Dr.久米の歯科コラム

Vol,85-(No.105) 歯医者に“遠慮”って?

Vol,84-(No.104) 医者とのいい関係 ②

Vol,83-(No.103) 医者とのいい関係

Vol,82-(No.102) 歯並びについて

Vol,81-(No.101) 読者プレゼント

Vol,80-(No.100) 謙虚になること

Vol,79-(No.99) 日本の歯科治療と日本文化

Vol,78-(No.98) 日本の歯科は遅れている

Vol,77-(No.97) インレー

Vol,76-(No.96) 上顎洞炎

Vol,75-(No.95) キッズデンタルパーク

Vol,74-(No.94) ワシントンの歯の苦労

Vol,73-(No.93) 口腔癌

Vol,72-(No.92) シュミテクト

Vol,71-(No.91) 感謝の気持ち

Vol,70-(No.90) 虫歯の原因って…

Vol,69-(No.89) 痛みなんかで…

Vol,68-(No.88) ご自分の歯の模型と治療記録

Vol,67-(No.87) インプラント

Vol,66-(No.86) ちょっと怖い歯周病があります

Vol,65-(No.85) タイのデンタルフェスタにて

Vol,64-(No.84) 歯の掃除って何回にも…

Vol,63-(No.83) 日本の歯科って…

Vol,62-(No.82) 子供1人産むと歯を1本失う

Vol,61-(No.81) ソンクラーンは情報収集

Vol,60-(No.80) 問診って大切です!

Vol,59-(No.79) 3D技術で顔面修復

Vol,58-(No.78) 電 話

Vol,57-(No.77) クリント・イーストウッドは…

Vol,56-(No.76) マウスピース

Vol,55-(No.75) ユマニチュード

Vol,54-(No.74) 帰国のシーズンです

Vol.53-(No.73) 入れ歯は完成した時が…

Vol,52-(No.72) タバコ

Vol,51-(No.71) いびき

Vol,50-(No.70) 民間の保険

Vol,49-(No.69) 子供の歯周病

Vol,48-(No.68) 道具を一つ増やしてみませんか

Vol,47-(No.67) 日本はすぐに神経をとる

Vol,46-(No.66) タイはすぐに歯を抜く

Vol,45-(No.65) リベース

Vol,44-(No.64) 女優さんと歯

Vol,43-(No.63) 日本で使われている…

Vol,42-(No.62) やはり知っておくべきです

Vol,41-(No.61) お医者さんに病名を言って…

Vol,40-(No.60) 下顎安静位

Vol,39-(No.59) 人生の流れで歯の事…

Vol,38-(No.58) 文化程度と歯の健康度

Vol,37-(No.57) ブリーチングは…

Vol,36-(No.56) 3Dプリンター

Vol,35-(No.55) ひどいニュースに…

Vol,34-(No.54) 過去のコラムをメールで…

Vol,33-(No.53) 医学知識がないと…

Vol,32-(No.52) 歯磨き後の口は…

Vol,31-(No.51) ステイン

Vol,30-(No.50) フロスと歯間ブラシ

Vol,29-(No.49) ピアスがあるから…

Vol,28-(No.48) 歯ぎしり

Vol,27-(No.47) 問 診

Vol,26-(No.46) ブリーチング

Vol,25-(No.45) アソアライナー

Vol,24-(No.44) 日本人は歯の健康状態が…

Vol,23-(No.43) 予約について

Vol,22-(No.42) ミニインプラント

Vol,21-(No.41) 乳歯でアンチエイジング

Vol,20-(No.40) 牛乳からつくった虫歯修復材

Vol,19-(No.39) フッ素のうがい薬

Vol,18-(No.38) うがい薬

Vol,17-(No.37) ペングリップ

Vol,16-(No.36) 電動歯ブラシってどうですか?

Vol,15-(No.35) ハミガキ

Vol,14-(No.34) 歯科の世界も国際化

Vol,13-(No.33) 前歯のコンプレックス

Vol,12-(No.32) 歯周内科

Vol,11-(No.31) 金属アレルギー

Vol,10-(No.30) スマイル入れ歯

Vol,9-(No.29) 入れ歯

Vol,8-(No.28) 歯の色の素材いろいろ

Vol,7-(No.27) 日本人は歯にたいしての…

Vol,6-(No.26) カスタマーとクライアント

Vol,5-(No.25) お得情報

Vol,4-(No.24) 丁寧にしっかりと…

Vol,3-(No.23) タイの歯医者さんと日本の…

Vol,2-(No.22) タイでも使える日本の…

Vol,1-(No.21) 話題になったコラムが…

歯の掃除って何回にも分けてすることなの?

 「歯の掃除をお願いします。」と、お越しになられる患者さんが多くいらっしゃいます。日本にいたときよりもずっと高い比率です。私がタイにいらっしゃる日本人の方たちの歯科や口腔内への関心が日本にいる日本人の平均よりも高いと感じる理由の1つです。歯の掃除が終わって、「タイはいいですね。歯の掃除は1回で終わる。日本だったら何回も行かないと終わらないけれど。」と言われる方が多くいらっしゃいます。「今日は上だけやりましたから、下は次回いたします。」と言われることがあるとのことです。歯科医学的な視点から考えますと、1回で歯の掃除を全部終わらせずに、2回に分けたほうがいい理由があるのか疑問です。歯医者さんだったら歯の掃除なんて短期間内でも何度でもやったほうがいいと患者さんに言われているはずですが、その歯の掃除をお願いしてくる人に「今日はここまで、残りは次回に」というのであれば、おかしなことです。実際、こんなおかしなことが行われているのは日本だけでしょう。日本以外の歯科医院で歯の掃除を2回、3回に分けているところなんてまずないはずです。このことに関しても日本の歯医者さんは世界的に見てスタンダードから外れているところがあります。ここで日本の歯医者さんは忙しいから全部掃除する時間がとれないから2回、3回に分けているんだと歯医者さんに対して非常に好意的に考えておられる方もいらっしゃるようです。50年ぐらい前の歯医者さんだと朝9時に医院を開けようとすると外に100人ぐらい患者さんが待っていたなんて時期もあったようなので、その頃のことがまだトラウマとして残っているのでしょうか。一人の歯医者に1日100人の患者さんが来るということがどれだけ異常なことか。1日10時間働くとしても1時間あたり10人の計算です。1人あたり6分!こんなことが当たり前の国はとても文明国とは思えません。歯の掃除でさえ2回に分けなければいけないとなると、これも同じように文明国での出来事とは思えません。
 ここで歯医者さんの裏事情を暴露します。日本ではほとんどの歯医者さんは保険医です。その昔、一人の歯医者さんが400万円以上の保険金請求を出せば監査の対象になっていました。ただでさえ国の財政事情を悪くしている医療費を何とか抑えたいという当時の厚生省の手段だったと思います。それが20年ぐらい前から合計金額ではなく、担当した患者さんあたりの平均請求額であたるようになりました。始まった頃は1レセプトあたり2万円。医院あたりの平均ですから半数はそれを越えます。そして監査にかかるとうっとうしいことが起こります。歯科医院にとって、一番ハッピーな結末であるはずの“お咎め無し”で終わったとしても監査のために1日以上は営業を妨害されます。それに対しての補填などがあるはずもありません。そうなると皆、平均請求額を下げる努力をします。年々下がっていって1.5万円になりました。今はどれぐらいかは知りませんが、まず1.5万円以下のはずです。しかし、ただ下げてしまうだけだと収入が減ります。収入が減らないように1人あたりの平均点数を下げるには1ヶ月あたりの患者さん数を増やせば良いということになります。6月に4000円という請求を、6月2000円と7月2000円と分けてあげれば収入を減らさず、平均請求金額を下げることができるという仕組みです。こんなバカみたいな理由で歯の掃除程度のことで月をまたぐということが日本では起こっています。上記のテクニック(?)は、私のようにこういったことに無頓着なものであっても知っていることですが、それ以上のバカみたいな事情はいっぱいありそうです。というのも、こういったことを歯医者さんに伝授する講習会なるものがあるからです。この講習会を受けたからといって誰の利益になるものでもありません。歯医者さん全員が知ってしまえば平均点数は下がるけれども、全体の平均点も下がるので保険課から睨まれることがなくなるというわけでもありません。患者さんにメリットがあろうはずもなく、むしろ迷惑だけかけていますから。どこかで本当に日本国民のためになることを考え、日本を引っ張ってくれる人が出てくればいいのですが。どうしても自分のことだけ、個のことしか考えられず、日本全体の議論にはならないようです。そして歯医者は政策が悪いとか歯科医師会が悪いといいます。政府も歯医者が悪いと考えているでしょうし、話の中心であるはずの国民はまず実情を知らないし、意識も低いとなっています。そして今の歯科事情となっています。
 私が日本の歯科は“特異”であるとか“ガラパゴス”と形容していますが、これがどれ程の役に立つのか。やはり思うのは国民の健康に対しての意識が高まらないと改善していかないのではないかと思っています。国民の意識が高まればテレビやインターネットで取り上げられることも増え、国民が“知る”ことになります。そこで問題意識が高まっていけばどんどん改善されていくのではないかと。前回の読売新聞の「日本の歯科医院は不潔!」という記事がその始まりであることを祈っています。