一枚の写真

Vol,99-(No.105) 『国境の町メーサーイ』

Vol,98-(No.104) 『ドーイ・メーサロン』

Vol,97-(No.103) 『楽しい幼稚園』

Vol,96-(No.102) 『モン族の学生』

Vol,95-(No.101) 『2人の少女』

Vol,94-(No.100)『奨学金ありがとう』

Vol,93-(No.99) 『未来を目指す若者の夢』

Vol,92-(No.98) 『子供の日』

Vol,91-(No.97) 『年賀状』

Vol,90-(No.96) 『ヌポキャンプの朝』

Vol,89-(No.95) 『卒業おめでとう』

Vol,88-(No.94) 『日本人納骨堂』

Vol,87-(No.93) 『カーンチャナブリー…

Vol,86-(No.92) 『可愛いワンちゃん』

Vol,85-(No.91) 『ぬり絵』

Vol,84-(No.90) 『排気ガスの首都』

Vol,83-(No.89) 『霧に包まれたバンコク』

Vol,82-(No.88) 『ごみ捨て場』

Vol,81-(No.87) 『地下鉄の駅』

Vol,80-(No.86) 『携帯電話は便利だけど』

Vol,79-(No.85) 『携帯電話に映った顔』

Vol,78-(No.84) 『おや~、誰かなぁ?』

Vol,77-(No.83) 『空中乱舞』

Vol,76-(No.82) 『横市茂子さんのスピーチ』

Vol,75-(No.81) 『笑顔に迎えられて』

Vol,74-(No.80) 『街角で出会った少数民族』

Vol,73-(No.79) 『ケントゥンの市場』

Vol,72-(No.78) 『便利なイーテン車』

Vol,71-(No.77) 『牛車に揺られて』

Vol,70-(No.76) 『暮れゆくイサーン』

Vol,69-(No.75) 『イサーンの哀歌』

Vol,68-(No.74) 『指をくわえた園児』

Vol,67-(No.73) 『年賀状』

Vol,66-(No.72) 『尾長ボートは速い』

Vol,65-(No.71) 『BTS高架線電車』

Vol,64-(No.70) 『チャウプラヤー川』

Vol,63-(No.69) 『殿方マッサージ城』

Vol,62-(No.68) 『可憐な少女』

Vol,61-(No.67) 『イスラムの子』

Vol,60-(No.66) 『タイの屋台』

Vol,59-(No.65) 『美容室兼住居』

Vol,58-(No.64) 『やんちゃな三人組』

Vol,57-(No.63) 『おや~何かな~』

Vol,56-(No.62) 『アヒルのボート』

Vol,55-(No.61) 『お猿さんどうしたの』

Vol,54-(No.60) 『バンコクの歩道橋』

Vol,53-(No.59) 『家庭でのタンブン』

Vol,52-(No.58) 『イスラムの幼児』

Vol,51-(No.57) 『純真無垢』

Vol,50-(No.56) 『ラオスに潜り込んで』

Vol,49-(No.55) 『メーソートの密輸ルート』

Vol,48-(No.54) 『寂しそうな男の子』

Vol,47-(No.53) 『睨めっこしましょ!』

Vol,46-(No.52) 『昼下がり』

Vol,45-(No.51) 『ジョギング』

Vol,44-(No.50) 『日本語の弟子』

Vol,43-(No.49) 『嬉しそうな笑顔』

Vol,42-(No.48) 『ルムピニー公園』

Vol,41-(No.47) 『洪水は賭博天国だ』

Vol,40-(No.46) 『伊勢丹前のタンブン』

Vol,39-(No.45) 『相撲道場』

Vol,38-(No.44) 『イスラムの母娘』

Vol,37-(No.43) 『お祈り』

Vol,36-(No.42) 『山道のタンブン』

Vol,35-(No.41) 『煙幕だー! あぶなーい!』

Vol,34-(No.40) 『市バスの運ちゃん』

Vol,33-(No.39) 『イサーンの塩田』

Vol,32-(No.38) 『イスラムの幼児』

Vol,31-(No.37) 『戦災難民の病室』

Vol,30-(No.36) 『わが子はいずこ?』

Vol,29-(No.35) 『イスラムの家族』

Vol,28-(No.34) 『殺し屋業界』

Vol,27-(No.33) 『横浜の笑顔』

Vol,26-(No.32) 『かわいいね』

Vol,25-(No.31) 『美女ボランティア集まれ!』

Vol,24-(No.30) 『便利なソーンテウ』

Vol,23-(No.29) 『タイの家屋地震は大丈夫?』

Vol,22-(No.28) 『山頂の国境線』

Vol,21-(No.27) 『イテン改造トラックで』

Vol,20-(No.26) 『警察記念日のパレード』

Vol,19-(No.25) 『歩道で出会った姉妹』

Vol,18-(No.24) 『平和の祈り』

Vol,17-(No.23) 『ソンクラーの海』

Vol,16-(No.22) 『カウ・プラヴィハーン』

Vol,15-(No.21) 『晴れやかな笑顔』

Vol,14-(No.20) 『茶目っ気な2人』

Vol,13-(No.19) 『母の夢心地』

Vol,12-(No.18) 『微笑み』

Vol,11-(No.17) 『カレンの少女』

Vol,10-(No.16) 『密輸ルート』

Vol,9-(No.15) 『フェリーの稼ぎ時』

Vol,8-(No.14) 『私のバッグ返して』

Vol,7-(No.13) 『ワンちゃんと一緒にお昼寝』

Vol,6-(No.12) 『親子の瞳』

Vol,5-(No.11) 『難民キャンプの子供』

Vol,4-(No.10) 『水中絵画』

Vol,3-(No.9) 『道端の乞食』

Vol,2-(No.8) 『御利益のある日本人納骨堂』

Vol,1-(No.7) 『おじいちゃん、写真撮って!』

『国境の町メーサーイ』

seto105420

 チャンラーイ県メーサーイの小高い山の階段をゆっくり上り、数年の間に繁栄したビルマのターキーレックのきちんと整った綺麗な街並みを眺めているとそよ風に打たれて立ち尽くしてしまう。写真は下に見える橋から右手がメーサーイで、左手木陰からがターキーレック。

僕の独り言

 納骨堂の取材が終わり、サパーン・プッの橋の下で友人が来るのを待つ間、チャウパヤーの河の流れを行き交うボートを見つめていた。すると、歩道沿いに屋台を並べていたおじさんが椅子をぶら下げてやってきた。「おじいちゃん、疲れるでしょう。椅子にお掛け下さい。」と優しい声が風に乗って流れてきた。お礼を言って休んでいると、今度は飲み物をぶら下げて「どうぞ」と差し出した。なんとありがたいこと。老人を大事にするタイの心から行う行為なのだ。
 公園に走りに行ったらいつも僕が走っているコースは映画の撮影ロケに使われていてシャットアウト。主役やエキストラ、裏方を含めたら100人位の大掛かりなロケだった。

(瀬戸)