Dr.久米の歯科コラム

Vol,85-(No.105) 歯医者に“遠慮”って?

Vol,84-(No.104) 医者とのいい関係 ②

Vol,83-(No.103) 医者とのいい関係

Vol,82-(No.102) 歯並びについて

Vol,81-(No.101) 読者プレゼント

Vol,80-(No.100) 謙虚になること

Vol,79-(No.99) 日本の歯科治療と日本文化

Vol,78-(No.98) 日本の歯科は遅れている

Vol,77-(No.97) インレー

Vol,76-(No.96) 上顎洞炎

Vol,75-(No.95) キッズデンタルパーク

Vol,74-(No.94) ワシントンの歯の苦労

Vol,73-(No.93) 口腔癌

Vol,72-(No.92) シュミテクト

Vol,71-(No.91) 感謝の気持ち

Vol,70-(No.90) 虫歯の原因って…

Vol,69-(No.89) 痛みなんかで…

Vol,68-(No.88) ご自分の歯の模型と治療記録

Vol,67-(No.87) インプラント

Vol,66-(No.86) ちょっと怖い歯周病があります

Vol,65-(No.85) タイのデンタルフェスタにて

Vol,64-(No.84) 歯の掃除って何回にも…

Vol,63-(No.83) 日本の歯科って…

Vol,62-(No.82) 子供1人産むと歯を1本失う

Vol,61-(No.81) ソンクラーンは情報収集

Vol,60-(No.80) 問診って大切です!

Vol,59-(No.79) 3D技術で顔面修復

Vol,58-(No.78) 電 話

Vol,57-(No.77) クリント・イーストウッドは…

Vol,56-(No.76) マウスピース

Vol,55-(No.75) ユマニチュード

Vol,54-(No.74) 帰国のシーズンです

Vol.53-(No.73) 入れ歯は完成した時が…

Vol,52-(No.72) タバコ

Vol,51-(No.71) いびき

Vol,50-(No.70) 民間の保険

Vol,49-(No.69) 子供の歯周病

Vol,48-(No.68) 道具を一つ増やしてみませんか

Vol,47-(No.67) 日本はすぐに神経をとる

Vol,46-(No.66) タイはすぐに歯を抜く

Vol,45-(No.65) リベース

Vol,44-(No.64) 女優さんと歯

Vol,43-(No.63) 日本で使われている…

Vol,42-(No.62) やはり知っておくべきです

Vol,41-(No.61) お医者さんに病名を言って…

Vol,40-(No.60) 下顎安静位

Vol,39-(No.59) 人生の流れで歯の事…

Vol,38-(No.58) 文化程度と歯の健康度

Vol,37-(No.57) ブリーチングは…

Vol,36-(No.56) 3Dプリンター

Vol,35-(No.55) ひどいニュースに…

Vol,34-(No.54) 過去のコラムをメールで…

Vol,33-(No.53) 医学知識がないと…

Vol,32-(No.52) 歯磨き後の口は…

Vol,31-(No.51) ステイン

Vol,30-(No.50) フロスと歯間ブラシ

Vol,29-(No.49) ピアスがあるから…

Vol,28-(No.48) 歯ぎしり

Vol,27-(No.47) 問 診

Vol,26-(No.46) ブリーチング

Vol,25-(No.45) アソアライナー

Vol,24-(No.44) 日本人は歯の健康状態が…

Vol,23-(No.43) 予約について

Vol,22-(No.42) ミニインプラント

Vol,21-(No.41) 乳歯でアンチエイジング

Vol,20-(No.40) 牛乳からつくった虫歯修復材

Vol,19-(No.39) フッ素のうがい薬

Vol,18-(No.38) うがい薬

Vol,17-(No.37) ペングリップ

Vol,16-(No.36) 電動歯ブラシってどうですか?

Vol,15-(No.35) ハミガキ

Vol,14-(No.34) 歯科の世界も国際化

Vol,13-(No.33) 前歯のコンプレックス

Vol,12-(No.32) 歯周内科

Vol,11-(No.31) 金属アレルギー

Vol,10-(No.30) スマイル入れ歯

Vol,9-(No.29) 入れ歯

Vol,8-(No.28) 歯の色の素材いろいろ

Vol,7-(No.27) 日本人は歯にたいしての…

Vol,6-(No.26) カスタマーとクライアント

Vol,5-(No.25) お得情報

Vol,4-(No.24) 丁寧にしっかりと…

Vol,3-(No.23) タイの歯医者さんと日本の…

Vol,2-(No.22) タイでも使える日本の…

Vol,1-(No.21) 話題になったコラムが…

クリント・イーストウッドはヒーロー

 ニュースでクリント・イーストウッドがパーティーでチーズを気管に詰まらせた男性を「ハイムリック法」という処置で救命したとありました。映画ではもちろんヒーローですが実生活でもヒーローになったというわけです。メチャメチャかっこいいですね。よくお正月のニュースでお餅を喉に詰まらせて何人亡くなったなどというニュースを見ます。子供がコインを喉に詰まらせて救急病院というのもよくあることのようです。『ブラックジャックによろしく』というマンガにもあったように記憶しています。実際、私の妹が3才ぐらいのときに5円玉を気管に詰まらせて近くの病院で救命処置を受けました。そのときお医者さんは「5円玉は真ん中が開いているから助かったけれど10円玉だったら危なかった。」と言われたそうです。当時のコインのデザインに感謝です。『ブラックジャックによろしく』のように夜中でなく普通に病院が開いている昼間で良かったと思います。
 ところでニュースのタイトルでしっくりこない単語がありました。「ハイムリック法」です。世の中便利になったものでわからなければすぐに検索して調べられます。調べてみると自分でもできそうな気持ちになりました。調べているうちに「窒息させないために」ということで口の中の乾燥、歯の喪失に注意しましょうとありました。喉に詰めないために①水分をとりながら食べる。②歯周病予防や義歯の調整などに心がける。だそうです。こうなると歯科に関係してきます。①はともかく②は要はしっかりと噛みなさいということだと思います。よく噛めば食物は小さくなるので喉に詰まりにくくなるでしょうし、よく噛むことで唾液が出て乾燥を防ぎます。噛むという行為を食物を小さくすることあるいはアミラーゼで酵素分解すると認識されているのが普通かもしれませんが、よく噛んで唾液が食物とからむことでまず食道を通りやすくなるでしょうし、それ以外にも唾液に含まれているIgAのような免疫に関係するものが体にこれから入っていくものの情報を提供したりします。噛むという行為は唾液を分泌させるための行いでもあります。そして免疫能力を働かせるという大事な行為です。噛む、唾液、免疫は今回の喉を詰めてしまうということとは直接つながりませんが重要なことです。
 さて歯を失っていて噛みづらいとか入れ歯の具合が良くないと食物の丸呑みになってしまって、それが喉を詰まらせる原因の1つということです。どうも日本では歯に対しての意識が低いと嘆いていますが、“噛む”という行為も軽く捉えられていると思います。認知症の人も入れ歯を新しく作って認知症が改善したとか、口臭も唾液をたくさん出すことで原因はいろいろあれどほとんどのケースで改善されたという報告もあるほどです。健康にとって歯やそれに関することが大きく関わっていると認識していただいて大切に考えられるようになっていただきたいと願っています。この素敵なハイムリック法ですがけっこう簡単な方法ですから皆さんも私のように「自分にもできそう」と思われると思います。しかし重要なのは診断です。気管を詰めたのか食道を詰めたのか。状態観察がまず重要です。このことを認識して万が一に応用してください。実は歯医者にとって“喉に詰まらせる”というのは重要な偶発症です。偶発症なんて専門用語を使ってしまいましたが、事故ぐらいに考えてください。ですから歯医者でしたら誰でもこういったときの処置を知っている“はず”です。歯科医院でしたら注射針よりも大きめの“針”はどこでもあるはずです。そして万が一の場合、この針を3本ぐらい喉から気管をめがけて指します。これでとりあえず患者さんの呼吸路は確保できます。あとは落ち着いて詰まったものの処置にあたればいいとなります。喉に詰めた状態ではありませんでしたが呼吸路確保の問題で『ブラックジャックによろしく』で、新米医師が気が動転していて何もできなくて放置すれば患者さんが窒息して死ぬということで見るに見かねた看護師さんが気管切開して患者さんをすくいました。しかし医師法違反で退職となってしまいました。実際、声門を傷つけたようで患者さんはその後遺症が残ったようですが。この部分を読んでいるときも、「看護師さん、切る位置がわからないなら針を何本か刺せばよかったんじゃないの?」とかツッコミを入れながら読んでいました。クリント・イーストウッドですが、よくこんな応急処置を知っていたものだなと思います。もしかしたらいろんなケースでの応急処置の引き出しを持っているのかもしれません。そして冷静に対処できたこともすごいことだと思います。助けられた人の体重も80Kgあったらしいですが、80才過ぎたクリント・イーストウッドがよく持ち上げられたものです。普通の80過ぎの人がやればぎっくり腰などに逆になってしまうかも。新米医師なんかよりもよっぽど頼りになりますね。
 そして“喉を詰める”ということが思ったよりもよくありそうだということ。その対処の1つとしてハイムリック法。そして物を詰めないために水分をとりながら食べるということ。もう一つはよく噛む。よく噛むためには噛める状態にしておかなければならない。歯周病で歯がぐらついてよく噛めないとかで丸飲みしてしまうと思わぬ不幸があるかもしれないと警鐘を鳴らしておきます。歯がないとか入れ歯の具合が良くないということも同様です。やはりしっかりと噛むって大切なことですね。以前から私が「日本人はどうも歯のことを粗末にしている。」とか「歯なんて痛くなければそれでいい。」というように他の臓器に比べて格段に粗末に扱う文化だと嘆いていますが、そんな人ほど喉にものを詰めて窒息死ってありそうですよ。ハイムリック法そのものはそれほど難しいものではありませんが、子供や妊婦に行うのは危険とありますし、前述のようによく観察して見極めないと“傷害罪”になることもあります。気管切開や注射針を紹介しましたが、医師法違反に問われることもあると思います。実際に行うにあたっては慎重になさってください。