Dr.久米の歯科コラム

Vol,85-(No.105) 歯医者に“遠慮”って?

Vol,84-(No.104) 医者とのいい関係 ②

Vol,83-(No.103) 医者とのいい関係

Vol,82-(No.102) 歯並びについて

Vol,81-(No.101) 読者プレゼント

Vol,80-(No.100) 謙虚になること

Vol,79-(No.99) 日本の歯科治療と日本文化

Vol,78-(No.98) 日本の歯科は遅れている

Vol,77-(No.97) インレー

Vol,76-(No.96) 上顎洞炎

Vol,75-(No.95) キッズデンタルパーク

Vol,74-(No.94) ワシントンの歯の苦労

Vol,73-(No.93) 口腔癌

Vol,72-(No.92) シュミテクト

Vol,71-(No.91) 感謝の気持ち

Vol,70-(No.90) 虫歯の原因って…

Vol,69-(No.89) 痛みなんかで…

Vol,68-(No.88) ご自分の歯の模型と治療記録

Vol,67-(No.87) インプラント

Vol,66-(No.86) ちょっと怖い歯周病があります

Vol,65-(No.85) タイのデンタルフェスタにて

Vol,64-(No.84) 歯の掃除って何回にも…

Vol,63-(No.83) 日本の歯科って…

Vol,62-(No.82) 子供1人産むと歯を1本失う

Vol,61-(No.81) ソンクラーンは情報収集

Vol,60-(No.80) 問診って大切です!

Vol,59-(No.79) 3D技術で顔面修復

Vol,58-(No.78) 電 話

Vol,57-(No.77) クリント・イーストウッドは…

Vol,56-(No.76) マウスピース

Vol,55-(No.75) ユマニチュード

Vol,54-(No.74) 帰国のシーズンです

Vol.53-(No.73) 入れ歯は完成した時が…

Vol,52-(No.72) タバコ

Vol,51-(No.71) いびき

Vol,50-(No.70) 民間の保険

Vol,49-(No.69) 子供の歯周病

Vol,48-(No.68) 道具を一つ増やしてみませんか

Vol,47-(No.67) 日本はすぐに神経をとる

Vol,46-(No.66) タイはすぐに歯を抜く

Vol,45-(No.65) リベース

Vol,44-(No.64) 女優さんと歯

Vol,43-(No.63) 日本で使われている…

Vol,42-(No.62) やはり知っておくべきです

Vol,41-(No.61) お医者さんに病名を言って…

Vol,40-(No.60) 下顎安静位

Vol,39-(No.59) 人生の流れで歯の事…

Vol,38-(No.58) 文化程度と歯の健康度

Vol,37-(No.57) ブリーチングは…

Vol,36-(No.56) 3Dプリンター

Vol,35-(No.55) ひどいニュースに…

Vol,34-(No.54) 過去のコラムをメールで…

Vol,33-(No.53) 医学知識がないと…

Vol,32-(No.52) 歯磨き後の口は…

Vol,31-(No.51) ステイン

Vol,30-(No.50) フロスと歯間ブラシ

Vol,29-(No.49) ピアスがあるから…

Vol,28-(No.48) 歯ぎしり

Vol,27-(No.47) 問 診

Vol,26-(No.46) ブリーチング

Vol,25-(No.45) アソアライナー

Vol,24-(No.44) 日本人は歯の健康状態が…

Vol,23-(No.43) 予約について

Vol,22-(No.42) ミニインプラント

Vol,21-(No.41) 乳歯でアンチエイジング

Vol,20-(No.40) 牛乳からつくった虫歯修復材

Vol,19-(No.39) フッ素のうがい薬

Vol,18-(No.38) うがい薬

Vol,17-(No.37) ペングリップ

Vol,16-(No.36) 電動歯ブラシってどうですか?

Vol,15-(No.35) ハミガキ

Vol,14-(No.34) 歯科の世界も国際化

Vol,13-(No.33) 前歯のコンプレックス

Vol,12-(No.32) 歯周内科

Vol,11-(No.31) 金属アレルギー

Vol,10-(No.30) スマイル入れ歯

Vol,9-(No.29) 入れ歯

Vol,8-(No.28) 歯の色の素材いろいろ

Vol,7-(No.27) 日本人は歯にたいしての…

Vol,6-(No.26) カスタマーとクライアント

Vol,5-(No.25) お得情報

Vol,4-(No.24) 丁寧にしっかりと…

Vol,3-(No.23) タイの歯医者さんと日本の…

Vol,2-(No.22) タイでも使える日本の…

Vol,1-(No.21) 話題になったコラムが…

民間の保険

 社会保険や国民健康保険以外の民間の保険について書いてみます。
 まず海外傷害保険、いわゆる海外旅行保険ですが、最近立て続けに「海外傷害保険は歯には使えませんから」と私に講釈する方がいらっしゃいました。まずこの言葉が正しくない事が気になります。そして、ここで何度も嘆いている事ですが、「どうして日本文化では歯だけ特別扱いで、それも低く扱うのか」という事も気になります。まず自信を持って正しくないと断言するのは、過去に何度も海外傷害保険で歯科治療をした経験があるからです。もちろん保険が適応されたとの確認もしました。私は保険の事はそれほど得意ではありませんから、確実な事は保険会社さんに問い合わせて下さいと言うしかありませんし、間違いもあると思います。ただ保険会社の方から聞いた内容は「事故が原因であれば適応される」という事でした。実際、適応になったのは風呂場で滑って湯船の角に顔をぶつけて前歯を打ったといった”事故”によるものでした。こういった保険の申請手続きの代行をして下さる会社から聞いたところでは、10年以上前でしたが、東京海上さんの保険の場合で1本10万円までOKと言われました。実際、抜かなければいけない歯は抜いて、動揺した歯を固定して、根っこの処置をして、その後クラウン・ブリッジにした事は何度もありますし、保険適応になった事も何度もありました。1本10万円カバーしてもらえるなら、タイで受ける歯科治療は大抵全額カバーされると思います。しかし不思議な事に入れ歯の破損はダメとの事でした。携行品なら適応になるのに、入れ歯は携行品扱いにもならないというのがどうもおかしな事と首を傾げた事を覚えています。キャッシュレスの治療というのがこういった保険の魅力ですが、歯科ではなるべくキャッシュレス扱いにはしないでもらいたいという要望を受けた事があります。理由は不明です。これも保険会社さんで違うのかもしれませんし、同じ保険会社でも保険の種類が違えば対応も異なる様です。どういった場合にどういった対応になるとは答えられるものではありません。これは明らかに事故だから適応になるとしてもキャッシュレスになるかどうかとか、どの程度カバーされるかは医院側では責任ある事を言えません。まして電話で問い合わせて来られる場合など、ご自分の保険の名前すらはっきりしない事が多い位ですから、保険会社と保険の名前のわからないまま、責任ある答えを聞こうとされると無理があるというものです。保険会社さんに問い合わせて頂くのが正しい手続きです。
 海外傷害保険以外で歯科で有効な保険として過去に実績のあるのはサイアムコスモスさんの保険がありました。日本人スタッフもいらっしゃり、質問にもかなり明確にお答え下さいました。ホテルでお勤めの方で「プルーデンシャル」という会社の保険は素晴らしいものでした。根っこの治療もクラウン・ブリッジという被せる治療もすべてカバーされていました。そのかわり保険費用もけっこうな額だろうと思いますが。アメリカの航空会社さんのスチュワーデスさん達が当院はけっこういらっしゃいますが、この人達の使っている「MetLife」という保険もいいですね。歯のクリーニングは全額、クラウン・ブリッジといった物も半分負担してくれる様です。日本の保険じゃありませんから、クラウンは日本の様な金属の事は想定されていなくて、オールセラミックで問題ありません。まだ確認していませんが、スチュワーデスさんが言われるには矯正治療もカバーされるとか。インプラントについてですが、これがカバーされる保険があれば素敵なんですが、残念ながら見た事がありません。問い合わせされる方がけっこういらっしゃるので、条件などをうまく揃えられればいい保険の商品になるかもしれませんが。
 保険とは少し意味合いが違うかもしれませんが、日系企業には「ヘルスケア」というものがあります。日立、レネサス、MUFG、日本通運、三菱電機、日産、富士通、NSK,キリン、Sony,NECといった会社が採用されています。キャッシュレスでとても素敵な制度ですが、どの会社もすべて同じ扱いという訳ではないようです。医院で支払いをしなくていいキャッシュレスはどこも同じですが、後日診療費の半分を負担しなければいけない様な所もあれば、クラウン・ブリッジの材質の制限がある所、ない所と会社によってかなり差があるようです。日本郵船さんの場合は歯科治療については全面対象外としている所もあります。日立さんは年度22万円まで。いすずさんは日本の社会保険適応の範囲内でと様々です。また、時間と共に変更になる事もあるはずです。ヘルスケアが使えるかどうかについては明確にお答えする事ができますが、個別の話になるとなかなか責任あるお答えはしにくいものです。電話で問い合わせて来られる人は、私から責任ある言葉を聞きたいという事だと思いますが、これについても正しくは会社の担当の方に問い合わせされるのが正しい手続きです。
 タイの社会保険と言うべき「パカンサンコム」というものがあります。経営者は入らなくてもいい様ですが、タイで給与をもらって働いている人は全員給与から保険費用を天引きされているはずです。医療については病院を指定されています。指定した病院以外では適応されません。しかし歯科だけはどこで受けた治療でも適応されます。何の保険もないと言われる方も少なくありませんが、よく聞いてみるとパカンサンコムはあるという事もあります。知っておいて損はありませんね。適応範囲はとても狭く、歯の掃除、小さな虫歯を削って埋める処置(充填)、抜歯、入れ歯作成などに使えます。日本人に多い、根っこの治療やクラウン・ブリッジは適応外です。しかも年2回しか使えません。しかし逆に考えるなら年2回、歯の掃除にこのパカンサンコムが使えますから、検診がてら利用されるのもいいでしょう。最近歯の掃除に来られた患者さんで、「タイの歯の掃除は日本よりずっといい」と喜んでおられた方もいらっしゃいましたし。