Dr.久米の歯科コラム

Vol,85-(No.105) 歯医者に“遠慮”って?

Vol,84-(No.104) 医者とのいい関係 ②

Vol,83-(No.103) 医者とのいい関係

Vol,82-(No.102) 歯並びについて

Vol,81-(No.101) 読者プレゼント

Vol,80-(No.100) 謙虚になること

Vol,79-(No.99) 日本の歯科治療と日本文化

Vol,78-(No.98) 日本の歯科は遅れている

Vol,77-(No.97) インレー

Vol,76-(No.96) 上顎洞炎

Vol,75-(No.95) キッズデンタルパーク

Vol,74-(No.94) ワシントンの歯の苦労

Vol,73-(No.93) 口腔癌

Vol,72-(No.92) シュミテクト

Vol,71-(No.91) 感謝の気持ち

Vol,70-(No.90) 虫歯の原因って…

Vol,69-(No.89) 痛みなんかで…

Vol,68-(No.88) ご自分の歯の模型と治療記録

Vol,67-(No.87) インプラント

Vol,66-(No.86) ちょっと怖い歯周病があります

Vol,65-(No.85) タイのデンタルフェスタにて

Vol,64-(No.84) 歯の掃除って何回にも…

Vol,63-(No.83) 日本の歯科って…

Vol,62-(No.82) 子供1人産むと歯を1本失う

Vol,61-(No.81) ソンクラーンは情報収集

Vol,60-(No.80) 問診って大切です!

Vol,59-(No.79) 3D技術で顔面修復

Vol,58-(No.78) 電 話

Vol,57-(No.77) クリント・イーストウッドは…

Vol,56-(No.76) マウスピース

Vol,55-(No.75) ユマニチュード

Vol,54-(No.74) 帰国のシーズンです

Vol.53-(No.73) 入れ歯は完成した時が…

Vol,52-(No.72) タバコ

Vol,51-(No.71) いびき

Vol,50-(No.70) 民間の保険

Vol,49-(No.69) 子供の歯周病

Vol,48-(No.68) 道具を一つ増やしてみませんか

Vol,47-(No.67) 日本はすぐに神経をとる

Vol,46-(No.66) タイはすぐに歯を抜く

Vol,45-(No.65) リベース

Vol,44-(No.64) 女優さんと歯

Vol,43-(No.63) 日本で使われている…

Vol,42-(No.62) やはり知っておくべきです

Vol,41-(No.61) お医者さんに病名を言って…

Vol,40-(No.60) 下顎安静位

Vol,39-(No.59) 人生の流れで歯の事…

Vol,38-(No.58) 文化程度と歯の健康度

Vol,37-(No.57) ブリーチングは…

Vol,36-(No.56) 3Dプリンター

Vol,35-(No.55) ひどいニュースに…

Vol,34-(No.54) 過去のコラムをメールで…

Vol,33-(No.53) 医学知識がないと…

Vol,32-(No.52) 歯磨き後の口は…

Vol,31-(No.51) ステイン

Vol,30-(No.50) フロスと歯間ブラシ

Vol,29-(No.49) ピアスがあるから…

Vol,28-(No.48) 歯ぎしり

Vol,27-(No.47) 問 診

Vol,26-(No.46) ブリーチング

Vol,25-(No.45) アソアライナー

Vol,24-(No.44) 日本人は歯の健康状態が…

Vol,23-(No.43) 予約について

Vol,22-(No.42) ミニインプラント

Vol,21-(No.41) 乳歯でアンチエイジング

Vol,20-(No.40) 牛乳からつくった虫歯修復材

Vol,19-(No.39) フッ素のうがい薬

Vol,18-(No.38) うがい薬

Vol,17-(No.37) ペングリップ

Vol,16-(No.36) 電動歯ブラシってどうですか?

Vol,15-(No.35) ハミガキ

Vol,14-(No.34) 歯科の世界も国際化

Vol,13-(No.33) 前歯のコンプレックス

Vol,12-(No.32) 歯周内科

Vol,11-(No.31) 金属アレルギー

Vol,10-(No.30) スマイル入れ歯

Vol,9-(No.29) 入れ歯

Vol,8-(No.28) 歯の色の素材いろいろ

Vol,7-(No.27) 日本人は歯にたいしての…

Vol,6-(No.26) カスタマーとクライアント

Vol,5-(No.25) お得情報

Vol,4-(No.24) 丁寧にしっかりと…

Vol,3-(No.23) タイの歯医者さんと日本の…

Vol,2-(No.22) タイでも使える日本の…

Vol,1-(No.21) 話題になったコラムが…

子供1人産むと歯を1本失う

 5月1日の朝日新聞デジタルに「出産多い女性、残る歯減る傾向」「妊娠中も十分ケアを」という記事が出ていました。
“出産回数0回の女性は18.6本の歯が残っていた。しかし、出産回数2回で18.3本に減り、3回では16.4本だった。4回以上だと15.6本となり、0回の人に比べて約3本少なかった。上下でかみ合っている奥歯の数も出産回数が増えると減った。男性について子どもの数で同様に分析したが、歯の数との関連はなかった。”
とのことです。大学で学んでいるときに教授がこの話題をされていたのを思い出します。「子供1人産むと歯を1本失う。」と言われているが医学的には根拠なし。妊娠中は大切にされ、ものぐさになり歯磨きも疎かになっているから。つわりがヒドイと口の中に歯ブラシ入れるのもイヤになって歯磨きが疎かになるといったことが原因じゃないかと考えられる。なんておっしゃられていました。この意見も教授様の言葉ですから無視できませんが、上記のような疫学調査ではっきり差が出ているなら“妊娠”と“歯の状態”にはなんらかの関係があると考えなければいけないと思います。妊娠したから歯の状態が悪くなる“医学的根拠なし”というのは「まだわかっていない。」にするべきだと思うのですが。
 ともかく「妊娠したら体のカルシウムが赤ちゃんに取られて歯が弱くなる」という俗説をさも事実のように言われる方がいますが、これは絶対にありません。上記の教授の言葉もこういった俗説に対して“医学的根拠なし”と言われたはずです。他の説に関しては“まだわかっていない”と言うことでしょう。
 この記事の中で“東京医科歯科大の植野正之准教授(健康推進歯学)と国立がん研究センターなどの共同研究でわかった。妊娠中はホルモンバランスが変化して虫歯などになりやすい上、治療を避ける傾向があるためらしい。”とも書かれていました。“ホルモンバランスと虫歯になりやすい”を結びつけるのはやっかいですね。これをしっかり医学的に検証できる形で明示できれば歯学界で名前が残せるでしょうね。もう一つの“治療を避ける傾向にある”は本当です。たとえ患者さんが妊娠中でも妊娠していなときと同じように歯科に受診しても歯医者さんのほうが治療を避けるからです。基本的には妊娠中は歯科治療はしないが原則です。妊娠期間の最初の3ヶ月と後の3ヶ月は微妙な時期ですからよっぽどのことがないと歯の掃除すらしません。どうしても必要となればその間の期間(安定期)にと教科書には書いてありますが。積極的にやるものではありませんね。先日ももうそろそろ出産という時期に「歯がとれた」(正確には日本で作ったクラウンが外れた)と来られました。私は日本で行われた治療にはあまり良い印象はないので、妊娠していないのであればレントゲンぐらいとって状態を確認してみませんかと提案するところなのですが、妊娠中であればレントゲンも撮りたくありません。患者さんも同じ思いです。元々、日本人の歯科意識ってクラウンが外れても、もう一度付け直せば「治ったぁ!」という感覚の人がほとんどです。残念ながらレントゲンを撮れば過去の実績で100%に近い確率で“問題あり”です。歯科治療の空白期間が10代後半から40歳ぐらいまでにあるということは大きく影響していると思います。
 以前、このコラムで妊娠期間のことをお書きしましたが、今回は妊娠が歯の状態を悪くするという疫学結果があるならどう対処するかをテーマにします。妊娠で体の変化がどう歯に悪影響があるかは“よくわかっていない”のでこれは学者さんに頑張っていただくとして“妊娠期間中は口の中の状態が悪くなる”ぐらいの認識をもってあたるほうがいいと思います。具体的にどのような問題かはわかっていませんが。もう一つの歯科治療の空白期間があるというのも今一度、再認識しておいたほうがいいでしょう。朝日デジタルの記事を読んで「へぇー」、「やっぱり」で終わらせずにこのように捉えられてください。
 当院でも妊娠中の方を見ますが、少なからず親知らずを放置という方はいらっしゃいます。親知らずの問題が出ても(下顎が腫れる!口が開かない!なんてこともあります。)妊娠期間中には処置したくないとのことです。こんなリスクは犯すべきではありませんが、こんなことも『日本の常識』になっていません。妊娠前にむこう1年ぐらいは歯の問題が起こらないようにしてから妊娠するべきです。これが『日本の常識』になってもらいたいと願っています。
 そして妊娠期間中は口の中の状態が悪くなるのであれば、せめて歯磨きぐらいは疎かにならないように注意するべきです。ついでながら、妊娠期間中に口の中の状態を悪くしているということは口の中の細菌層が悪いということに通じます。お母さんの口の細菌層と赤ちゃんの口の中の細菌層は関係ありです。妊娠期間中の口の中の衛生状況は赤ちゃんにまで遺伝しているかのようにも見えます。歯の悪い家系というのがあるならDNAの問題よりもお母さんの妊娠中の心構えで起きていると言えるかもしれません。