ)

Vol,97 治安戦車

Vol,96 国王の愛

Vol,95 駕 篭

Vol,94 タニヤビル

Vol,93 日野自動車

Vol,92 古 銭

Vol,91 リキシャ

Vol,90 現代女子

Vol,89 白象

Vol,88 獅子印練歯磨

Vol,87 泰式生活雑貨

Vol,86 山葉発動機

Vol,85 調髪

Vol,84 一攫千金

Vol,83 仏国砲艦

Vol,82 虎退治

Vol,81 大河の渡し

Vol,80 御清浄祭

Vol,79 家畜象

Vol,78 泰緬鉄道/現地人労働者

Vol,77 蘇昆維路/素坤逸路

Vol,76 金鳥の夏

Vol,75 水門の船着場

Vol,74 バンコクの歩き方-1953年

Vol,73 新年肝試し

Vol,72 交通渋滞

Vol,71 大學

Vol,70 美顔粉

Vol,69 戦 象

Vol,68 溢水路線バス

Vol,67 僧侶と従者

Vol,66 牧童小路

Vol,65 芭堤雅

Vol,64 幼画家

Vol,63 ロックバンド

Vol,62 華人の萬屋

Vol,61 Mr,ポストマン

Vol,60 タイ古式マッサージ

Vol,59 ミス・タイランド

Vol,58 マタンゴ

Vol,57 ナナ交番

Vol,56 花の子供たち

Vol,55 国王とキング・オブ・R & R

Vol,54 タイ王国の翼

Vol,53 バンコクプリズン

Vol,52 首都の駅

Vol,51 力車

Vol,50 マヒドン王子

Vol,49 慰霊之塔

Vol,48 華僑の街

Vol,47 母君

Vol,46 ラマ1世橋 1932年

Vol,45 楽趣

Vol,44 大振子

Vol,43 盤谷大洪水

Vol,42 チャオプラヤ濤々

Vol,41 盤谷駅水没-Ⅱ

Vol,40 盤谷の空

Vol,39 遠望

Vol,38 大ブランコとインドラ寺院

Vol,37 盤谷駅水没

Vol,36 仮装王子

Vol,35 午睡・貴婦人

Vol,34 UMA捕獲

Vol,33 御溝・盤谷宮城

Vol,32 水上炉簿

Vol,31 世捨て人

Vol,30 御溝・盤谷宮殿

Vol,29 タイ最古の写真

Vol,28 行幸・ラマⅥ世

Vol,27 王室の仮装会

Vol,26 大通り

Vol,25 野辺僧

Vol,24 番木瓜沙拉・木鉢

Vol,23 曳き屋台

Vol,22 水禍・祈り

Vol,21 路傍の商い

Vol,20 水禍のバンコク

Vol,19 ルンピニ水没

Vol,18 黄金の丘

Vol,17 誰でも作れる簡単ケーキ

Vol,16 寺子屋

Vol,15 豚肉輸送

Vol,14 ハイソの食卓

Vol,13 中華街興隆

Vol,12 路面電車

Vol,11 大山商会

Vol,10 洗髪剤

Vol,09 タイシルクの起源

Vol,08 シーロムの黎明

Vol,07 曼谷のイケメン

Vol,06 縮まないジーンズ

Vol,05 アナンタサマーコム宮殿

Vol,04 プラトゥナム船着場

Vol,03 水禍の戦勝記念塔 69年前

Vol,02 レッドブル

Vol,01 ファランポーン駅

Vol,09 タイシルクの起源

his9

 タイを代表する産業のひとつであるシルク織物。その製造技術は日本から導入されたものであることは意外と知られていない。明治35年ごろ、日本の産業の中核だった養蚕の技術を携えた20名ほどの日本人男女がイサーン地方に渡ったことから始まる。
タイへの殖産興業という動機の他に、当時の日本には、アジアを植民地化して搾取をもくろむ欧米諸国から東南アジアを守らなければならないという意識があった。そのアジア感はやがて軍国主義と結びついていったのだが、日本の養蚕技術者たちは「アジアを、タイを守る」という志を持ってイサーンへ向かったといわれる。
日照りで割れたイサーンの田畑、貧困にあえぐイサーンの農民たち。殖産と生き抜くための知恵と方法を教え、10年後に引揚げていった日本人技術者たち。太くて力強い糸を吐くタイの野生蚕から出来上がる織物の輝きは「タイシルク」のブランドとして後に世界に名を馳せていったのである。
写真=正装して日本からの入植者を出迎えるイサーンの村人たち