Dr.久米の歯科コラム

Vol,85-(No.105) 歯医者に“遠慮”って?

Vol,84-(No.104) 医者とのいい関係 ②

Vol,83-(No.103) 医者とのいい関係

Vol,82-(No.102) 歯並びについて

Vol,81-(No.101) 読者プレゼント

Vol,80-(No.100) 謙虚になること

Vol,79-(No.99) 日本の歯科治療と日本文化

Vol,78-(No.98) 日本の歯科は遅れている

Vol,77-(No.97) インレー

Vol,76-(No.96) 上顎洞炎

Vol,75-(No.95) キッズデンタルパーク

Vol,74-(No.94) ワシントンの歯の苦労

Vol,73-(No.93) 口腔癌

Vol,72-(No.92) シュミテクト

Vol,71-(No.91) 感謝の気持ち

Vol,70-(No.90) 虫歯の原因って…

Vol,69-(No.89) 痛みなんかで…

Vol,68-(No.88) ご自分の歯の模型と治療記録

Vol,67-(No.87) インプラント

Vol,66-(No.86) ちょっと怖い歯周病があります

Vol,65-(No.85) タイのデンタルフェスタにて

Vol,64-(No.84) 歯の掃除って何回にも…

Vol,63-(No.83) 日本の歯科って…

Vol,62-(No.82) 子供1人産むと歯を1本失う

Vol,61-(No.81) ソンクラーンは情報収集

Vol,60-(No.80) 問診って大切です!

Vol,59-(No.79) 3D技術で顔面修復

Vol,58-(No.78) 電 話

Vol,57-(No.77) クリント・イーストウッドは…

Vol,56-(No.76) マウスピース

Vol,55-(No.75) ユマニチュード

Vol,54-(No.74) 帰国のシーズンです

Vol.53-(No.73) 入れ歯は完成した時が…

Vol,52-(No.72) タバコ

Vol,51-(No.71) いびき

Vol,50-(No.70) 民間の保険

Vol,49-(No.69) 子供の歯周病

Vol,48-(No.68) 道具を一つ増やしてみませんか

Vol,47-(No.67) 日本はすぐに神経をとる

Vol,46-(No.66) タイはすぐに歯を抜く

Vol,45-(No.65) リベース

Vol,44-(No.64) 女優さんと歯

Vol,43-(No.63) 日本で使われている…

Vol,42-(No.62) やはり知っておくべきです

Vol,41-(No.61) お医者さんに病名を言って…

Vol,40-(No.60) 下顎安静位

Vol,39-(No.59) 人生の流れで歯の事…

Vol,38-(No.58) 文化程度と歯の健康度

Vol,37-(No.57) ブリーチングは…

Vol,36-(No.56) 3Dプリンター

Vol,35-(No.55) ひどいニュースに…

Vol,34-(No.54) 過去のコラムをメールで…

Vol,33-(No.53) 医学知識がないと…

Vol,32-(No.52) 歯磨き後の口は…

Vol,31-(No.51) ステイン

Vol,30-(No.50) フロスと歯間ブラシ

Vol,29-(No.49) ピアスがあるから…

Vol,28-(No.48) 歯ぎしり

Vol,27-(No.47) 問 診

Vol,26-(No.46) ブリーチング

Vol,25-(No.45) アソアライナー

Vol,24-(No.44) 日本人は歯の健康状態が…

Vol,23-(No.43) 予約について

Vol,22-(No.42) ミニインプラント

Vol,21-(No.41) 乳歯でアンチエイジング

Vol,20-(No.40) 牛乳からつくった虫歯修復材

Vol,19-(No.39) フッ素のうがい薬

Vol,18-(No.38) うがい薬

Vol,17-(No.37) ペングリップ

Vol,16-(No.36) 電動歯ブラシってどうですか?

Vol,15-(No.35) ハミガキ

Vol,14-(No.34) 歯科の世界も国際化

Vol,13-(No.33) 前歯のコンプレックス

Vol,12-(No.32) 歯周内科

Vol,11-(No.31) 金属アレルギー

Vol,10-(No.30) スマイル入れ歯

Vol,9-(No.29) 入れ歯

Vol,8-(No.28) 歯の色の素材いろいろ

Vol,7-(No.27) 日本人は歯にたいしての…

Vol,6-(No.26) カスタマーとクライアント

Vol,5-(No.25) お得情報

Vol,4-(No.24) 丁寧にしっかりと…

Vol,3-(No.23) タイの歯医者さんと日本の…

Vol,2-(No.22) タイでも使える日本の…

Vol,1-(No.21) 話題になったコラムが…

マウスピース

 大学生のときにたまたま巨人阪神戦をテレビで見ました。最終回3点差で阪神リード。ランナー2塁3塁、打席には王選手。アナウンサーは「これは敬遠ですね。」中学2年生のときからテレビを見なくなった(見ないようにした)変人の私は世間の人たちと価値観が異なるようで、野球にはまったく興味無しでした。でも王選手が凄い!ぐらいのことは知っていました。その凄い王選手がピンチで敬遠されるのもしかたないかなと眺めていると、投手交代!アナウンサーが「勝負です!」と絶叫しました。それまで“通常”のテレビ画面が一気に興奮状態になってテレビにまったく興味のなかった私も惹きつけられました。代わった山本和行投手は勝負したもののフォアボール。その次の末次選手に満塁ホームランで阪神のサヨナラ負け。逆転満塁サヨナラホームラン!巨人ファンは狂喜乱舞、阪神ファンは茫然自失。それを見て一気に阪神ファンになってしまいました。それ以来、プロ野球ファンです。野球選手の歯の話題はけっこうあります。王選手はホームランを打つときには歯を食いしばるので奥歯はボロボロとか。前歯が1本捩れていて、欠けていたのが引退後“正常”になっている、「さては治したな。」とか。イチロー選手は、朝1度、練習後のシャワーで1度、寮に帰って1度、夕食後1度、晩の練習後1度、歯を磨くと述べている。1日に5回も歯を磨いていたのだとか。「最高のパフォーマンスのためには歯が大切、しっかり歯をくいしばれるようにしなければならない」ということもしばしば聞きました。当時、阪急ブレーブスの加藤英司さんがマウスピースを作りにうちの大学に来ていて話題になっていました。マウスピースの主な役割は
 ①歯の保護、骨折の保護、脳震盪の保護など防御を目的としたもの。
  (ボクサーのマウスピースはこれにあたります)
 ②パフォーマンスを高めるため。
 上記の2つです。「金属のクラウンは日本特有といっていいほど日本以外ではされていない」と以前お書きしましたが、こちらでも金属ではなく、ポーセレン、セラミックが主流です。ところが壊してしまう人がときどきいます。セラミックを壊してくる人は何度も、そしていろんな部位で壊してくるようです。うちの歯科医師が「日本人は何を食べているんだ?タイ人でセラミックを被せて壊してくるなんてまずないのに、日本人はどうして壊してくる人がいるんだ?」と聞かれたことがあります。同じ歯医者で、同じ技工所で、同じ物を作って日本人のほうだけにトラブルがあるというので、日本人特有の問題だと疑われたというわけです。日本食といってもそう固いものがあるとも思えません。あるとすればストレスからくる寝ている時の“歯ぎしり”や“くいしばり”かなと推測しています。タイ人ってストレスとは無縁という印象なので。それに対して、日本人はストレスがいっぱいと。これも統計をとった結果で言っているわけでもありませんし、ストレスがあれば歯ぎしり、食いしばりをするというのも、本当のところどうかというのも、確かなことではないと思っていますので、あくまでも仮説にしか過ぎません。しかし、明らかにセラミックを壊してくる人は少数ながらいます。そういった方たちにマウスピースを提案しています。
 ゴルフはタイでの楽しみとしてかなり推薦されるほどのものと聞きます。ゴルフ好きの人は多いですよね。ゴルフで“飛ばす”ためにマウスピースをお作りしたことがありますが、やはりマウスピースをするとよく飛ぶらしいのです。ただし、問題はマウスピースを装着すると話しづらいので会話を楽しむための出し入れが面倒だと言われていました。王選手が若い頃ってスポーツ選手用のマウスピースが普及していたのかな?と疑問に思います。たぶん無かったんじゃないかなと。もし、入団時から王選手がマウスピースをしていたら、本塁打記録はどれほどになったのでしょう?引退の2年前に左上の第一大臼歯が真っ二つに割れたそうですが、これはなかったでしょうね。たいした成績を残せず、消えていった選手の中にはマウスピースと出会っていたら名を残す選手になった人もいたでしょう。それを思うと全ての野球選手にマウスピースの情報がいき渡ってくれることを願います。
 スポーツにはマウスピースが義務付けられているものが少なくないようです。ボクシング、ラグビー、空手など。義務付けられていなくても推奨されているのがサッカー、乗馬、砲丸投げ。やはり体の保護の観点からくるものが順になっていますね。パフォーマンスが目的となると、本人の自主性に任せて、ご自由にとなるようですね。ボクシングを見ていると、どう見てもマウスピースは簡易な怪我防止目的だけのものです。これを「怪我防止+パフォーマンス」向上を目的に歯科医師が作ったもので戦えば選手の能力アップが簡単に得られるんじゃないかと見ています。アメリカあたりだとボクシングで既に採用されているのでしょうか。されていないとしたらチャンピオンになる良い小道具だと思うのですが。