Dr.久米の歯科コラム

Vol,85-(No.105) 歯医者に“遠慮”って?

Vol,84-(No.104) 医者とのいい関係 ②

Vol,83-(No.103) 医者とのいい関係

Vol,82-(No.102) 歯並びについて

Vol,81-(No.101) 読者プレゼント

Vol,80-(No.100) 謙虚になること

Vol,79-(No.99) 日本の歯科治療と日本文化

Vol,78-(No.98) 日本の歯科は遅れている

Vol,77-(No.97) インレー

Vol,76-(No.96) 上顎洞炎

Vol,75-(No.95) キッズデンタルパーク

Vol,74-(No.94) ワシントンの歯の苦労

Vol,73-(No.93) 口腔癌

Vol,72-(No.92) シュミテクト

Vol,71-(No.91) 感謝の気持ち

Vol,70-(No.90) 虫歯の原因って…

Vol,69-(No.89) 痛みなんかで…

Vol,68-(No.88) ご自分の歯の模型と治療記録

Vol,67-(No.87) インプラント

Vol,66-(No.86) ちょっと怖い歯周病があります

Vol,65-(No.85) タイのデンタルフェスタにて

Vol,64-(No.84) 歯の掃除って何回にも…

Vol,63-(No.83) 日本の歯科って…

Vol,62-(No.82) 子供1人産むと歯を1本失う

Vol,61-(No.81) ソンクラーンは情報収集

Vol,60-(No.80) 問診って大切です!

Vol,59-(No.79) 3D技術で顔面修復

Vol,58-(No.78) 電 話

Vol,57-(No.77) クリント・イーストウッドは…

Vol,56-(No.76) マウスピース

Vol,55-(No.75) ユマニチュード

Vol,54-(No.74) 帰国のシーズンです

Vol.53-(No.73) 入れ歯は完成した時が…

Vol,52-(No.72) タバコ

Vol,51-(No.71) いびき

Vol,50-(No.70) 民間の保険

Vol,49-(No.69) 子供の歯周病

Vol,48-(No.68) 道具を一つ増やしてみませんか

Vol,47-(No.67) 日本はすぐに神経をとる

Vol,46-(No.66) タイはすぐに歯を抜く

Vol,45-(No.65) リベース

Vol,44-(No.64) 女優さんと歯

Vol,43-(No.63) 日本で使われている…

Vol,42-(No.62) やはり知っておくべきです

Vol,41-(No.61) お医者さんに病名を言って…

Vol,40-(No.60) 下顎安静位

Vol,39-(No.59) 人生の流れで歯の事…

Vol,38-(No.58) 文化程度と歯の健康度

Vol,37-(No.57) ブリーチングは…

Vol,36-(No.56) 3Dプリンター

Vol,35-(No.55) ひどいニュースに…

Vol,34-(No.54) 過去のコラムをメールで…

Vol,33-(No.53) 医学知識がないと…

Vol,32-(No.52) 歯磨き後の口は…

Vol,31-(No.51) ステイン

Vol,30-(No.50) フロスと歯間ブラシ

Vol,29-(No.49) ピアスがあるから…

Vol,28-(No.48) 歯ぎしり

Vol,27-(No.47) 問 診

Vol,26-(No.46) ブリーチング

Vol,25-(No.45) アソアライナー

Vol,24-(No.44) 日本人は歯の健康状態が…

Vol,23-(No.43) 予約について

Vol,22-(No.42) ミニインプラント

Vol,21-(No.41) 乳歯でアンチエイジング

Vol,20-(No.40) 牛乳からつくった虫歯修復材

Vol,19-(No.39) フッ素のうがい薬

Vol,18-(No.38) うがい薬

Vol,17-(No.37) ペングリップ

Vol,16-(No.36) 電動歯ブラシってどうですか?

Vol,15-(No.35) ハミガキ

Vol,14-(No.34) 歯科の世界も国際化

Vol,13-(No.33) 前歯のコンプレックス

Vol,12-(No.32) 歯周内科

Vol,11-(No.31) 金属アレルギー

Vol,10-(No.30) スマイル入れ歯

Vol,9-(No.29) 入れ歯

Vol,8-(No.28) 歯の色の素材いろいろ

Vol,7-(No.27) 日本人は歯にたいしての…

Vol,6-(No.26) カスタマーとクライアント

Vol,5-(No.25) お得情報

Vol,4-(No.24) 丁寧にしっかりと…

Vol,3-(No.23) タイの歯医者さんと日本の…

Vol,2-(No.22) タイでも使える日本の…

Vol,1-(No.21) 話題になったコラムが…

ユマニチュード

 Yahooのサイトで「認知症の人の下の世話のコツ」というのがあったので覗いてみました。そこでは“ユマニチュード”というフランス生まれの認知症ケアが紹介されていました。認知症の現場では患者さんが悲鳴を上げたり、ケアをする人につばを吐きかけたりという事も珍しくない様です。それで拘束や薬の使用を余儀なくされるそうです。拘束って、しばりつけるっていう事でしょう。薬って向精神薬みたいな、人のやる気をなくさせる物でしょうし、そんな事を自分の親がされると思っただけで心が痛くなります。もちろんケアをされている方も心の痛みを私以上に感じているはずです。大変な職場だと思います。しかしユマニチュードの手法を用いる事で「人としてのケアができる。」と評判になっているとか。「魔法のよう」とまで形容されている様です。①見る②話しかける③触れる④立つの4つを柱にして約150の技術で行うそうです。そして「優しさを伝える技術は後天的に学習できる。個人の優しさを追求されると、うまくいかない時には心が折れて燃え尽きるが、ユマニチュードは技術として行うもの。辛い思いをせずに実践できるんです」という言葉もありました。また「尊厳を持って患者さんに対応したいのに方法が分からず、結局、医療職が疲弊してしまう。ユマニチュードは医療職の心に響く方法だと思う」という言葉も。ユマニチュードはフランス語ですがHumanitudeというスペルなので英語読みだとヒューマニチュードでしょうか。こちらの方がピンときます。ケアする人を“人”として尊重(Respect)して扱うという意味が伝わってきます。歯科でこれに近いのは小児歯科です。子供の扱いは難しいものです。1歳以下となると言葉も通じません。会話のできる年齢であっても理性的な対応を求める方が無茶というものです。だいたいお母さんから離しただけで泣くのが普通です。そこで小児歯科ではマニュアルの様な物があります。最初は“友達になれ”とか、“Tell Show Do”は文字通り説明して見せて恐怖心を和らげてから治療を行う、また子供が泣き叫び暴れだしたら“hand over mouth”といって子供の口を左手で抑えて無表情な声で話しかけるとか。私は小児歯科医でもありませんし、特段の興味があった訳でもないので正直言って小児歯科はあまり自信がありません。小児歯科で行う歯科治療の術式は大人と違う事はないので、平気で口を開けてくれるお子さんであれば問題ありません。問題なのは嫌がって口を開けてくれない、ヒドイ時は診療室に入る事も嫌がる、怖がって治療椅子に座る事もできない場合です。そして残念ながら怖がる子供の方が普通です。時々、大人顔負けのやりやすいお子さんもいらっしゃいます。そんな時はお母さんに歯医者にとっていかにやりやすいお子さんであったかを感嘆符!付きでお話しています。ともあれ簡単に歯科治療できない方が“普通”と思っています。日本の社会保険や国民健康保険では6歳未満は50%アップの乳幼児加算が付いている程です。しかし患者さんの少ない歯科医院ならまだしも、1日に20人以上ある所だと50%割増してもらっても割に合わないと思われているのではないでしょうか。ここタイでも小児歯科専門医に掛かると非常に高い様です。タイ人の歯科医師がタイ人の子供の治療で1回4000B~5000Bは普通の様です。子供の扱いは時間を掛けなくてはならないし、うまく扱える先生はそれこそ正に専門医と思えるので私には決して法外な料金とも思いません。子供が泣いたら椅子に縛り付けられるのをここタイで何度も見ています。そんな時に泣かせる前にもっとできる事はなかったのか?と思ってしまいます。しかし小児歯科専門医は日本語が話せないので専門技能を発揮できない。それなら力足らずだろうけれど私がとタイ人歯科医師の前に協力しますが、中にはうまくいかない事も少なくありません。時間だけ掛かって何の変化もなかったという事も何度もありました。これを治療費でどれ位が適切かと考えれば、幾らもらっても割の合うものでもありません。それ位容易なものではないとお考えください。そういった真の専門医でなければうまく扱えない訳ですから、大抵は“hand over mouth”とかチェアにしばりつけて動けなくして治療となります。子供の方は恐怖でいっぱいのはずです。ここで外国であるという問題が更にあります。歯科医師が日本語を話せなければその専門性も活かしきれません。ですから”泣いたらチェアにしばりつけ“となる事が多くなっているはずです。日本語が話せる真の小児歯科専門医にあたれば解決しますが、果たしてタイにいらっしゃるのでしょうか?噂も聞いた事がありません。私が聞いた事がないだけで、もしいらっしゃるのであれば私が積極的に患者さんをお送りするのですが。
 この様に外国での子供の歯科治療は問題があるのですが、その対策としてやはり問題にならない様に食事や歯磨きといった予防が最初になります。歯科に掛からなくなったとしても、なるべくマイナスになるイメージを与えない様に日頃からしておいてください。子供が悪い事をしたら、お母さんが「そんな事をしたら歯医者に連れていきますよ!」と言うなんて論外です。そして予防としてフッ素塗布をお勧めします。まず虫歯になりにくくなる事以外に子供が歯科医院での処置が「なぁーんだ、たいした事なかった。」と思える程の短時間で、しかも嫌な事が最小限しかないからです。一度「できた!」という成功体験があれば、もし次に歯科に掛かる事になってもその嫌さ程度は格段に違うはずです。もう一つフィッシャーシーラントという奥歯の溝を埋める処置。歯を削る事はありません。注射もありません。口を数分開け続けなければならないだけです。これとて子供には簡単な事ではないのですが、歯科治療の中では負担の小さな処置です。こういった負担の小さな処置で歯科医院に馴染んでもらうというのはどうでしょう。歯科医院に行くとなると大騒ぎになる子供にしてしまう事を考えるととても有意義な事と思いますが。なにより大切なお子さんを人として尊重(Respect)して治療ができますから。