Dr.久米の歯科コラム

Vol,85-(No.105) 歯医者に“遠慮”って?

Vol,84-(No.104) 医者とのいい関係 ②

Vol,83-(No.103) 医者とのいい関係

Vol,82-(No.102) 歯並びについて

Vol,81-(No.101) 読者プレゼント

Vol,80-(No.100) 謙虚になること

Vol,79-(No.99) 日本の歯科治療と日本文化

Vol,78-(No.98) 日本の歯科は遅れている

Vol,77-(No.97) インレー

Vol,76-(No.96) 上顎洞炎

Vol,75-(No.95) キッズデンタルパーク

Vol,74-(No.94) ワシントンの歯の苦労

Vol,73-(No.93) 口腔癌

Vol,72-(No.92) シュミテクト

Vol,71-(No.91) 感謝の気持ち

Vol,70-(No.90) 虫歯の原因って…

Vol,69-(No.89) 痛みなんかで…

Vol,68-(No.88) ご自分の歯の模型と治療記録

Vol,67-(No.87) インプラント

Vol,66-(No.86) ちょっと怖い歯周病があります

Vol,65-(No.85) タイのデンタルフェスタにて

Vol,64-(No.84) 歯の掃除って何回にも…

Vol,63-(No.83) 日本の歯科って…

Vol,62-(No.82) 子供1人産むと歯を1本失う

Vol,61-(No.81) ソンクラーンは情報収集

Vol,60-(No.80) 問診って大切です!

Vol,59-(No.79) 3D技術で顔面修復

Vol,58-(No.78) 電 話

Vol,57-(No.77) クリント・イーストウッドは…

Vol,56-(No.76) マウスピース

Vol,55-(No.75) ユマニチュード

Vol,54-(No.74) 帰国のシーズンです

Vol.53-(No.73) 入れ歯は完成した時が…

Vol,52-(No.72) タバコ

Vol,51-(No.71) いびき

Vol,50-(No.70) 民間の保険

Vol,49-(No.69) 子供の歯周病

Vol,48-(No.68) 道具を一つ増やしてみませんか

Vol,47-(No.67) 日本はすぐに神経をとる

Vol,46-(No.66) タイはすぐに歯を抜く

Vol,45-(No.65) リベース

Vol,44-(No.64) 女優さんと歯

Vol,43-(No.63) 日本で使われている…

Vol,42-(No.62) やはり知っておくべきです

Vol,41-(No.61) お医者さんに病名を言って…

Vol,40-(No.60) 下顎安静位

Vol,39-(No.59) 人生の流れで歯の事…

Vol,38-(No.58) 文化程度と歯の健康度

Vol,37-(No.57) ブリーチングは…

Vol,36-(No.56) 3Dプリンター

Vol,35-(No.55) ひどいニュースに…

Vol,34-(No.54) 過去のコラムをメールで…

Vol,33-(No.53) 医学知識がないと…

Vol,32-(No.52) 歯磨き後の口は…

Vol,31-(No.51) ステイン

Vol,30-(No.50) フロスと歯間ブラシ

Vol,29-(No.49) ピアスがあるから…

Vol,28-(No.48) 歯ぎしり

Vol,27-(No.47) 問 診

Vol,26-(No.46) ブリーチング

Vol,25-(No.45) アソアライナー

Vol,24-(No.44) 日本人は歯の健康状態が…

Vol,23-(No.43) 予約について

Vol,22-(No.42) ミニインプラント

Vol,21-(No.41) 乳歯でアンチエイジング

Vol,20-(No.40) 牛乳からつくった虫歯修復材

Vol,19-(No.39) フッ素のうがい薬

Vol,18-(No.38) うがい薬

Vol,17-(No.37) ペングリップ

Vol,16-(No.36) 電動歯ブラシってどうですか?

Vol,15-(No.35) ハミガキ

Vol,14-(No.34) 歯科の世界も国際化

Vol,13-(No.33) 前歯のコンプレックス

Vol,12-(No.32) 歯周内科

Vol,11-(No.31) 金属アレルギー

Vol,10-(No.30) スマイル入れ歯

Vol,9-(No.29) 入れ歯

Vol,8-(No.28) 歯の色の素材いろいろ

Vol,7-(No.27) 日本人は歯にたいしての…

Vol,6-(No.26) カスタマーとクライアント

Vol,5-(No.25) お得情報

Vol,4-(No.24) 丁寧にしっかりと…

Vol,3-(No.23) タイの歯医者さんと日本の…

Vol,2-(No.22) タイでも使える日本の…

Vol,1-(No.21) 話題になったコラムが…

ちょっと怖い歯周病があります

 これまで歯周病の話を何度かしてきましたが、今までお話してきた歯周病は治る歯周病のことでした。歯周病にもいろいろあって非常に治りにくいものもあります。それは病気のこと自体がそもそもわかっていないので打つ手がないというものです。一般に難治性と呼ばれます。そのなかでも代表的なものが侵襲性歯周炎(若年性歯周病)です。そう頻繁にあるものでもありませんが滅多にないというものでもありません。全体では0.1%ぐらいとの説もあります。私の実感としては歯周病を問題とする患者さんのうち、数%といった頻度でしょうか。若年性と別名がありますが子供だけというわけではありません。大人にもあります。ただ3才未満でも起こるという怖い病気です。3才といえば乳歯が生え揃った頃ですから生まれながらに歯周病というかわいそうな人生です。この怖い侵襲性歯周炎ですが糖尿病を代表としていろいろな病気と関連しているのではと言われています。上記橋本病など、どれも免疫に関係した病気に見えます。そこで歯周病がこれらの病気に関連しているとみるのではなく、免疫システムに問題があってその表現形として糖尿病や橋本病であったり、歯周病であったり、そしてそれらの複数が起こるとは考えられないものかと。もしそうであるなら元の免疫システムを正常にしない限り治らなかったり、再発を繰り返すことになります。歯周ポケットの掃除や周辺組織の正常化をはかっても治らないのは免疫システムのことを考慮した治療を行わないからではないかと。しかし相手は“難治性”ですから免疫システムの何が問題なのかがわかっていないので有効な手段がない。糖尿病の治療でも表現形としての血糖値を下げるような処置をしても治ったことにはなりませんので同じことが起きています。歯周病の治療は歯医者だけというわけにいかず、患者さん自らの口の中の清掃が重要になってくるので歯磨きの道具を紹介するわけですが、「フロスも使っている。電動歯ブラシも使っている。でもダメだ。」というケースがあります。道具の使い方に問題があるのかとチェックしてもそう悪いということもない場合ですと侵襲性歯周炎を疑いたくなります。一般に糖尿病のせいと言われていますが、よくわかっていないようです。そこで糖尿病のほうは大丈夫ですか?とお伺いすることになります。Yesの場合もあればNoの場合もあります。先日の患者さんは私の話で心配され、病院に行って糖尿病の検査をされました。すると糖尿病は大丈夫だけれど橋本病が見つかったそうです。先生のおかげで見つかってよかったですと感謝されましたが、もう歯周病が難治性であることが裏付けられたようなものなので、私の方は感謝されても喜んでいいものかどうか戸惑ってしまいました。難治性の歯周病は糖尿病とペアで語られることが多いのですが、今回のような橋本病のようなこともあります。糖尿病と同じく免疫に問題がある病気です。他にもたくさんの例がありますが、ほぼ免疫と関係のある病気です。そもそも歯周病自体が免疫異常の疾患と捉えるべきものかもしれません。10年ほど前に上下の前歯の歯茎が腫れて歯が半分ぐらいしか見えないというケースがありました。全部クラウンが入っていたので、「どうせ日本で作ったマージンの合っていないクラウンのせいで清掃不良が原因だろう。」と思いました。案の定、マージン不適合だったので作り変えました。これで掃除しやすくなったのですぐに歯茎の腫れもひくだろうと思っていましたが、思ったほど健康な歯茎になりませんでした。最初は患者さんの歯磨きの仕方に問題があると思い、毎日当院に通ってもらい、歯の掃除をしたところ、最初に比べれば良くなりましたが、思ったほどの回復ではありませんでした。それでも当初の歯が半分隠れるぐらいの歯茎の腫れからすると、ちょっと歯肉炎かな程度になったわけですが。歯科医院で歯の掃除を毎日した結果としては釈然としませんでした。でも出来ることはやり尽くしたとも思っていました。その後、数年してその方が癌におかされました。今思えばやはり免疫に問題があったのかもしれません。そのときに「歯周病の治りが悪いので糖尿病などの免疫系の病気の可能性があるかもしれないので一度検査してもらってはどうでしょうか?」と提案していれば、癌の早期発見に役立ったかもしれません。幸いこの方は手遅れになるようなことはなかったようで私は救われましたが。自分では歯医者は歯だけを治療するという狭い守備範囲に限るようなことであってはダメで、人間を診るという立場に立たなければならないという言葉に感銘していましたが、実際は大きく“人間全体”を診れてはいなかったようです。やはり奥が深いです。ただ歯が抜ける病気と思われていた歯周病ですが、最近は全身に影響を及ぼすことがわかってきました。また、歯周病のために糖尿病を引き起こしている可能性も示唆されていますから、やはり木を見て森を見ずになってはいけません。そしてこのことを患者さんにお伝えしなければなりません。心筋梗塞、脳梗塞といった日本人の死因の上位にくる病気も含まれています。歯周病を治すために歯医者が糖尿病や心筋梗塞や動脈硬化を治療するわけにもいかないので他科との連携も重要になります。ただ私の知る限り、医科と歯科が連携して治療にあたるということは少ないようです。骨を切って矯正治療するとか、顔面の骨折や顎の骨の癌で顎を大きく失うケースぐらいです。糖尿病を治すために歯科治療が必要となった場合、保険が効くのかという問題も起こるはずです。そうなると病気の実態が世の中で充分理解されることが必要になります。まだまだ先が長そうです。またこういった“難治性”という病気は今の時点では治らないということなので、研究者のさらなる奮起をお願いしたいところです。治す術を持たない医者なんて情けない存在です。ネットでこの難治性の歯周病の治療を検索してみたところ、ほとんどはありふれた歯の清掃ばかりでしたが中には以前紹介した歯周内科で使われている薬剤も出てきていました。服用してもたいした害はないのでダメ元で試してみたいところですね。ということで今回は馴染みのある歯周病についてでしたが、そのありふれた病気と思っていたものの中には怖い種類もあるという事と、近い(?)将来、医科と歯科の連携した治療が行われるのではないかという予測を紹介しました。