Dr.久米の歯科コラム

Vol,85-(No.105) 歯医者に“遠慮”って?

Vol,84-(No.104) 医者とのいい関係 ②

Vol,83-(No.103) 医者とのいい関係

Vol,82-(No.102) 歯並びについて

Vol,81-(No.101) 読者プレゼント

Vol,80-(No.100) 謙虚になること

Vol,79-(No.99) 日本の歯科治療と日本文化

Vol,78-(No.98) 日本の歯科は遅れている

Vol,77-(No.97) インレー

Vol,76-(No.96) 上顎洞炎

Vol,75-(No.95) キッズデンタルパーク

Vol,74-(No.94) ワシントンの歯の苦労

Vol,73-(No.93) 口腔癌

Vol,72-(No.92) シュミテクト

Vol,71-(No.91) 感謝の気持ち

Vol,70-(No.90) 虫歯の原因って…

Vol,69-(No.89) 痛みなんかで…

Vol,68-(No.88) ご自分の歯の模型と治療記録

Vol,67-(No.87) インプラント

Vol,66-(No.86) ちょっと怖い歯周病があります

Vol,65-(No.85) タイのデンタルフェスタにて

Vol,64-(No.84) 歯の掃除って何回にも…

Vol,63-(No.83) 日本の歯科って…

Vol,62-(No.82) 子供1人産むと歯を1本失う

Vol,61-(No.81) ソンクラーンは情報収集

Vol,60-(No.80) 問診って大切です!

Vol,59-(No.79) 3D技術で顔面修復

Vol,58-(No.78) 電 話

Vol,57-(No.77) クリント・イーストウッドは…

Vol,56-(No.76) マウスピース

Vol,55-(No.75) ユマニチュード

Vol,54-(No.74) 帰国のシーズンです

Vol.53-(No.73) 入れ歯は完成した時が…

Vol,52-(No.72) タバコ

Vol,51-(No.71) いびき

Vol,50-(No.70) 民間の保険

Vol,49-(No.69) 子供の歯周病

Vol,48-(No.68) 道具を一つ増やしてみませんか

Vol,47-(No.67) 日本はすぐに神経をとる

Vol,46-(No.66) タイはすぐに歯を抜く

Vol,45-(No.65) リベース

Vol,44-(No.64) 女優さんと歯

Vol,43-(No.63) 日本で使われている…

Vol,42-(No.62) やはり知っておくべきです

Vol,41-(No.61) お医者さんに病名を言って…

Vol,40-(No.60) 下顎安静位

Vol,39-(No.59) 人生の流れで歯の事…

Vol,38-(No.58) 文化程度と歯の健康度

Vol,37-(No.57) ブリーチングは…

Vol,36-(No.56) 3Dプリンター

Vol,35-(No.55) ひどいニュースに…

Vol,34-(No.54) 過去のコラムをメールで…

Vol,33-(No.53) 医学知識がないと…

Vol,32-(No.52) 歯磨き後の口は…

Vol,31-(No.51) ステイン

Vol,30-(No.50) フロスと歯間ブラシ

Vol,29-(No.49) ピアスがあるから…

Vol,28-(No.48) 歯ぎしり

Vol,27-(No.47) 問 診

Vol,26-(No.46) ブリーチング

Vol,25-(No.45) アソアライナー

Vol,24-(No.44) 日本人は歯の健康状態が…

Vol,23-(No.43) 予約について

Vol,22-(No.42) ミニインプラント

Vol,21-(No.41) 乳歯でアンチエイジング

Vol,20-(No.40) 牛乳からつくった虫歯修復材

Vol,19-(No.39) フッ素のうがい薬

Vol,18-(No.38) うがい薬

Vol,17-(No.37) ペングリップ

Vol,16-(No.36) 電動歯ブラシってどうですか?

Vol,15-(No.35) ハミガキ

Vol,14-(No.34) 歯科の世界も国際化

Vol,13-(No.33) 前歯のコンプレックス

Vol,12-(No.32) 歯周内科

Vol,11-(No.31) 金属アレルギー

Vol,10-(No.30) スマイル入れ歯

Vol,9-(No.29) 入れ歯

Vol,8-(No.28) 歯の色の素材いろいろ

Vol,7-(No.27) 日本人は歯にたいしての…

Vol,6-(No.26) カスタマーとクライアント

Vol,5-(No.25) お得情報

Vol,4-(No.24) 丁寧にしっかりと…

Vol,3-(No.23) タイの歯医者さんと日本の…

Vol,2-(No.22) タイでも使える日本の…

Vol,1-(No.21) 話題になったコラムが…

ソンクラーンは情報収集

 タイの4月といえばソンクラーンですが、この時期は仕事になりません。多くの職種で同じ事が言えるとは思いますが、まず患者さんがバンコクからいなくなる。それよりも問題なのがスタッフが田舎に帰省してしまう事です。「ソンクラーンに働けるか」と聞いた事がありますが「年に一度故郷に帰って両親に会う。」と言われると親不孝者の私は、無理に働けとは言えません。無理をしてトラブルを起こすよりも逆に有効利用する事を考えるのがいいかなと毎年ソンクラーン中はお休みをいただいています。せっかくなので人並みに故郷の日本に帰っています。そして歯科の研究に熱心な友人達と意見交換をしています。10年以上前に「病院から乳幼児にフッ素の錠剤をもらったのですが飲ませて大丈夫ですか?」という質問に答えられなかったので、大学の小児歯科に残っている友人に話を聞いて、フッ素錠剤を作っている会社を紹介してもらい話を聞きに行って来た事もありました。おかげでフッ素錠剤についての知識を得られ、自信を持ってこのような質問にも答えられるようになり、とても有効な休み利用となりました。
 という事で、毎年ソンクラーンに日本に帰っては物知りな友人に連絡をとり情報集めをしています。今年仕入れてきた情報は、ダイレクトクラウンという歯科では一流の3Mの商品です。ここで以前ご紹介したミニインプラントもこの3Mです。このダイレクトクラウンですが日本でかなりのヒット商品のようです。いつも新商品は日本以外で発売されてから日本に入ってくるので遅れて入ってくる事が多いのですが、この素材だけは例外扱いだったようです。3Mの講習会に出席しないと販売出来ないというので常に講習会が満員だそうです。ですから、なかなか講習会の予約が取れない程の人気です。この講習会は、お金さえ払えば聞けるのに参加すると“認定”を受け、この“認定”をさぞ「私は偉い!」かのようにネットで掲げているのを見かけますので、この程度のものに騙されませんように。
 さてこのダイレクトクラウンですが「1日で白い歯ができる。しかも安い!」というのが売りです。2万円程度からの料金設定です。1日で、2万円、3万円という価格で白い歯が入るとなると需要はありそうですね。これを導入しようとする歯医者さんは「日本では、お金のかかるものは先すぼみで安いものが求められている。」と言います。経済状況が20年下降状態なのでそう思うのかもしれませんが、元々日本人は歯に対してお金をかけたがらないないので今に始まった事ではないと思います。この友人は10年以上前に“CADCAM”今で言う3Dプリンターみたいなもので1日で白い歯を作り患者さんに提供していました。私も興味があったのですが、当時の“CADCAM”では話にならない位、出来が悪く適合性もいまいちであまり良い印象がありませんでした。それに写真を撮ったりと色々な手間がかかり煩わしいものでした。今回のものは、あまり手間もかからずに出来るようで歯医者さんにとってもメリットが大きいです。
 このダイレクトクラウンですが前身があります。“プロテンプクラウン”というものです。同じく3Mの商品です。この時は、仮歯とされていました。ダイレクトクラウンは、素材にナノサイズのセラミックを混入させて素材を高級化させたと認識して良いです。従来のものは、耐久性にも問題があったのですが、その耐久性も改善されているようです。どの程度長く使用出来るかは新商品なので評価が難しいですが、プロテンプの時は仮歯だったのが、その改良品のダイレクトクラウンは仮のものではなくなったという部分にひっかかりを感じています。ネットでこれを始めましたという先生はたくさんいますが「1日で出来て安い!」という事を言うだけで、仮歯あがりのダイレクトクラウンの耐久性の事には何も言及していないのです。こんな紹介の仕方をされると患者さんも今まで10万円以上していた金属なしのクラウンが安く1日で出来ると思い込んで耐久性や他の要因、問題点を聞かされないまま飛びついてしまうのではないでしょうか。悪い商品だとは思いませんが患者さんには良い事だけではなく、考えられる問題点を多角的な面から説明し納得してもらう事が重要だと思うのですが、いかがでしょう。3年でダメになったとしてもそう高いものではないので、最初にデメリットを聞かされていれば問題はありませんが、良い面だけを強調してすぐにダメになれば問題です。
 もう一つ、3Mが他の国に先駆けて日本を優先したという事が気になります。先行したのはアメリカですが、アメリカでは最終補徹物としてではなくあくまで“仮歯”として使われているのではないかと思えてなりません。アメリカといってもそれこそ多様性の国ですから、こんな高級な仮歯を使うような治療もあれば“長く使えるクラウン”として理解されているものもあるとは思うのですが、その比率はあまり高くないと思うのです。私は歯科に関してヨーロッパはアメリカ以下、ところどころアメリカ以上、日本よりもずっと上と評価しています。そのヨーロッパでは仮歯としては高級品すぎて売れなさそう、最終補徹物としてはあまり使われないと3Mが評価しているのではないかと考えています。
 タイではどうでしょうか?プロテンプも見た事がありません。私が知らないだけかもしれませんが、販売されていないと思います。おそらく歯科の技工料金が非常に安いのでメリットがなしとされているのかもしれません。ただ日本人の患者さんは1日で終わってしまうことを強く望む方が大変多いように感じるので、日本人を対象にするなら需要があるかもしれません。そのうちタイでも日本人を対象にした歯科で導入されるかもしれません。