Dr.久米の歯科コラム

Vol,85-(No.105) 歯医者に“遠慮”って?

Vol,84-(No.104) 医者とのいい関係 ②

Vol,83-(No.103) 医者とのいい関係

Vol,82-(No.102) 歯並びについて

Vol,81-(No.101) 読者プレゼント

Vol,80-(No.100) 謙虚になること

Vol,79-(No.99) 日本の歯科治療と日本文化

Vol,78-(No.98) 日本の歯科は遅れている

Vol,77-(No.97) インレー

Vol,76-(No.96) 上顎洞炎

Vol,75-(No.95) キッズデンタルパーク

Vol,74-(No.94) ワシントンの歯の苦労

Vol,73-(No.93) 口腔癌

Vol,72-(No.92) シュミテクト

Vol,71-(No.91) 感謝の気持ち

Vol,70-(No.90) 虫歯の原因って…

Vol,69-(No.89) 痛みなんかで…

Vol,68-(No.88) ご自分の歯の模型と治療記録

Vol,67-(No.87) インプラント

Vol,66-(No.86) ちょっと怖い歯周病があります

Vol,65-(No.85) タイのデンタルフェスタにて

Vol,64-(No.84) 歯の掃除って何回にも…

Vol,63-(No.83) 日本の歯科って…

Vol,62-(No.82) 子供1人産むと歯を1本失う

Vol,61-(No.81) ソンクラーンは情報収集

Vol,60-(No.80) 問診って大切です!

Vol,59-(No.79) 3D技術で顔面修復

Vol,58-(No.78) 電 話

Vol,57-(No.77) クリント・イーストウッドは…

Vol,56-(No.76) マウスピース

Vol,55-(No.75) ユマニチュード

Vol,54-(No.74) 帰国のシーズンです

Vol.53-(No.73) 入れ歯は完成した時が…

Vol,52-(No.72) タバコ

Vol,51-(No.71) いびき

Vol,50-(No.70) 民間の保険

Vol,49-(No.69) 子供の歯周病

Vol,48-(No.68) 道具を一つ増やしてみませんか

Vol,47-(No.67) 日本はすぐに神経をとる

Vol,46-(No.66) タイはすぐに歯を抜く

Vol,45-(No.65) リベース

Vol,44-(No.64) 女優さんと歯

Vol,43-(No.63) 日本で使われている…

Vol,42-(No.62) やはり知っておくべきです

Vol,41-(No.61) お医者さんに病名を言って…

Vol,40-(No.60) 下顎安静位

Vol,39-(No.59) 人生の流れで歯の事…

Vol,38-(No.58) 文化程度と歯の健康度

Vol,37-(No.57) ブリーチングは…

Vol,36-(No.56) 3Dプリンター

Vol,35-(No.55) ひどいニュースに…

Vol,34-(No.54) 過去のコラムをメールで…

Vol,33-(No.53) 医学知識がないと…

Vol,32-(No.52) 歯磨き後の口は…

Vol,31-(No.51) ステイン

Vol,30-(No.50) フロスと歯間ブラシ

Vol,29-(No.49) ピアスがあるから…

Vol,28-(No.48) 歯ぎしり

Vol,27-(No.47) 問 診

Vol,26-(No.46) ブリーチング

Vol,25-(No.45) アソアライナー

Vol,24-(No.44) 日本人は歯の健康状態が…

Vol,23-(No.43) 予約について

Vol,22-(No.42) ミニインプラント

Vol,21-(No.41) 乳歯でアンチエイジング

Vol,20-(No.40) 牛乳からつくった虫歯修復材

Vol,19-(No.39) フッ素のうがい薬

Vol,18-(No.38) うがい薬

Vol,17-(No.37) ペングリップ

Vol,16-(No.36) 電動歯ブラシってどうですか?

Vol,15-(No.35) ハミガキ

Vol,14-(No.34) 歯科の世界も国際化

Vol,13-(No.33) 前歯のコンプレックス

Vol,12-(No.32) 歯周内科

Vol,11-(No.31) 金属アレルギー

Vol,10-(No.30) スマイル入れ歯

Vol,9-(No.29) 入れ歯

Vol,8-(No.28) 歯の色の素材いろいろ

Vol,7-(No.27) 日本人は歯にたいしての…

Vol,6-(No.26) カスタマーとクライアント

Vol,5-(No.25) お得情報

Vol,4-(No.24) 丁寧にしっかりと…

Vol,3-(No.23) タイの歯医者さんと日本の…

Vol,2-(No.22) タイでも使える日本の…

Vol,1-(No.21) 話題になったコラムが…

問診って大切です!

 最近、当院にいらした患者さんからの話題です。いつものように「どうされましたか?」と問診を始めました。すると「とても痛い!夜眠られない程痛い!」という返事でした。問診をしていて困るのがこの“痛い”です。歯科で“痛い”には大きく分けて3つあります。①自発痛 ②温度痛 ③接触痛(打診痛、咬合痛)です。②の温度痛は、冷たいものや熱いものが歯に触れると痛みが走るというものです。風があたっても痛いという事もあります。③の接触痛は、物を噛んだりして歯に力がかかると痛みが走るというものです。①の自発痛は、温度刺激や外力といった一切の刺激がないのに痛みが走るというものです。私は痛みが3つの内どれであるか位は問診の段階ではっきりさせたいと思っていますが、これが簡単でない事があります。以前にもこちらの事は書きましたので今回はこれ以上ふれませんがこの時の患者さんは3つの痛みが全てあるという事でした。1本の歯で全ての痛みがくる事はないとは言いませんが、かなり稀なケースです。口の中を調べてみると自発通と接触痛を起こしていそうな歯が1本。温度痛を起こしている歯が1本ありました。問診の結果が正しいとすれば問題を起こしている歯は1本ではなく2本以上ということが予想されました。このように問診はその後の検査をする上で非常に重要となる事です。逆に問診で間違った捉え方をしてしまうと間抜けな診断をしてしまう事にもなりかねません。
 日本にいる時に、たまたま渡辺淳一というお医者様で作家の方がテレビに出ていました。そこで「最近のお医者さんは患者さんと話をしない、身体を見ない。」と言っていました。そんな事をしなくても血液検査で大抵の診断がついてしまう所まできているそうです。おそらく内科など一部の分野では、血液検査だけでも意外と診断がつくようになっているのでしょう。しかし渡辺淳一は「でも本当は患者さんを診ないといけないのですけどね。」と付け加えていました。
 歯科だけではなく医療の教科書では診断を下す前に、問診・視診・触診・レントゲン検査・血液検査…と様々ありそれから診断となります。どの○診や○検査を行うのが適切の判断かそれ以前の問診、視診、触診といった手軽にローコストで行えるものです。問診はローコストで手軽という事ではこの上ないですね。卑弥呼の時代あたりの医療なら祈祷師の所に行けば大した検査なしに祈祷して終わり。治れば良し治らなければ嘆くだったのでしょうけれど、今の時代になっても医者に行けば、それだけで治してもらえるという卑弥呼の時代の感覚の方もいらっしゃるようです。「長々うるさい事聞かないでさっさと治療しろ。」なんて。
 現代医学の時代に卑弥呼の時代の感覚で来られるとろくなことがありません。病院にかかる時の問診の重要性を訴えたいというのが今回のテーマです。というのも日本人の私が日本語で問診しても困る事があります。ここはタイですからお医者さんはタイ人です。日本語が話せる先生でもベースは日本文化ではなくタイ文化です。ありがたいことに大病院では通訳がつく事もありますがこの通訳に問題がある事もあります。私は患者さんにはなるべく問題点が何かをお話しするようにしています。問題点が分かる方が安心感は段違いになると思いますし、以降の予防に役立つかもしれないからです。上記の患者さんにも問題点をお話しした時に「なるほど、痛みはここだったのですか。」と喜ばれました。歯の解剖と各種痛みの事をここで書くとこれから歯科にかかる時に患者さんにうまく問診に答えてもらえるようになるかもしれません。という事で歯の解剖からです。

kume-80

図1は歯の断面です。まず歯髄です。よく“神経”などと呼ばれている組織です。歯髄には神経だけではなく血管もあることがポイントですが、これはまたの機会に。歯がしみるという時はこの歯髄が生きている事を示します。深い虫歯で風をあてて、患者さんが「痛たたた。」となれば歯医者は歯髄が生きていると一安心します。それは、歯髄を残して治療する可能性が出来るからです。自発痛を起こすのもこの歯髄です。虫歯菌が歯髄に達するとかなりひどい自発痛を起こします。ただ歯髄を除去すると(神経を取るなんて表現されますが)、それまでの痛みがウソのように消えます。患者さんから感謝される一番劇的な瞬間です。さて、歯髄を除去すると神経がないからもうこの歯で痛い思いをする事はないと思われるかもしれません。だって神経がないのですから。でも、ここで考えて頂きたいのです。歯髄をとった歯で物を噛めば噛んだ感覚はある筈です。神経がない筈なのに噛んだ事を感じます。これを疑問に思わないほとんどの人が私には不思議なのですが実は歯の内部の神経(歯髄)はなくなっても“歯根膜”はあります。この歯根膜が噛んだ事を感じるのです。残念ながら歯髄を失った歯でも健全な歯と同じような感覚でいられるのは、こういった事からです。さて接触痛ですが、歯に外力が加わって痛いと感じる訳ですから歯根膜が痛いと感じている訳です。歯の根っこの外側にある神経と捉えるとわかりやすいかもしれませんね。こんな所に問題を起こすのは歯髄が健全な歯の場合あまりない事です。歯髄のあった空間にバイ菌が繁殖して歯根膜に感染して歯根膜炎を起こしている場合がほとんどです。ですから自発痛、温度痛、接触痛の全てが起こることはあまりない訳です。逆に痛みの種類を明確にして頂ければそれでかなりの程度まで診断がつきます。 タイの歯医者さんに行く機会がありましたら、これからはただ「痛い!」なんて表現ではなく「冷たいものがしみる。」「物を噛むと痛い!」「なんの刺激もないけど痛みがある。」といった具体的な表現で訴えると治療がスムーズに進みます。治療がスムーズに進むという事は、快適に治療が行われるという事につながるはずです。私達現代人は、卑弥呼の時代からかなり進んだ時代に生きています。外国に暮らしている訳なので、この問診を大切にするためにも的確な表現を心掛けて下さい。きっと後々ご利益がありますから。