Dr.久米の歯科コラム

Vol,85-(No.105) 歯医者に“遠慮”って?

Vol,84-(No.104) 医者とのいい関係 ②

Vol,83-(No.103) 医者とのいい関係

Vol,82-(No.102) 歯並びについて

Vol,81-(No.101) 読者プレゼント

Vol,80-(No.100) 謙虚になること

Vol,79-(No.99) 日本の歯科治療と日本文化

Vol,78-(No.98) 日本の歯科は遅れている

Vol,77-(No.97) インレー

Vol,76-(No.96) 上顎洞炎

Vol,75-(No.95) キッズデンタルパーク

Vol,74-(No.94) ワシントンの歯の苦労

Vol,73-(No.93) 口腔癌

Vol,72-(No.92) シュミテクト

Vol,71-(No.91) 感謝の気持ち

Vol,70-(No.90) 虫歯の原因って…

Vol,69-(No.89) 痛みなんかで…

Vol,68-(No.88) ご自分の歯の模型と治療記録

Vol,67-(No.87) インプラント

Vol,66-(No.86) ちょっと怖い歯周病があります

Vol,65-(No.85) タイのデンタルフェスタにて

Vol,64-(No.84) 歯の掃除って何回にも…

Vol,63-(No.83) 日本の歯科って…

Vol,62-(No.82) 子供1人産むと歯を1本失う

Vol,61-(No.81) ソンクラーンは情報収集

Vol,60-(No.80) 問診って大切です!

Vol,59-(No.79) 3D技術で顔面修復

Vol,58-(No.78) 電 話

Vol,57-(No.77) クリント・イーストウッドは…

Vol,56-(No.76) マウスピース

Vol,55-(No.75) ユマニチュード

Vol,54-(No.74) 帰国のシーズンです

Vol.53-(No.73) 入れ歯は完成した時が…

Vol,52-(No.72) タバコ

Vol,51-(No.71) いびき

Vol,50-(No.70) 民間の保険

Vol,49-(No.69) 子供の歯周病

Vol,48-(No.68) 道具を一つ増やしてみませんか

Vol,47-(No.67) 日本はすぐに神経をとる

Vol,46-(No.66) タイはすぐに歯を抜く

Vol,45-(No.65) リベース

Vol,44-(No.64) 女優さんと歯

Vol,43-(No.63) 日本で使われている…

Vol,42-(No.62) やはり知っておくべきです

Vol,41-(No.61) お医者さんに病名を言って…

Vol,40-(No.60) 下顎安静位

Vol,39-(No.59) 人生の流れで歯の事…

Vol,38-(No.58) 文化程度と歯の健康度

Vol,37-(No.57) ブリーチングは…

Vol,36-(No.56) 3Dプリンター

Vol,35-(No.55) ひどいニュースに…

Vol,34-(No.54) 過去のコラムをメールで…

Vol,33-(No.53) 医学知識がないと…

Vol,32-(No.52) 歯磨き後の口は…

Vol,31-(No.51) ステイン

Vol,30-(No.50) フロスと歯間ブラシ

Vol,29-(No.49) ピアスがあるから…

Vol,28-(No.48) 歯ぎしり

Vol,27-(No.47) 問 診

Vol,26-(No.46) ブリーチング

Vol,25-(No.45) アソアライナー

Vol,24-(No.44) 日本人は歯の健康状態が…

Vol,23-(No.43) 予約について

Vol,22-(No.42) ミニインプラント

Vol,21-(No.41) 乳歯でアンチエイジング

Vol,20-(No.40) 牛乳からつくった虫歯修復材

Vol,19-(No.39) フッ素のうがい薬

Vol,18-(No.38) うがい薬

Vol,17-(No.37) ペングリップ

Vol,16-(No.36) 電動歯ブラシってどうですか?

Vol,15-(No.35) ハミガキ

Vol,14-(No.34) 歯科の世界も国際化

Vol,13-(No.33) 前歯のコンプレックス

Vol,12-(No.32) 歯周内科

Vol,11-(No.31) 金属アレルギー

Vol,10-(No.30) スマイル入れ歯

Vol,9-(No.29) 入れ歯

Vol,8-(No.28) 歯の色の素材いろいろ

Vol,7-(No.27) 日本人は歯にたいしての…

Vol,6-(No.26) カスタマーとクライアント

Vol,5-(No.25) お得情報

Vol,4-(No.24) 丁寧にしっかりと…

Vol,3-(No.23) タイの歯医者さんと日本の…

Vol,2-(No.22) タイでも使える日本の…

Vol,1-(No.21) 話題になったコラムが…

帰国のシーズンです

 毎年、日本で言う春の季節になりますと、患者さんから帰国という話が出ます。「3月で帰国になりますからそれまでに終わらせて下さい。」といった様な。困るのは来週帰国という方で、技工所に送らなければいけない場合です。「今日、型採りすれば1週間後にできます。でもそれじゃ間に合いませんね。」といった様なケースです。帰国予定3日前に来られて、「タイではセラミックの歯が安いという事なので、口の中の金属を全部セラミックにして下さい。」と言われた事もあります。通常、中6日で技工所は受けてくれますが、無理をお願いして、あるいはエクストラチャージを払って3日~4日で作ってもらう事もできない事ではありませんが、あまり良い事とは思えません。物作りを急がせてもロクな事がないと思っているからです。これから一生を共にしようという物の為にやっつけ仕事の物なんて感心しませんから。それに普通に作っても時々「ダメ!作り直し!」という事もあります。そして型採りしたけれど、完成物をセットできない宙ぶらりんでタイムアップ帰国なんて事になると誰に責任があるとなります。中には「歯科治療って1日じゃ終わらないんだ。」と落胆する人もいらっしゃいます。「日本では1日で終わっていたんですか?」と質問すると大抵は「さぁ?どうだったか?」という返事です。1日で終わる処置もあります。しかし終わらないケースもたくさんあります。歯を抜くだけで、抜いた後の処置が必要ない、あるいはそれは日本でするというのであれば1回の処置で済みます。小さな歯の欠損(神経の取られていない場合に限ります。)であれば充填といった処置で1回で済みます。1回で終わる処置を思い巡らせましたがこれ位です。逆に絶対に2回掛かるというのは技工所を使う治療です。大抵は中6日です。タイだから6日という事ではなく日本でもそうですしアメリカでも同じ位です。タイだから遅いという事ではありません。タイの技工所の多くは北欧に技工物を輸出している様で、その関係からか無理を言えばけっこう早めに作ってもらえます。エクストラチャージを取られる事があるにしても受けてもらえます。私は技工所に急かすという事をあまりしない様にしているので日本の事情はわかりませんが、おそらく断られる方が普通だと思います。タイだから遅いのではなく、逆に早くできるケースはタイの方があると言えるはずです。当院で一番多いケースは日本の治療のやり直しですが、典型的なケースは根っこの治療からやり直しで4~5回かかります。技工所も使いますから、どんなに急いでも2週間となります。これも患者さんが「この日の予約はダメ。ここもダメ。」と予約日が取れない様であれば条件はもっと悪くなります。帰国前となると男性よりも女性の方が忙しい様に見えます。「引っ越し業者さんの来る日が…」とか帰国に関しての雑用を奥様が一手に引き受けている様です。それに子供の事もあって予約日が取りにくいというのが毎年の事です。帰国の前に突然、歯の問題が起こったというのは仕方がないにしても、上記の様に「タイではセラミックの歯が安いという事なので、口の中の金属を全部セラミックにしたい。」と言うのであれば、それまでに時間に余裕があるのであれば、あまり帰国直前ギリギリになってという事のない様にされるのがハッピーエンドの要件です。
 今も嘔吐反射の強い患者さんに入れ歯をお作りしています。入れ歯を失っているという事で前歯なしの緊急事態と思いました。年末年始の休みを挟むと通常よりも時間が掛かるし、なによりも前歯なしで年を越すのは気の毒と、技工所に出さずに久米が技工物を作って時間短縮すれば年内に間に合うと、私が学生時代に経験した技工物を作りました。見た目は技工所の物と比べられませんし、人からお金の取れる様な物ではありませんが、製作途中で必要十分な物位はできると。そして試適という手順を飛ばせば年内に間に合うので患者さんに「本来なら行うべき手順を飛ばして作ります。その代わり年内にお渡しできます。」と了解を得て完成させてみました。ところが嘔吐反射がひどく入れ歯を入れていられない状態になりました。それでも通常なら嘔吐反射を起こす部位をおとせば解決するのですが、今回は私が経験した中でも飛び抜けて激しい嘔吐反射でした。全く関係ないと思われるところでも嘔吐反射があり担当医と「こりゃ教科書を越えた症例だな。」と言う話まで出た程です。そんな教科書の事なんてどうでもいい事で、患者さんに快適に使ってもらえる物を提供する責任があります。まず嘔吐反射の部位の特定をしっかりやらなければなりません。やみくもに入れ歯を小さくしてしまえば安定性の悪い入れ歯になります。ポロポロと落ちてくる様ではダメですし、しっかりと咀嚼できる様にしなければなりませんから。そうなるとトライアンドエラーを何度も繰り返しますから時間と回数が必要です。手間さえ掛けさせてもらえれば必ず患者さんが満足頂ける物ができると信じています。幸いこの患者さんからは時間を掛ける事に同意して頂いていますが、これがいつの帰国というのであれば辛いです。お墓に行くまでずっと共にする物を作るわけですから、歯科治療のための時間を十分に取って頂ける様にお願い致します。これから帰国ラッシュになりますから、治療を考えておられる方はお早めにご相談ください。