Vol,1

 真上にアンドロメダ大星雲が見えます。たった今、数百万光年の輝きを見る驚き、その悠久なる自然の生命に比べると、私たちの命は如何に短くまた如何に儚いものか。この人生の短きページは流れ星の如く小さく一瞬の命のようだ。でも小さな存在であっても、あなたも私もみんな疑うこともない確かな存在です。一日の何時間かはそれぞれがお互いに全く知らない所で息づき、やがてここで同じ言葉を見い出し、それぞれが想いを馳せるところも一瞬の生命の尊さではないでしょうか。
 2013年、これまでに皆さんが生きてきたそれぞれの年月、私が経てきた年月、、来た道は違いますが、ここで出会った事に大宇宙の中の本当にちいさな一瞬の奇跡を感じます。