Dr.久米の歯科コラム

Vol,85-(No.105) 歯医者に“遠慮”って?

Vol,84-(No.104) 医者とのいい関係 ②

Vol,83-(No.103) 医者とのいい関係

Vol,82-(No.102) 歯並びについて

Vol,81-(No.101) 読者プレゼント

Vol,80-(No.100) 謙虚になること

Vol,79-(No.99) 日本の歯科治療と日本文化

Vol,78-(No.98) 日本の歯科は遅れている

Vol,77-(No.97) インレー

Vol,76-(No.96) 上顎洞炎

Vol,75-(No.95) キッズデンタルパーク

Vol,74-(No.94) ワシントンの歯の苦労

Vol,73-(No.93) 口腔癌

Vol,72-(No.92) シュミテクト

Vol,71-(No.91) 感謝の気持ち

Vol,70-(No.90) 虫歯の原因って…

Vol,69-(No.89) 痛みなんかで…

Vol,68-(No.88) ご自分の歯の模型と治療記録

Vol,67-(No.87) インプラント

Vol,66-(No.86) ちょっと怖い歯周病があります

Vol,65-(No.85) タイのデンタルフェスタにて

Vol,64-(No.84) 歯の掃除って何回にも…

Vol,63-(No.83) 日本の歯科って…

Vol,62-(No.82) 子供1人産むと歯を1本失う

Vol,61-(No.81) ソンクラーンは情報収集

Vol,60-(No.80) 問診って大切です!

Vol,59-(No.79) 3D技術で顔面修復

Vol,58-(No.78) 電 話

Vol,57-(No.77) クリント・イーストウッドは…

Vol,56-(No.76) マウスピース

Vol,55-(No.75) ユマニチュード

Vol,54-(No.74) 帰国のシーズンです

Vol.53-(No.73) 入れ歯は完成した時が…

Vol,52-(No.72) タバコ

Vol,51-(No.71) いびき

Vol,50-(No.70) 民間の保険

Vol,49-(No.69) 子供の歯周病

Vol,48-(No.68) 道具を一つ増やしてみませんか

Vol,47-(No.67) 日本はすぐに神経をとる

Vol,46-(No.66) タイはすぐに歯を抜く

Vol,45-(No.65) リベース

Vol,44-(No.64) 女優さんと歯

Vol,43-(No.63) 日本で使われている…

Vol,42-(No.62) やはり知っておくべきです

Vol,41-(No.61) お医者さんに病名を言って…

Vol,40-(No.60) 下顎安静位

Vol,39-(No.59) 人生の流れで歯の事…

Vol,38-(No.58) 文化程度と歯の健康度

Vol,37-(No.57) ブリーチングは…

Vol,36-(No.56) 3Dプリンター

Vol,35-(No.55) ひどいニュースに…

Vol,34-(No.54) 過去のコラムをメールで…

Vol,33-(No.53) 医学知識がないと…

Vol,32-(No.52) 歯磨き後の口は…

Vol,31-(No.51) ステイン

Vol,30-(No.50) フロスと歯間ブラシ

Vol,29-(No.49) ピアスがあるから…

Vol,28-(No.48) 歯ぎしり

Vol,27-(No.47) 問 診

Vol,26-(No.46) ブリーチング

Vol,25-(No.45) アソアライナー

Vol,24-(No.44) 日本人は歯の健康状態が…

Vol,23-(No.43) 予約について

Vol,22-(No.42) ミニインプラント

Vol,21-(No.41) 乳歯でアンチエイジング

Vol,20-(No.40) 牛乳からつくった虫歯修復材

Vol,19-(No.39) フッ素のうがい薬

Vol,18-(No.38) うがい薬

Vol,17-(No.37) ペングリップ

Vol,16-(No.36) 電動歯ブラシってどうですか?

Vol,15-(No.35) ハミガキ

Vol,14-(No.34) 歯科の世界も国際化

Vol,13-(No.33) 前歯のコンプレックス

Vol,12-(No.32) 歯周内科

Vol,11-(No.31) 金属アレルギー

Vol,10-(No.30) スマイル入れ歯

Vol,9-(No.29) 入れ歯

Vol,8-(No.28) 歯の色の素材いろいろ

Vol,7-(No.27) 日本人は歯にたいしての…

Vol,6-(No.26) カスタマーとクライアント

Vol,5-(No.25) お得情報

Vol,4-(No.24) 丁寧にしっかりと…

Vol,3-(No.23) タイの歯医者さんと日本の…

Vol,2-(No.22) タイでも使える日本の…

Vol,1-(No.21) 話題になったコラムが…

リベース

 不幸にもすべての歯を失って上下共総入れ歯になってしまった方の中に、「もう歯は1本も無いし、今更歯の磨き方なんて考え直す必要もないわ。だって磨く歯が無いんだから。」と口の健康に関する知識はもう必要なしとある意味サバサバとした気持ちでいる方もいらっしゃる様です。確かに歯は無いので歯の磨き方を学んでも今更です。しかし事はそう簡単ではありません。適合の悪い入れ歯をしていれば顎堤と呼ばれる入れ歯を支える部分が減ってきてしまいます。すると入れ歯がガタガタしやすくなってしまって不愉快な事この上なしとなります。背の高い山をまたいで乗るのと背の低い山に乗るのでは安定性に差が出るのは直感的にもイメージしやすいはずです。実際、顎堤が低くなってまっ平らとなってしまった方は少なくありません。この場合、歯医者の方は「これはどれだけ工夫しようが通常の入れ歯だと安定性が悪く、あまり患者さんにとって快適な入れ歯を作るのは難しいな。」と思っています。通常で難しいなら通常でない物なら可能性があるのかとなりますが、それはインプラントです。インプラントも顎堤を作る骨が十分でないので人工骨を使ったり、上顎洞を上に持ち上げて骨の厚みを確保するという“技”が必要になるでしょう。適合の悪い入れ歯→顎堤が失われる→安定の良い入れ歯を作るのが難しくなる→安定の悪い入れ歯は顎堤を破壊する→もっと入れ歯作りが難しくなる。の悪い循環にはまってしまいます。入れ歯の安定が良くても、「よし満足。」とそこで終わってしまっては落とし穴がありますから油断禁物です。理想的な入れ歯が手に入ったとしてもその時点でピッタリしているというだけです。1年後もピッタリという事を保証していません。歳を取れば顔形が少し変わります。同じ様に顎堤も変化します。入れ歯の方は形が変わりませんから作った時よりは適合が悪くなっているはずです。年齢からくる顎堤の変化に合わせる様に入れ歯の内面も時々合わせ直してやればピッタリ度はかなり保てる事になります。この操作を歯医者はリベースと呼んでいます。いくら調子がいいと感じている入れ歯であっても10年もピッタリという事はあり得ないはずです。ですから自覚症状とは関係なしに数年に一回は歯科医院で入れ歯の適合度のチェックは必要です。しかしこの事が日本の常識になっているかというと「まったく常識にはなっていない。」と答えざるを得ない状態です。「入れ歯の安定性も良くて何の不満もないのですが、作ってからだいぶ時間が経っているのでチェックをお願いします。」という事で来られた患者さんは私の歯医者人生で皆無です。それどころか「だいぶゆるんできたので合わせ直してもらえますか。」という事で来られた患者さんも非常に少ないです。リベースという医療行為自体があまり知られていない事が一つの理由で、入れ歯はどこで作るか(どれだけ入れ歯名人の歯医者に巡りあえるか)が問題で、出来上がった後の事を考えられていないのが問題です。
 以前、NHKの番組で「どんな患者さんでも1日で噛める入れ歯にしてくれる歯医者さん」というのをやっていました。タイトルだけ見ると魔法使いの歯医者さんみたいですが、そこで紹介されていた歯医者さんがやっていたのは単にリベースをやっていただけでした。ただのリベースでNHKの番組タイトルの様に思われるという事は、近くの歯医者さんがあまりしないからでしょう。またリベースを要求する患者さんが少ないからでしょう。歯医者がしないから患者さんも知らない。患者さんは知らないから要求する事がないから歯医者もしないとこちらも変なグルグル回りになっていますね。適合の悪い入れ歯をしていると顎堤に掛かる力が部位によってチグハグになってしまって、一度変な力が掛からない様にして、変形した顎堤を元に戻すという操作があります。ティッシュコンディショニングと呼んでいます。やっている作業はリベースと似たような事です。「入れ歯の調子が悪いので新しく作りたい」と来られた患者さんで顎堤が変形しているので型採りする前にまず顎堤を戻そうと、ティッシュコンディショニングすると患者さんの表情が一変して、私を名医と言い出した事がありました。まだ入れ歯を作ったわけでもないのにです。よほどピッタリとした入れ歯に巡り会えた事がなかったのでしょう。リベースにはこれ程の効果のある事もありますから是非とも知っておくべき事ですね。
 顎堤は歳と共に変化するが、入れ歯の形は時間が経っても変わらないと書きましたが、人工歯の方はすり減って平になります。こちらも問題があるのですがスペースが無くなったのでまたの機会にします。結果だけ言うと、人工歯取替えという事もできますが、作り直した方が良い結果になります。今お使いの入れ歯の人工歯が山の無いすり減った状態なら早く作り直す事を相談にいかれた方がいいです。