Dr.久米の歯科コラム

Vol,85-(No.105) 歯医者に“遠慮”って?

Vol,84-(No.104) 医者とのいい関係 ②

Vol,83-(No.103) 医者とのいい関係

Vol,82-(No.102) 歯並びについて

Vol,81-(No.101) 読者プレゼント

Vol,80-(No.100) 謙虚になること

Vol,79-(No.99) 日本の歯科治療と日本文化

Vol,78-(No.98) 日本の歯科は遅れている

Vol,77-(No.97) インレー

Vol,76-(No.96) 上顎洞炎

Vol,75-(No.95) キッズデンタルパーク

Vol,74-(No.94) ワシントンの歯の苦労

Vol,73-(No.93) 口腔癌

Vol,72-(No.92) シュミテクト

Vol,71-(No.91) 感謝の気持ち

Vol,70-(No.90) 虫歯の原因って…

Vol,69-(No.89) 痛みなんかで…

Vol,68-(No.88) ご自分の歯の模型と治療記録

Vol,67-(No.87) インプラント

Vol,66-(No.86) ちょっと怖い歯周病があります

Vol,65-(No.85) タイのデンタルフェスタにて

Vol,64-(No.84) 歯の掃除って何回にも…

Vol,63-(No.83) 日本の歯科って…

Vol,62-(No.82) 子供1人産むと歯を1本失う

Vol,61-(No.81) ソンクラーンは情報収集

Vol,60-(No.80) 問診って大切です!

Vol,59-(No.79) 3D技術で顔面修復

Vol,58-(No.78) 電 話

Vol,57-(No.77) クリント・イーストウッドは…

Vol,56-(No.76) マウスピース

Vol,55-(No.75) ユマニチュード

Vol,54-(No.74) 帰国のシーズンです

Vol.53-(No.73) 入れ歯は完成した時が…

Vol,52-(No.72) タバコ

Vol,51-(No.71) いびき

Vol,50-(No.70) 民間の保険

Vol,49-(No.69) 子供の歯周病

Vol,48-(No.68) 道具を一つ増やしてみませんか

Vol,47-(No.67) 日本はすぐに神経をとる

Vol,46-(No.66) タイはすぐに歯を抜く

Vol,45-(No.65) リベース

Vol,44-(No.64) 女優さんと歯

Vol,43-(No.63) 日本で使われている…

Vol,42-(No.62) やはり知っておくべきです

Vol,41-(No.61) お医者さんに病名を言って…

Vol,40-(No.60) 下顎安静位

Vol,39-(No.59) 人生の流れで歯の事…

Vol,38-(No.58) 文化程度と歯の健康度

Vol,37-(No.57) ブリーチングは…

Vol,36-(No.56) 3Dプリンター

Vol,35-(No.55) ひどいニュースに…

Vol,34-(No.54) 過去のコラムをメールで…

Vol,33-(No.53) 医学知識がないと…

Vol,32-(No.52) 歯磨き後の口は…

Vol,31-(No.51) ステイン

Vol,30-(No.50) フロスと歯間ブラシ

Vol,29-(No.49) ピアスがあるから…

Vol,28-(No.48) 歯ぎしり

Vol,27-(No.47) 問 診

Vol,26-(No.46) ブリーチング

Vol,25-(No.45) アソアライナー

Vol,24-(No.44) 日本人は歯の健康状態が…

Vol,23-(No.43) 予約について

Vol,22-(No.42) ミニインプラント

Vol,21-(No.41) 乳歯でアンチエイジング

Vol,20-(No.40) 牛乳からつくった虫歯修復材

Vol,19-(No.39) フッ素のうがい薬

Vol,18-(No.38) うがい薬

Vol,17-(No.37) ペングリップ

Vol,16-(No.36) 電動歯ブラシってどうですか?

Vol,15-(No.35) ハミガキ

Vol,14-(No.34) 歯科の世界も国際化

Vol,13-(No.33) 前歯のコンプレックス

Vol,12-(No.32) 歯周内科

Vol,11-(No.31) 金属アレルギー

Vol,10-(No.30) スマイル入れ歯

Vol,9-(No.29) 入れ歯

Vol,8-(No.28) 歯の色の素材いろいろ

Vol,7-(No.27) 日本人は歯にたいしての…

Vol,6-(No.26) カスタマーとクライアント

Vol,5-(No.25) お得情報

Vol,4-(No.24) 丁寧にしっかりと…

Vol,3-(No.23) タイの歯医者さんと日本の…

Vol,2-(No.22) タイでも使える日本の…

Vol,1-(No.21) 話題になったコラムが…

電 話

 日本にいたときは歯科医師として“現場”担当でした。医師以外のスタッフを「パラメディカルスタッフ」というそうですが、今まで彼らが何をしているかなどその役割について深く考えることもしていませんでした。ここタイでは、現場はタイ人歯科医師に任せているのでそれ以外のこと、インフォームドコンセンサスや会話でできるそれ以上のことを主に担当しようと考えました。そして電話応答ですが、これもネイティブの日本語のほうが安心感を与えるだろうと思い積極的に電話を取るようにしています。この電話応答ですが、当初、想像していた業務とはかなり違いました。単純に予約を受けるだけだと思っていたのですが、かなりの割合の人が現状のことを説明してきました。聞いて迷惑するものでもありませんし、聞いてあげることである種の満足感を感じてもらえればとなるべく聞くようにしています。ところがほとんどの人の現状の説明内容が掴みきれません。『歯がとれました。入れるのにいくらかかりますか?』等々。そもそも、この人のいう“歯”とは何か?人体の一部である“歯”のことなのか、クラウンのように人工的に作られたものも“歯”と言われることも多いです。それが単に“外れた”だけなのか?質問は料金についてなのですが、現在の状態がはっきりしません。『おっしゃっている“歯”は人体のものですか?それとも作り物が外れたのですか?』と内容確認をしなければなりません。『作り物じゃなくて人体のほうです』と答えられました。歯がすべて抜けるということはありえますが、重度の歯周病でかなりぐらついていればそういうこともありますが、根っこは残っているが歯茎から上の部分が折れるかして、脱落ということもあります。やはり状況を掴みきれたというのとは程遠いです。このような状況で入れ歯がいくら、ブリッジがいくら、あるいは根っこの治療と歯の心棒とクラウンでいくら、とお答えするのが適切かどうかとなります。状況を完全に把握できないので、どの処置になるかは受診して頂いてからとなりますが、だいたい入れ歯ならいくら、ブリッジならいくらと大雑把な数字ぐらいはお答えするようにしています。しかし、答えながら自分のやっていることが適切なことなのかどうかと、いつも疑問に感じています。数字を言わなければ、『こいつ人を見てから料金を決めるのじゃないか?』と考える方もいるからです。先日も予約を入れたいという電話がありました。『歯がとれたのでもう一度つけてもらいたい』ということでした。日本で作ったものが“とれる”や“外れる”のは定番と言っていいくらい、初診の患者さんの状態です。外れたものを付け直すだけなら10分もかかりません。そうではなく“キチンとした処置”を受けて末永くトラブルのおきないような処置を望まれるのであれば1時間は用意したいところです。ですからこの人にも『付け直すだけでいいのでしょうか?日本で受けた処置で外れたという場合は一からやり直したほうがいいとなることもあります。問題がありそうなら付け直すという処置ではなく一からやり直すことをご希望でしょうか?』と聞いてみました。それによって10分の空きのところか、1時間以上時間をとれるところかで予約をとれる日時が違ってきます。ところがこの人は『そんな人によってやることが違うようなところは信用できん!』と怒り出しました。こちらの言うことの趣旨をきっちりと把握して文句を言われるなら納得もいきますが、先方が勝手に作り上げた人物像に対して怒られても対処に困ります。通常でこんな受け取り方をされるのですから、怒りだしてまともに話を聞いてもらえるとも思えません。まぁこういった人は他所に行ってもらえばトラブルの心配をしなくていいかと考えることにしていますが。
 診断もしていないうちから料金のことなんかを話題にすること自体おかしなことなのだと思います。料金をお知らせするには何をするか決めなければなりません。何をするかを決めるためには“診断”が必要です。診断のためには問診、視診、触診、レントゲンといろいろ行ってなされるものです。それを充分な説明を出来ない電話でやってくれと要求されるわけですから、無理があります。上記のような人も含め、電話でどれだけ医院側が責任のあることが言えるかを逆に考えてみてもらいたいと思います。どうも日本文化は“歯”だけは粗末にする文化ではないかと仮説を立てていますが『お腹が痛いです。治療費はいくらかかりますか?』なんて質問に置き換えてみてもいいですね。いかに非常識なことを話されているのか。この例でまだ納得がいかないのなら『車が動かないです。修理費いくらかかりますか?』ならどうでしょう。エンジン壊れもあるならそれなりの修理費になるでしょう。電気系統ならちょっとした費用かもしれません。車の所有者が非常識な人でガソリンが入っていないだけということもあるかもしれません。まずどこに問題があるかを調べなければなりません。医療ではこれが診断です。
 また予約時間を決めるのもなかなか大変です。『受診したいのですがいつが空いていますか?』『はい、ご都合の良い日と時間を指定して下さい』と答えるようにしています。というのも何故か私から指定すると99%ぐらいの確率で『いやぁ、その日は…』となるからです。『では、いつがよろしいですか?』とお聞きすると電話の向こうで『ウ~ン』と唸り声がします。音にならなくとも苦しんでいる様子が伝わってきます。数分黙りこむ人もいます。あまりに長時間なので『もしもし?いつがよろしいでしょうか?』と、同じことを数回繰り返さなければいけないことも珍しくありません。ヒドイ例だと朝10時に電話がかかってきて『今日、午前中は空いていますか?』と言われ『11時でどうでしょうか?』と答えると『もっと早い時間は?』と返ってきました。『11時より早くとなると10時半。後30分で来られますか?』とお聞きすると、しばし沈黙。そして『またかけ直します』ですって。この人もそうですが、都合の良い時間を伺って電話の向こうで唸っている人達は『いつなら歯科治療に行くことができるか』ということを考えていないので、まず歯科医院に電話しているのでしょうね。しかも、その比率は50%よりももっと多いです。ご自分のスケジュールを確認してから予約をとるようにしていただけるとスムーズになるのですが…日本で歯科の受付をやっている人もこんな調子なのでしょうか?