Dr.久米の歯科コラム

Vol,85-(No.105) 歯医者に“遠慮”って?

Vol,84-(No.104) 医者とのいい関係 ②

Vol,83-(No.103) 医者とのいい関係

Vol,82-(No.102) 歯並びについて

Vol,81-(No.101) 読者プレゼント

Vol,80-(No.100) 謙虚になること

Vol,79-(No.99) 日本の歯科治療と日本文化

Vol,78-(No.98) 日本の歯科は遅れている

Vol,77-(No.97) インレー

Vol,76-(No.96) 上顎洞炎

Vol,75-(No.95) キッズデンタルパーク

Vol,74-(No.94) ワシントンの歯の苦労

Vol,73-(No.93) 口腔癌

Vol,72-(No.92) シュミテクト

Vol,71-(No.91) 感謝の気持ち

Vol,70-(No.90) 虫歯の原因って…

Vol,69-(No.89) 痛みなんかで…

Vol,68-(No.88) ご自分の歯の模型と治療記録

Vol,67-(No.87) インプラント

Vol,66-(No.86) ちょっと怖い歯周病があります

Vol,65-(No.85) タイのデンタルフェスタにて

Vol,64-(No.84) 歯の掃除って何回にも…

Vol,63-(No.83) 日本の歯科って…

Vol,62-(No.82) 子供1人産むと歯を1本失う

Vol,61-(No.81) ソンクラーンは情報収集

Vol,60-(No.80) 問診って大切です!

Vol,59-(No.79) 3D技術で顔面修復

Vol,58-(No.78) 電 話

Vol,57-(No.77) クリント・イーストウッドは…

Vol,56-(No.76) マウスピース

Vol,55-(No.75) ユマニチュード

Vol,54-(No.74) 帰国のシーズンです

Vol.53-(No.73) 入れ歯は完成した時が…

Vol,52-(No.72) タバコ

Vol,51-(No.71) いびき

Vol,50-(No.70) 民間の保険

Vol,49-(No.69) 子供の歯周病

Vol,48-(No.68) 道具を一つ増やしてみませんか

Vol,47-(No.67) 日本はすぐに神経をとる

Vol,46-(No.66) タイはすぐに歯を抜く

Vol,45-(No.65) リベース

Vol,44-(No.64) 女優さんと歯

Vol,43-(No.63) 日本で使われている…

Vol,42-(No.62) やはり知っておくべきです

Vol,41-(No.61) お医者さんに病名を言って…

Vol,40-(No.60) 下顎安静位

Vol,39-(No.59) 人生の流れで歯の事…

Vol,38-(No.58) 文化程度と歯の健康度

Vol,37-(No.57) ブリーチングは…

Vol,36-(No.56) 3Dプリンター

Vol,35-(No.55) ひどいニュースに…

Vol,34-(No.54) 過去のコラムをメールで…

Vol,33-(No.53) 医学知識がないと…

Vol,32-(No.52) 歯磨き後の口は…

Vol,31-(No.51) ステイン

Vol,30-(No.50) フロスと歯間ブラシ

Vol,29-(No.49) ピアスがあるから…

Vol,28-(No.48) 歯ぎしり

Vol,27-(No.47) 問 診

Vol,26-(No.46) ブリーチング

Vol,25-(No.45) アソアライナー

Vol,24-(No.44) 日本人は歯の健康状態が…

Vol,23-(No.43) 予約について

Vol,22-(No.42) ミニインプラント

Vol,21-(No.41) 乳歯でアンチエイジング

Vol,20-(No.40) 牛乳からつくった虫歯修復材

Vol,19-(No.39) フッ素のうがい薬

Vol,18-(No.38) うがい薬

Vol,17-(No.37) ペングリップ

Vol,16-(No.36) 電動歯ブラシってどうですか?

Vol,15-(No.35) ハミガキ

Vol,14-(No.34) 歯科の世界も国際化

Vol,13-(No.33) 前歯のコンプレックス

Vol,12-(No.32) 歯周内科

Vol,11-(No.31) 金属アレルギー

Vol,10-(No.30) スマイル入れ歯

Vol,9-(No.29) 入れ歯

Vol,8-(No.28) 歯の色の素材いろいろ

Vol,7-(No.27) 日本人は歯にたいしての…

Vol,6-(No.26) カスタマーとクライアント

Vol,5-(No.25) お得情報

Vol,4-(No.24) 丁寧にしっかりと…

Vol,3-(No.23) タイの歯医者さんと日本の…

Vol,2-(No.22) タイでも使える日本の…

Vol,1-(No.21) 話題になったコラムが…

タイはすぐに歯を抜く

 日本人にはあまり馴染みのない病院かもしれませんが、BNH病院という所に行くと抜歯を宣告されたそうです。「タイはすぐに抜くって聞きますからここはセカンドオピニオンを頂きたいのですが。」という事でした。こちらの病院はレントゲンをもらえますからそれも持って来て頂きました。結果から言うと私の診断も「抜歯」でした。三人の歯医者が当該の歯をどうするかで相談していたそうです。そして方向を変えてもう1枚レントゲンを撮ったそうで写真は2枚ありました。この三人の歯医者さんは一人は歯周病の専門医でこれは確実です。残りの二人が何であるかははっきりしませんが外科か歯を作る補綴科かな。この三人の間で交わされた会話は大体想像がつきます。決して残せる歯を抜いてせこく儲けてなんて事を相談していたんじゃないはずです。そんな医道に外れた事をする所が専門医三人に一生懸命考えさせたりしないのではないでしょうか。ましてや僅かな可能性を探ってもう1枚撮っています。そしてやはり抜歯となった時の三人の落胆の表情も目に浮かぶ様です。同じ歯を抜くにしてもこれ位残す可能性を探ってくれた上での事であればあきらめもつくと言うものです。となると、これだけの事をしてもらっていながら「タイではすぐ歯を抜くから・・」という言葉が非常に失礼というものです。この患者さんは以降BNHで一層の信頼感を持って歯科医療を受けられる事と思います。しかしこの「タイはすぐに抜くって」ってどこから来たんでしょうか?そしてどうして日本人はありそうな事と受け止めてしまうのでしょうか?地方からバンコクに出稼ぎに来ている人はそこら中にいます。そしてその人達の給与って1万Bあるのかな?そんな出稼ぎ労働者の歯ですが一見すると何も問題が無さそうに見えます。むしろ歯並びガタガタが普通の日本人からすると羨ましい位に見えるかもしれません。でもよく見ると奥歯1本(たいてい第一大臼歯)が抜けている事があります。虫歯になれば痛みも出るでしょう。痛みが出れば歯医者に行きます。神経の処置だけでバンコクでは1万Bは超えるはずです。そのあと歯の心棒、クラウンとなれば数万Bです。数万Bは出せないけれど痛みは止めて欲しいと言われれば「抜歯」を提示されるでしょう。出稼ぎ労働者の事情とか田舎の事情であれば「すぐ抜く」となるのかもしれません。要は支払える治療費が抜歯程度、入れ歯といった安いものとなります。しかしタイには技工所はたくさんあって、日本人だと清水の舞台から二、三回飛び降りないとできないようなオールセラミックがたくさん出ています。神経の処置をしてもそれだけの歯を助けているという事になります。一部例外を除いて医者、歯医者が誤魔化したり騙したりといったのは見ません。一部例外と書いたのは残念ながらそんな歯医者もいました。個人医院ならそんな事もできるでしょうけれど大病院だと難しいのではと思いたいのですが、どうも私の目から見てとても黒い病院が日本人のお馴染みにある様に思います。あまりせまい地域で固まっていないで上記の方の様にセカンドオピニオン求められれば不幸は避けられるのでは。
 「タイはすぐに抜く」ってなら日本は何だ?!抜くのは逃げる歯医者さんが多いですね。患者さんからゴチャゴチャ言われるのがイヤな人が多いからでしょう。ですから逆にその患者さんに必要と判断すれば毅然と抜歯を主張する先生は光り輝いて見えます。あまりいませんが。実はもっと怖い真相が日本の歯科にはあります。それは「日本では簡単に神経をとる。」です。これを読んでおられる方。たいていの人は1本、2本神経をとられているはずです。中には神経が残っている歯はもう無いという人も少なくないはずです。日本以外では考えられない現象です。理由の一つは神経をとる費用が考えらない位安い事です。費用が安いし神経をとった後も歯はあるわけで患者さんは問題意識をあまり持たない様です。アメリカの治療費が高いのを例外とはしたくはないですが、ここでは例外とします。当院の患者さんがカナダで小臼歯の神経の処置が10万円弱だった様です。日本では5千円程度!カナダで20本も神経をとる治療を受けている人は少なくとも経済的に余裕がありそうです。10万円弱というのは神経の処置だけであとに心棒、クラウンが必要になりますから総額は二倍、三倍です。実際根っこの治療が終わった所でタイに来る事があるという事で残りの処置を当院で致しました。歯の治療に相当費用を掛けた方ですが、それでももう少し安くならないかと言うのが本音ですね。
 10本も神経をとる事になればまた同じ事にならない様に予防するのが普通の人のはずです。懲りもせずその後も何度も神経をとる処置を受けているとしたらアメリカ社会では「アホ!」のレッテルを貼られます。異論をお持ちならアメリカ人に「私は神経の処置を10本以上受けています」って言ってみればおもしろい事が起こるかもしれませんよ。
 もう一つ、日本がすぐに神経とるのは文句言いの国民性かもしれません。神経残せるかな?危ないかもしれないけれど残してみようなんてやってみて狙い通りいけばいいですが、中には痛みが出ます。痛みが出るとうるさくなる人が残念ですが中にはいます。神経残せるかもしれないけれどダメかもしれません。決して100%の処置ではありません。と念を押していても歯医者の言葉なんて聞いてない人は珍しくありません。痛みがあるかどうかだけ。以前クライアントとカスタマーで書きましたが、中にはカスタマー気取りで暴言吐く人もいます。いわゆるモンスターペイシャントです。すでに予定の長さを超えてしまっています。続きはまたの機会にでも。