Dr.久米の歯科コラム

Vol,85-(No.105) 歯医者に“遠慮”って?

Vol,84-(No.104) 医者とのいい関係 ②

Vol,83-(No.103) 医者とのいい関係

Vol,82-(No.102) 歯並びについて

Vol,81-(No.101) 読者プレゼント

Vol,80-(No.100) 謙虚になること

Vol,79-(No.99) 日本の歯科治療と日本文化

Vol,78-(No.98) 日本の歯科は遅れている

Vol,77-(No.97) インレー

Vol,76-(No.96) 上顎洞炎

Vol,75-(No.95) キッズデンタルパーク

Vol,74-(No.94) ワシントンの歯の苦労

Vol,73-(No.93) 口腔癌

Vol,72-(No.92) シュミテクト

Vol,71-(No.91) 感謝の気持ち

Vol,70-(No.90) 虫歯の原因って…

Vol,69-(No.89) 痛みなんかで…

Vol,68-(No.88) ご自分の歯の模型と治療記録

Vol,67-(No.87) インプラント

Vol,66-(No.86) ちょっと怖い歯周病があります

Vol,65-(No.85) タイのデンタルフェスタにて

Vol,64-(No.84) 歯の掃除って何回にも…

Vol,63-(No.83) 日本の歯科って…

Vol,62-(No.82) 子供1人産むと歯を1本失う

Vol,61-(No.81) ソンクラーンは情報収集

Vol,60-(No.80) 問診って大切です!

Vol,59-(No.79) 3D技術で顔面修復

Vol,58-(No.78) 電 話

Vol,57-(No.77) クリント・イーストウッドは…

Vol,56-(No.76) マウスピース

Vol,55-(No.75) ユマニチュード

Vol,54-(No.74) 帰国のシーズンです

Vol.53-(No.73) 入れ歯は完成した時が…

Vol,52-(No.72) タバコ

Vol,51-(No.71) いびき

Vol,50-(No.70) 民間の保険

Vol,49-(No.69) 子供の歯周病

Vol,48-(No.68) 道具を一つ増やしてみませんか

Vol,47-(No.67) 日本はすぐに神経をとる

Vol,46-(No.66) タイはすぐに歯を抜く

Vol,45-(No.65) リベース

Vol,44-(No.64) 女優さんと歯

Vol,43-(No.63) 日本で使われている…

Vol,42-(No.62) やはり知っておくべきです

Vol,41-(No.61) お医者さんに病名を言って…

Vol,40-(No.60) 下顎安静位

Vol,39-(No.59) 人生の流れで歯の事…

Vol,38-(No.58) 文化程度と歯の健康度

Vol,37-(No.57) ブリーチングは…

Vol,36-(No.56) 3Dプリンター

Vol,35-(No.55) ひどいニュースに…

Vol,34-(No.54) 過去のコラムをメールで…

Vol,33-(No.53) 医学知識がないと…

Vol,32-(No.52) 歯磨き後の口は…

Vol,31-(No.51) ステイン

Vol,30-(No.50) フロスと歯間ブラシ

Vol,29-(No.49) ピアスがあるから…

Vol,28-(No.48) 歯ぎしり

Vol,27-(No.47) 問 診

Vol,26-(No.46) ブリーチング

Vol,25-(No.45) アソアライナー

Vol,24-(No.44) 日本人は歯の健康状態が…

Vol,23-(No.43) 予約について

Vol,22-(No.42) ミニインプラント

Vol,21-(No.41) 乳歯でアンチエイジング

Vol,20-(No.40) 牛乳からつくった虫歯修復材

Vol,19-(No.39) フッ素のうがい薬

Vol,18-(No.38) うがい薬

Vol,17-(No.37) ペングリップ

Vol,16-(No.36) 電動歯ブラシってどうですか?

Vol,15-(No.35) ハミガキ

Vol,14-(No.34) 歯科の世界も国際化

Vol,13-(No.33) 前歯のコンプレックス

Vol,12-(No.32) 歯周内科

Vol,11-(No.31) 金属アレルギー

Vol,10-(No.30) スマイル入れ歯

Vol,9-(No.29) 入れ歯

Vol,8-(No.28) 歯の色の素材いろいろ

Vol,7-(No.27) 日本人は歯にたいしての…

Vol,6-(No.26) カスタマーとクライアント

Vol,5-(No.25) お得情報

Vol,4-(No.24) 丁寧にしっかりと…

Vol,3-(No.23) タイの歯医者さんと日本の…

Vol,2-(No.22) タイでも使える日本の…

Vol,1-(No.21) 話題になったコラムが…

子供の歯周病

 今年の6月にNHKで子供の歯周病の事をやっていました。その中で「厚生労働省の調査によりますと、5歳から14歳までで虫歯がある割合は平成11年はおよそ45%でしたが、おととしは(平成23年)およそ21%と半分以下に減りました。その一方で、5歳から14歳までで歯周病など歯ぐきに異常がある割合は平成11年のおよそ37%からおととしはおよそ41%に増えています。」との事でした。
 子供の虫歯が急速に減っているのは、歯医者さんなら誰でも実感されていると思える位に減って来ました。一方でこれまで考えられない位、ひどい状態が一部で見られる様にもなっています。いわゆる「ほったらかし状態」です。子供の歯の疾患予防どころか、子供が痛みを訴えても「我慢しろ!」と言う位で何もしない。二極分化している様です。過去にこの「ほったらかし状態」は書きましたし、次の歯周病の方に行きます。一般に歯周病というのは大人の病気で子供は関係ないと思われていると思います。しかし厚生労働省の調査で41%もあるとなっています。41%と言えばほぼ半数ですから国民病と言ってもいい位です。そうなると「我が子は大丈夫か?」と不安になりますね。特に歯周病で悲惨な状態になっているお父さん、お母さんからするとその不安はどれほどかと思われます。しかし落ち着いてこういった事も考えてみたいと思います。「歯周病って何だ?」です。不安になる前に心配事の対象をしっかりと見つめてみるという事です。孫子の「己を知り敵を知るなら百戦危うからず。」ですね。
 歯周病というのはある特定の疾患を指すのではなく、歯の周りの組織(歯茎、歯を支える骨)の疾患の総称と思ってください。大きく分けると、歯茎の病気と歯を支える骨の病気の二つになります。歯茎の病気は歯肉炎です。歯肉炎は歯茎が炎症を起こして赤く腫れて、ブヨっとした感じになって少し触っただけでも血が出てきたりします。ときに急性化して歯茎が大きく腫れて、けっこう痛かったりして大慌てという事もあります。しかし幸いな事に歯茎の炎症は原因が除かれれば元の状態に戻ります。それを可逆性と言います。それに反して骨の疾患を指す歯周病の場合は骨が失われるのですが、失われた骨は戻って来ません。歯を支えている骨が無くなったのだから歯はグラついてくるでしょうし、末路は抜けてしまうということもあります。
 さて、ここで子供の歯周病ですが、ほとんどは歯茎の歯周病です。という事は歯周ポケットの細菌群を除去したり、歯石の除去で元の健康な状態になれるという事です。この事を知ってしまうと不安もかなり和らいだのではないでしょうか。
 ただし、若年性歯周病といって子供でも歯を支える骨が失われる疾患がありますから全員、あまり心配しなくていいと言う事にはなりませんから。それに歯肉炎を起こしているという事は口の中が不潔だという事ですから安心していられません。不潔生歯肉炎という言葉もあるぐらいですから。日本人のほぼ全ての人は自分で「我こそは清潔!」と思っています。中には大した根拠もないのに他人を簡単に不潔呼ばわりする人もみられます。そういった日本人の鼻っ柱を叩き折る様な厚生労働省の報告です。本当の意味で清潔な国民になりたいものです。
 成人になってからも、子供の頃の歯磨き習慣と同じ。という人も少なくないはずです。「三つ子の魂百まで」じゃありませんが、子供の頃に染み付いた習慣はなかなか変え難いかもしれません。子供の頃から歯周病にも配慮した磨き方を身につけてもらえれば、これこそ理想ではありますが。NHKの番組でも歯科衛生士さんが子供にバス法を伝授していました。一般的に磨き方はバス法が言われていますが、具体的な方法は別な機会にするとして、ご自分でできる検査法をお伝えしたいと思います。鏡で歯茎をじっくり見てください。色はピンクですか?紅色だったらアウトです。しっかりと締まっていますか?ブヨっとしていたらこれもアウトです。その時は磨き方を変えるべきです。ご自分の歯茎とお子さんの歯茎を眺めてみてください。