Dr.久米の歯科コラム

Vol,85-(No.105) 歯医者に“遠慮”って?

Vol,84-(No.104) 医者とのいい関係 ②

Vol,83-(No.103) 医者とのいい関係

Vol,82-(No.102) 歯並びについて

Vol,81-(No.101) 読者プレゼント

Vol,80-(No.100) 謙虚になること

Vol,79-(No.99) 日本の歯科治療と日本文化

Vol,78-(No.98) 日本の歯科は遅れている

Vol,77-(No.97) インレー

Vol,76-(No.96) 上顎洞炎

Vol,75-(No.95) キッズデンタルパーク

Vol,74-(No.94) ワシントンの歯の苦労

Vol,73-(No.93) 口腔癌

Vol,72-(No.92) シュミテクト

Vol,71-(No.91) 感謝の気持ち

Vol,70-(No.90) 虫歯の原因って…

Vol,69-(No.89) 痛みなんかで…

Vol,68-(No.88) ご自分の歯の模型と治療記録

Vol,67-(No.87) インプラント

Vol,66-(No.86) ちょっと怖い歯周病があります

Vol,65-(No.85) タイのデンタルフェスタにて

Vol,64-(No.84) 歯の掃除って何回にも…

Vol,63-(No.83) 日本の歯科って…

Vol,62-(No.82) 子供1人産むと歯を1本失う

Vol,61-(No.81) ソンクラーンは情報収集

Vol,60-(No.80) 問診って大切です!

Vol,59-(No.79) 3D技術で顔面修復

Vol,58-(No.78) 電 話

Vol,57-(No.77) クリント・イーストウッドは…

Vol,56-(No.76) マウスピース

Vol,55-(No.75) ユマニチュード

Vol,54-(No.74) 帰国のシーズンです

Vol.53-(No.73) 入れ歯は完成した時が…

Vol,52-(No.72) タバコ

Vol,51-(No.71) いびき

Vol,50-(No.70) 民間の保険

Vol,49-(No.69) 子供の歯周病

Vol,48-(No.68) 道具を一つ増やしてみませんか

Vol,47-(No.67) 日本はすぐに神経をとる

Vol,46-(No.66) タイはすぐに歯を抜く

Vol,45-(No.65) リベース

Vol,44-(No.64) 女優さんと歯

Vol,43-(No.63) 日本で使われている…

Vol,42-(No.62) やはり知っておくべきです

Vol,41-(No.61) お医者さんに病名を言って…

Vol,40-(No.60) 下顎安静位

Vol,39-(No.59) 人生の流れで歯の事…

Vol,38-(No.58) 文化程度と歯の健康度

Vol,37-(No.57) ブリーチングは…

Vol,36-(No.56) 3Dプリンター

Vol,35-(No.55) ひどいニュースに…

Vol,34-(No.54) 過去のコラムをメールで…

Vol,33-(No.53) 医学知識がないと…

Vol,32-(No.52) 歯磨き後の口は…

Vol,31-(No.51) ステイン

Vol,30-(No.50) フロスと歯間ブラシ

Vol,29-(No.49) ピアスがあるから…

Vol,28-(No.48) 歯ぎしり

Vol,27-(No.47) 問 診

Vol,26-(No.46) ブリーチング

Vol,25-(No.45) アソアライナー

Vol,24-(No.44) 日本人は歯の健康状態が…

Vol,23-(No.43) 予約について

Vol,22-(No.42) ミニインプラント

Vol,21-(No.41) 乳歯でアンチエイジング

Vol,20-(No.40) 牛乳からつくった虫歯修復材

Vol,19-(No.39) フッ素のうがい薬

Vol,18-(No.38) うがい薬

Vol,17-(No.37) ペングリップ

Vol,16-(No.36) 電動歯ブラシってどうですか?

Vol,15-(No.35) ハミガキ

Vol,14-(No.34) 歯科の世界も国際化

Vol,13-(No.33) 前歯のコンプレックス

Vol,12-(No.32) 歯周内科

Vol,11-(No.31) 金属アレルギー

Vol,10-(No.30) スマイル入れ歯

Vol,9-(No.29) 入れ歯

Vol,8-(No.28) 歯の色の素材いろいろ

Vol,7-(No.27) 日本人は歯にたいしての…

Vol,6-(No.26) カスタマーとクライアント

Vol,5-(No.25) お得情報

Vol,4-(No.24) 丁寧にしっかりと…

Vol,3-(No.23) タイの歯医者さんと日本の…

Vol,2-(No.22) タイでも使える日本の…

Vol,1-(No.21) 話題になったコラムが…

タイのデンタルフェスタにて

 前々回、読売新聞のショッキングな話題「日本の歯科医院ではハンドピースを滅菌していない」をとりあげましたが、この話を機会があれば当院の患者さんにお話していました。驚かれる方もいれば「ふーん。」といった反応の方まで様々でした。日本で働いていれば良いものを、もの好きにもタイで働いている歯医者なんて怪しいですから信用してもらえないのも仕方がないかな?くらいに思っていましたが、読売新聞が言っているということでも、まだ信じられない方もいらっしゃるようです。そんな方には日本で歯科治療を受けた時に、隣の診療椅子で行われていることをご自分の目で確かめてみるといいです。大抵の場合、部屋に3~4つ椅子が並べてありますし、一人の歯医者が3つ同時に担当するので待たされます。その待っている間に隣の椅子を見てください。診療が終わってからハンドピース(歯を削る器具のこと)を交換するかどうか。
 先日、タイではデンタルフェアがありまして、日本からも歯医者さんや歯科材料屋さんが来られていました。そこで読売新聞の話をしてみたところ、やはりみんなご存知でした。歯医者さんたちの意見によると今年4月に消費税が上がり、売上が落ちるので歯科器具を作っている会社が読売新聞にこの話を持ち込んで、ハンドピースの販売を促進させようとしているのではないかということを、まことしやかに日本では囁かれているそうです。もし本当のことでしたらイヤらしい商売の仕方ですね。しかし、商売のやり方はともかく、本当に歯科医院がたくさんのハンドピースを用意して、ちゃんと滅菌してくれるようになれば日本も世界の滅菌レベルに近づけるので結果オーライかもしれません。この人たちとは別の歯科医師にこの話題をすると「じゃあ、これからは滅菌します。」と言われました。えらく簡単に一番望ましい答えが返ってきたので驚きましたが、この人は「うちはガス滅菌がありますから」とトンチンカンなことを言い出しました。患者さんごとに滅菌するならば、滅菌の最中にもう一つのハンドピースが必要になるので、買わなければいけないというのことがわかっていないようです。それにガス滅菌で何をしようというのか?常識的に考えてみて、患者さんごとにハンドピースを滅菌するとなれば、複数のハンドピースを用意しなければなりません。日本でのハンドピースの値段は世界の中でも異常に高額な値段です。修理代金なんて詐欺だと思うような料金設定です。ハンドピースは1セットで3本が基本です。高速ハンドピース、低速だけれどトルクのあるタイプのもの。これはストレートタイプとコントラアングルという90度の角度がついた2種類があります。1本10万円として、1セット30万円。3つの診療椅子用とするとその3倍。1セット程度だと滅菌時間が間に合わないかもしれません。その倍は最低欲しいところです。となると30万円×3×2=180万円。ハンドピースをたくさん買うよりも短時間で滅菌する器具を買うという選択もありますが、通常ですとガス滅菌は使われておらず、オートクレーブというもので滅菌しますが、短時間で終わらせるものは倍以上の値段がします。しかし、もしかすると今まで外国製しかなかったこの短時間滅菌オートクレーブを日本のメーカーが作るようになってこの会社が読売新聞にはたらきかけたのかもしれません。
 24才そこそこで“先生”と呼ばれる立場になり、開業してしまえばやっていることをチェック評価する人は自分以外にいません。多くの先生が天上天下唯我独尊になっています。私立の歯科大の先生なんて小学生の頃は周りから尊敬されることはあまりなかったと思うのですがいつから世界一とも思えるほどの自信をつけられたのか。間違いを指摘してもトンチンカンな返答で逃げたり、聞かなかったことにして自分の唯我独尊状態を守っているのでしょうか。「今の自分のやっていることは絶対に正しい!ケチを付けるな!」という態度はないと思います。このトンチンカンな反応をした先生は100万円以上の投資が必要となればまずしないでしょう。日本の歯医者さんはこういうタイプの先生がかなりいらっしゃるように思えてきました。第一、問題点を論理的に考えてみて、その問題を対処する場合、考えられる数々の対応。また、その対応の仕方によって起こる問題点。対応しない場合はどんな問題点があるかを列挙するという具合に考えればよいはずなのですが。やはり日本の歯科医師ってレベルが高くないと思えてしまいます。
 前者の先生に「日本の歯医者ってレベルが低いと思うんです。」と言うと、ちょっとムッとして「そんなことはないでしょう。」と否定されました。「クラウンレンタニングという言葉はご存じですか?日本の歯医者さんはほとんど知らないと思います。しかし、日本以外の歯医者さんは誰でも知っています。」やはりこの先生もご存知ありませんでした。根拠もなく日本の歯科医療レベルは世界で高いものと思っていたようです。日本以外のことを知らないのに世界に劣っていないと確信できることが不思議です。「日本以外ではメタルインレーはまずされません。ご存知でしたか?」と続けると、驚いたように「じゃ、何をするんですか?」 と聞かれる始末です。メタルインレーの他に治療手段知らないとなれば、やはりレベルが低いと言わざるを得ません。この先生も私の言うことを簡単に信じられないと思うので「ここバンコクは国際都市の名にふさわしく、いろいろな国の人がいて、この会場にもいろいろな国から来られています。メタルインレーを探してみてください。ないはずですよ。」と続けました。私の話は驚きの連続でカルチャーショックだったようです。しかし、ある部分では聞かなかったことにして自分を守っているところも多々感じました。やはり議論ができるレベルの高い先生って日本では見つけにくいものですね。