Dr.久米の歯科コラム

Vol,85-(No.105) 歯医者に“遠慮”って?

Vol,84-(No.104) 医者とのいい関係 ②

Vol,83-(No.103) 医者とのいい関係

Vol,82-(No.102) 歯並びについて

Vol,81-(No.101) 読者プレゼント

Vol,80-(No.100) 謙虚になること

Vol,79-(No.99) 日本の歯科治療と日本文化

Vol,78-(No.98) 日本の歯科は遅れている

Vol,77-(No.97) インレー

Vol,76-(No.96) 上顎洞炎

Vol,75-(No.95) キッズデンタルパーク

Vol,74-(No.94) ワシントンの歯の苦労

Vol,73-(No.93) 口腔癌

Vol,72-(No.92) シュミテクト

Vol,71-(No.91) 感謝の気持ち

Vol,70-(No.90) 虫歯の原因って…

Vol,69-(No.89) 痛みなんかで…

Vol,68-(No.88) ご自分の歯の模型と治療記録

Vol,67-(No.87) インプラント

Vol,66-(No.86) ちょっと怖い歯周病があります

Vol,65-(No.85) タイのデンタルフェスタにて

Vol,64-(No.84) 歯の掃除って何回にも…

Vol,63-(No.83) 日本の歯科って…

Vol,62-(No.82) 子供1人産むと歯を1本失う

Vol,61-(No.81) ソンクラーンは情報収集

Vol,60-(No.80) 問診って大切です!

Vol,59-(No.79) 3D技術で顔面修復

Vol,58-(No.78) 電 話

Vol,57-(No.77) クリント・イーストウッドは…

Vol,56-(No.76) マウスピース

Vol,55-(No.75) ユマニチュード

Vol,54-(No.74) 帰国のシーズンです

Vol.53-(No.73) 入れ歯は完成した時が…

Vol,52-(No.72) タバコ

Vol,51-(No.71) いびき

Vol,50-(No.70) 民間の保険

Vol,49-(No.69) 子供の歯周病

Vol,48-(No.68) 道具を一つ増やしてみませんか

Vol,47-(No.67) 日本はすぐに神経をとる

Vol,46-(No.66) タイはすぐに歯を抜く

Vol,45-(No.65) リベース

Vol,44-(No.64) 女優さんと歯

Vol,43-(No.63) 日本で使われている…

Vol,42-(No.62) やはり知っておくべきです

Vol,41-(No.61) お医者さんに病名を言って…

Vol,40-(No.60) 下顎安静位

Vol,39-(No.59) 人生の流れで歯の事…

Vol,38-(No.58) 文化程度と歯の健康度

Vol,37-(No.57) ブリーチングは…

Vol,36-(No.56) 3Dプリンター

Vol,35-(No.55) ひどいニュースに…

Vol,34-(No.54) 過去のコラムをメールで…

Vol,33-(No.53) 医学知識がないと…

Vol,32-(No.52) 歯磨き後の口は…

Vol,31-(No.51) ステイン

Vol,30-(No.50) フロスと歯間ブラシ

Vol,29-(No.49) ピアスがあるから…

Vol,28-(No.48) 歯ぎしり

Vol,27-(No.47) 問 診

Vol,26-(No.46) ブリーチング

Vol,25-(No.45) アソアライナー

Vol,24-(No.44) 日本人は歯の健康状態が…

Vol,23-(No.43) 予約について

Vol,22-(No.42) ミニインプラント

Vol,21-(No.41) 乳歯でアンチエイジング

Vol,20-(No.40) 牛乳からつくった虫歯修復材

Vol,19-(No.39) フッ素のうがい薬

Vol,18-(No.38) うがい薬

Vol,17-(No.37) ペングリップ

Vol,16-(No.36) 電動歯ブラシってどうですか?

Vol,15-(No.35) ハミガキ

Vol,14-(No.34) 歯科の世界も国際化

Vol,13-(No.33) 前歯のコンプレックス

Vol,12-(No.32) 歯周内科

Vol,11-(No.31) 金属アレルギー

Vol,10-(No.30) スマイル入れ歯

Vol,9-(No.29) 入れ歯

Vol,8-(No.28) 歯の色の素材いろいろ

Vol,7-(No.27) 日本人は歯にたいしての…

Vol,6-(No.26) カスタマーとクライアント

Vol,5-(No.25) お得情報

Vol,4-(No.24) 丁寧にしっかりと…

Vol,3-(No.23) タイの歯医者さんと日本の…

Vol,2-(No.22) タイでも使える日本の…

Vol,1-(No.21) 話題になったコラムが…

日本はすぐに神経をとる

 前回はBNH病院で抜歯を宣告され、「タイではすぐ歯を抜くと聞くので、セカンドオピニオンを聞いておいた方がいいのでは」と当院に来られた患者さんがいらっしゃいました。という話から、日本人の中で半ば都市伝説化した「タイではすぐ歯を抜く」とは逆に、三人のスペシャリストがなんとか歯を残す道を検討してくれていた姿が浮かび上がったという話へ続き、じゃ日本はと言う事で、実は「日本では簡単に神経とっちゃいます。」という話の途中で終わってしまいました。今回はその続きです。
 日本の事を世界の中ですばらしい国と信じて疑わない人が一般的だと思いますが、そういった人達には信じられない事かもしれません。しかしご自分の口の中で何本神経がとられた歯があるか数えてみてください。また身近な人、配偶者、友人、親兄弟。1本もとられていない人って例外と言えるほど少数なはずです。10本以上なんて人も珍しくないはずです。日本では神経の治療は世界的に見て、話にならない位安い料金設定です。治療内容も値段に合わせるかの如くお粗末ですが。アメリカの治療費を問題視して“Sicko”という映画を作ったマイケル・ムーアが天国の如く描いたカナダでも、神経の処置は日本人を驚かせる料金です。そんなカナダよりも安い料金設定のタイでも、日本人には受け入れがたい高額な料金です。根っこ1本なら日本では5,000円以下です。実際は3割負担ですからタダみたいなものです。タイでは5,000バーツ位はするはずです。根っこ3本になると日本では1万円以下。実質負担3,000円以下。やはりとやかく言う料金ではありません。20本神経を抜く事になっても経済的にどうこう言う事もありません。これがタイで、20本も神経の処置をするとしたら家計を圧迫する額になります。医療費が数段高いシンガポールや香港なら目眩がするほどでしょう。フランスなどのヨーロッパなら香港など比べ物になりません。アメリカならと考えると考えたくもない話になります。世界的に見て10本も神経をとられる処置を受けている人なんてそうはいないはずです。日本がいかに異常かがここに表れています。信じられないならアメリカ人や日本人以外の人に「私は10本以上歯の神経の処置を受けています。」と言ってみてください。おもしろい事が起こるはずです。
 そしてこれほど日本でだけ歯の神経が粗末に扱われる理由ですが、一つは安い料金設定です。もう一つの理由として日本人の文句言いの国民性にあると思います。日本製品の良さは、世界で一番うるさい日本人を納得させるものだから世界で良い物として受け入れられると邱永漢が書かれていました。うるさい消費者の声を反映させて、消費者に受け入れられる様な物を作る努力が日本製品の強さの秘密という事です。確かにその一面はあると思います。ここで以前お書きしたクライアントとカスタマーの話に繋がります。神経を残せるかどうか怪しい場合、神経を残す処置というものはあります。ただし100%成功するとは限らない処置です。歯医者が、「歯医者は歯を守る仕事なんだから、神経を残せる可能性があるなら全力で残す努力をするべきだ」とやってみて、結果として残せない事も起こります。その時患者さんには痛みが出ます。痛みが出るかもしれない処置ですから、歯医者さんはその事を患者さんにきっちりと説明しておかなければなりません。しかし百人患者さんがいれば、中には歯医者の言っている事を聞いていない人もいます。そして「あそこの歯医者に行ったら痛みの無かった歯が痛くなって、その後神経をとるはめになった」と歯医者さんを悪者扱いにします。歯医者仲間でこういった話題が上がると、「青臭い正義感を持ってやるからそんな事になるんだ。患者ってのは痛みがあるかどうかしか考えてないんだから。痛みが出る可能性のある事はやっちゃダメ」という意見が必ず出ます。日本国民の医療の意識がもっと高ければ、青臭いと言われる医療は当然となるのでしょうが、レベルの低い国民相手なら後者の意見が現実的な処置となるのでしょう。私は大阪の出身ですが、神戸寄りの地域、西宮から三宮の地域の患者さんと、寝屋川、枚方、岸和田といった衛星都市の患者さんでは明らかにこの部分で違いを感じました。また私が尊敬する、歯科医療に大変な情熱をお持ちの先生が「歯科治療を受けるにはそれなりの資格が必要」と言われた事があります。資格といっても国家試験の様なものではなく、それなりの文化水準が必要という意味です。先の話で歯医者には説明責任があると書きましたが、歯医者の話を遮断して「話なんてどうでもいいから痛みのない様にしてくれたらそれでいいから。早くやってくれ」という患者さんはやはりいます。やはり人によって処置は変えなければならないのでしょう。
 したり顔で「タイは(後進国だから)すぐに歯を抜く」なんて言っている人たちにこの現実をしっかりと考えて頂きたいと思います。タイの事を下に見るほど日本って立派な文化ですか?よその国の人たちよりも歯の健康の事を大切に考えていますか?自分達は世界で一流だと根拠もなく思っている人たちにその根拠は何ですか?と問いたい。そして本当に世界の中で一流の国民になろうではありませんか。