Dr.久米の歯科コラム

Vol,85-(No.105) 歯医者に“遠慮”って?

Vol,84-(No.104) 医者とのいい関係 ②

Vol,83-(No.103) 医者とのいい関係

Vol,82-(No.102) 歯並びについて

Vol,81-(No.101) 読者プレゼント

Vol,80-(No.100) 謙虚になること

Vol,79-(No.99) 日本の歯科治療と日本文化

Vol,78-(No.98) 日本の歯科は遅れている

Vol,77-(No.97) インレー

Vol,76-(No.96) 上顎洞炎

Vol,75-(No.95) キッズデンタルパーク

Vol,74-(No.94) ワシントンの歯の苦労

Vol,73-(No.93) 口腔癌

Vol,72-(No.92) シュミテクト

Vol,71-(No.91) 感謝の気持ち

Vol,70-(No.90) 虫歯の原因って…

Vol,69-(No.89) 痛みなんかで…

Vol,68-(No.88) ご自分の歯の模型と治療記録

Vol,67-(No.87) インプラント

Vol,66-(No.86) ちょっと怖い歯周病があります

Vol,65-(No.85) タイのデンタルフェスタにて

Vol,64-(No.84) 歯の掃除って何回にも…

Vol,63-(No.83) 日本の歯科って…

Vol,62-(No.82) 子供1人産むと歯を1本失う

Vol,61-(No.81) ソンクラーンは情報収集

Vol,60-(No.80) 問診って大切です!

Vol,59-(No.79) 3D技術で顔面修復

Vol,58-(No.78) 電 話

Vol,57-(No.77) クリント・イーストウッドは…

Vol,56-(No.76) マウスピース

Vol,55-(No.75) ユマニチュード

Vol,54-(No.74) 帰国のシーズンです

Vol.53-(No.73) 入れ歯は完成した時が…

Vol,52-(No.72) タバコ

Vol,51-(No.71) いびき

Vol,50-(No.70) 民間の保険

Vol,49-(No.69) 子供の歯周病

Vol,48-(No.68) 道具を一つ増やしてみませんか

Vol,47-(No.67) 日本はすぐに神経をとる

Vol,46-(No.66) タイはすぐに歯を抜く

Vol,45-(No.65) リベース

Vol,44-(No.64) 女優さんと歯

Vol,43-(No.63) 日本で使われている…

Vol,42-(No.62) やはり知っておくべきです

Vol,41-(No.61) お医者さんに病名を言って…

Vol,40-(No.60) 下顎安静位

Vol,39-(No.59) 人生の流れで歯の事…

Vol,38-(No.58) 文化程度と歯の健康度

Vol,37-(No.57) ブリーチングは…

Vol,36-(No.56) 3Dプリンター

Vol,35-(No.55) ひどいニュースに…

Vol,34-(No.54) 過去のコラムをメールで…

Vol,33-(No.53) 医学知識がないと…

Vol,32-(No.52) 歯磨き後の口は…

Vol,31-(No.51) ステイン

Vol,30-(No.50) フロスと歯間ブラシ

Vol,29-(No.49) ピアスがあるから…

Vol,28-(No.48) 歯ぎしり

Vol,27-(No.47) 問 診

Vol,26-(No.46) ブリーチング

Vol,25-(No.45) アソアライナー

Vol,24-(No.44) 日本人は歯の健康状態が…

Vol,23-(No.43) 予約について

Vol,22-(No.42) ミニインプラント

Vol,21-(No.41) 乳歯でアンチエイジング

Vol,20-(No.40) 牛乳からつくった虫歯修復材

Vol,19-(No.39) フッ素のうがい薬

Vol,18-(No.38) うがい薬

Vol,17-(No.37) ペングリップ

Vol,16-(No.36) 電動歯ブラシってどうですか?

Vol,15-(No.35) ハミガキ

Vol,14-(No.34) 歯科の世界も国際化

Vol,13-(No.33) 前歯のコンプレックス

Vol,12-(No.32) 歯周内科

Vol,11-(No.31) 金属アレルギー

Vol,10-(No.30) スマイル入れ歯

Vol,9-(No.29) 入れ歯

Vol,8-(No.28) 歯の色の素材いろいろ

Vol,7-(No.27) 日本人は歯にたいしての…

Vol,6-(No.26) カスタマーとクライアント

Vol,5-(No.25) お得情報

Vol,4-(No.24) 丁寧にしっかりと…

Vol,3-(No.23) タイの歯医者さんと日本の…

Vol,2-(No.22) タイでも使える日本の…

Vol,1-(No.21) 話題になったコラムが…


道具を一つ増やしてみませんか

 歯の磨き方というテーマはよくありますし、歯磨き指導が日本の保険に導入されているので歯科衛生士さんからも話を聞かれた方も多い事と思います。「適切な歯ブラシはこんなものですよ、そして握り方はこうで、動かし方は…」と続きます。前にもここでペングリップ、バス法というのを紹介しましたが、定番と言っていいテーマです。実際、こういった話を聞いたり、指導を受けて良くなる人はいます。これはこれでいい事ですが、一方であまり効果が無いという人も確実にいます。私の知る限り、こういったこぼれた方の対策を聞いた事がありません。大体は定番の指導を繰り返されるばかりです。未だに歯科疾患で多くの方が困っておられるのですから、口の中の清掃の理想ばかり追い求めないで、今よりもいい状態にできれば良い位に目標を下げれば、もっと色々な対策を考えられるのではないかと以前から考えていました。発想を変える、着眼点を変えるという事です。
 まず一般的な清掃状況を思い浮かべれば、歯ブラシ1本で対応している人が多いと思います。歯ブラシ以外の清掃用具のフロスや歯間ブラシを追加してもらえれば、絶対に昨日よりもいい状態になるはずです。1日1回の人には2回にしてもらえれば絶対に良くなります。間違った使い方をしない限り昨日よりも悪くなる事はまず無く、ほとんどの方で結果が良くなるはずです。バス法がどうも性に合わないという人で我流でやっておられる人にも効果があるはずです。性に合わない磨き方にこだわらなくていいので、ハードルが低くなり効果的です。
 歯磨きの道具から始めると、種類として、①歯ブラシ、②フロス、③歯間ブラシ、それに④電動歯ブラシを加えてもいいと思います。歯ブラシと歯間ブラシを使われていた人が電動歯ブラシを加えれば歯ブラシとフロスの盲点になっていたところを電動歯ブラシがある程度は改善してくれるでしょう。余談ですがウォーターピックという水流で掃除をする物があります。詰まった食べかすの除去には効果があり一般受けもいいのですが、歯垢(プラーク)の除去にはあまり効果が無いとされていますので注意が必要です。キレイになった感覚になる様ですが、あくまで感覚でそう思っているだけで実際には歯垢はとれていないという事もあります。そういった意味では歯磨き粉はミントなどの香料が入っていて感覚的にスカッとした気分にしてくれますが、感覚でスカッとしただけで歯垢の方はそのままという事もあります。感覚で判断しない方がいいです。
 道具を増やしてみるのは割とハードルも低く実践されやすいと思います。そしてもう一つは1日1回よりも2回、2回より3回と磨く回数を増やす事です。習慣になっている事なので、こちらは道具を増やすよりもハードルが高いかもしれません。虫歯予防には回数を多くする事は最高の予防方法です。しかし歯周病予防の為には回数を増やす事はそれほど効果のあるものでは無い様です。以前にもお書きしましたが、20歳までは虫歯予防が重要で、それ以降は歯周病予防に重心を置くべきです。ですからお子さんの歯磨きは回数を重ねるという様にして、親は歯周病予防ですから回数よりも丁寧な磨き方となりますので、歯周病予防では苦労の割に効果が無いかもしれません。
 次は磨き方を変える。どうも歯医者さんや衛生士さんはバス法一点張りですが、色々な磨き方があります。①あまり良くありませんが、横磨き(小学生の頃教えられた)②ローリング法(上の歯は上から下に、下の歯は下から上にという磨き方です。)他にもチャーターズ法とかフォーンズ法など色々な磨き方があります。一度ネットでどんな磨き方があるか眺めてみられてはどうでしょうか。まずはローリング法で、次はバス法で、その後はチャーターズ法で。とやればそれ程面倒な気もせず、いつもの三倍の時間磨けるものです。気分が変わるっていいですね。
 後はプラーク染色と言って、磨いた後に歯垢染色剤を使うと磨けていない盲点となっている部分が着色されて、ダメな所が一目瞭然というものです。「歯垢染色剤」でGoogle検索すればけっこうあちこちで売られているので簡単に手に入ります。歯磨きの度にプラーク染色して完璧を期すのもいいですが、それだと毎回テストされている気になってイヤになってしまうかもしれません。遊び感覚でやれば楽しいかも。特にお子さんに歯磨きさせるのに使うとけっこう喜んで利用されるかもしれませんね。
 努力や辛抱もいい事ですが、楽しめて行えれば実践されやすいでしょうし、習慣として定着できるというものです。「歯磨きはこうしろ。」なんて言われるよりも、「何でもいいから道具を1つ増やしてみましょうか。」と提案してもらえる方が多くの人を対象にするなら現実的かもしれません。たったこれだけの事で、昨日よりも歯磨き名人になれるのですから。