Dr.久米の歯科コラム

Vol,85-(No.105) 歯医者に“遠慮”って?

Vol,84-(No.104) 医者とのいい関係 ②

Vol,83-(No.103) 医者とのいい関係

Vol,82-(No.102) 歯並びについて

Vol,81-(No.101) 読者プレゼント

Vol,80-(No.100) 謙虚になること

Vol,79-(No.99) 日本の歯科治療と日本文化

Vol,78-(No.98) 日本の歯科は遅れている

Vol,77-(No.97) インレー

Vol,76-(No.96) 上顎洞炎

Vol,75-(No.95) キッズデンタルパーク

Vol,74-(No.94) ワシントンの歯の苦労

Vol,73-(No.93) 口腔癌

Vol,72-(No.92) シュミテクト

Vol,71-(No.91) 感謝の気持ち

Vol,70-(No.90) 虫歯の原因って…

Vol,69-(No.89) 痛みなんかで…

Vol,68-(No.88) ご自分の歯の模型と治療記録

Vol,67-(No.87) インプラント

Vol,66-(No.86) ちょっと怖い歯周病があります

Vol,65-(No.85) タイのデンタルフェスタにて

Vol,64-(No.84) 歯の掃除って何回にも…

Vol,63-(No.83) 日本の歯科って…

Vol,62-(No.82) 子供1人産むと歯を1本失う

Vol,61-(No.81) ソンクラーンは情報収集

Vol,60-(No.80) 問診って大切です!

Vol,59-(No.79) 3D技術で顔面修復

Vol,58-(No.78) 電 話

Vol,57-(No.77) クリント・イーストウッドは…

Vol,56-(No.76) マウスピース

Vol,55-(No.75) ユマニチュード

Vol,54-(No.74) 帰国のシーズンです

Vol.53-(No.73) 入れ歯は完成した時が…

Vol,52-(No.72) タバコ

Vol,51-(No.71) いびき

Vol,50-(No.70) 民間の保険

Vol,49-(No.69) 子供の歯周病

Vol,48-(No.68) 道具を一つ増やしてみませんか

Vol,47-(No.67) 日本はすぐに神経をとる

Vol,46-(No.66) タイはすぐに歯を抜く

Vol,45-(No.65) リベース

Vol,44-(No.64) 女優さんと歯

Vol,43-(No.63) 日本で使われている…

Vol,42-(No.62) やはり知っておくべきです

Vol,41-(No.61) お医者さんに病名を言って…

Vol,40-(No.60) 下顎安静位

Vol,39-(No.59) 人生の流れで歯の事…

Vol,38-(No.58) 文化程度と歯の健康度

Vol,37-(No.57) ブリーチングは…

Vol,36-(No.56) 3Dプリンター

Vol,35-(No.55) ひどいニュースに…

Vol,34-(No.54) 過去のコラムをメールで…

Vol,33-(No.53) 医学知識がないと…

Vol,32-(No.52) 歯磨き後の口は…

Vol,31-(No.51) ステイン

Vol,30-(No.50) フロスと歯間ブラシ

Vol,29-(No.49) ピアスがあるから…

Vol,28-(No.48) 歯ぎしり

Vol,27-(No.47) 問 診

Vol,26-(No.46) ブリーチング

Vol,25-(No.45) アソアライナー

Vol,24-(No.44) 日本人は歯の健康状態が…

Vol,23-(No.43) 予約について

Vol,22-(No.42) ミニインプラント

Vol,21-(No.41) 乳歯でアンチエイジング

Vol,20-(No.40) 牛乳からつくった虫歯修復材

Vol,19-(No.39) フッ素のうがい薬

Vol,18-(No.38) うがい薬

Vol,17-(No.37) ペングリップ

Vol,16-(No.36) 電動歯ブラシってどうですか?

Vol,15-(No.35) ハミガキ

Vol,14-(No.34) 歯科の世界も国際化

Vol,13-(No.33) 前歯のコンプレックス

Vol,12-(No.32) 歯周内科

Vol,11-(No.31) 金属アレルギー

Vol,10-(No.30) スマイル入れ歯

Vol,9-(No.29) 入れ歯

Vol,8-(No.28) 歯の色の素材いろいろ

Vol,7-(No.27) 日本人は歯にたいしての…

Vol,6-(No.26) カスタマーとクライアント

Vol,5-(No.25) お得情報

Vol,4-(No.24) 丁寧にしっかりと…

Vol,3-(No.23) タイの歯医者さんと日本の…

Vol,2-(No.22) タイでも使える日本の…

Vol,1-(No.21) 話題になったコラムが…

インプラント

 スマホがそろそろ頭打ちになってきたということはニュースで見ていました。その後を受けたタブレットも勢いが陰ってきたようです。さぁ、次はウェアラブルでしょうか?Googleからグーグル・グラスが遂に発売されました。と、世の中の移り変わりは早いものですが、どうもそのウェアラブルでさえ最先端ということでもないようです。何が最先端なのか?ですが、【体に埋め込む機器】だそうです。アメリカのバイオハッカーが自分を人体実験としてすでに始まっているとのことです。人類に永遠の命を与えることを目的とする世界的な共同プロジェクトBiohack meというところだそうです。埋め込むのは「サウスポー」という羅針盤(コンパス)を皮下に埋め込むのだそうです。25セント硬貨よりも小さな円柱状で、利用者が北を向くと羅針盤の超極細のアンテナが反応。皮膚の下でかすかに振動し「そっちが北ですよ」と知らせてくれるのだそうです。アウトドアグッズですね。これだけではなく、人間の体温のデータをブルートゥース転送するというマイクロコンピューター「サーケーディア」もあるそうです。他には体内ヘッドホン。こんなものが実用になれば年を取って少々耳が遠くなっても安心です。私は耳が遠くなった父に骨伝導イヤホンを贈りましたが体内埋め込み型だと取り扱いも楽ですし、自分の耳が遠くなったという老化がカバーされてしまいます。このプロジェクトの一人が「遠くの熱を“聴く”ことができるようになったほかに磁場や無線LAN信号も感知できるようになって、それらは私がこれまで意識していなかった世界。まさにシックス・センス(第六感)ですよ。」と言っているそうです。もうこうなるとまるでサイボーグですね。スタートレック:ヴォイジャーというアメリカのTVドラマのセブン・オブ・ナインという人が思い浮かびました。ボーグという種族(?)に同化されて全身いたるところにたくさんのインプラントを施され、超人的な能力を持っています。中でも特徴的なのはまるで全員がインターネットで繋がっているように情報が一瞬で“共有”されていることです。自分自身も一人の存在と考えず、集合体の一部と捉えています。集合体から切り離されると恐怖心すら感じるようです。スマホ中毒の人もネットを取り上げられると我慢ならないようですからこれの進化形?。今までSFの世界と思っていたサイボーグは案外もうそこまで来ているのかもしれませんね。インプラントといえば歯医者のものというわけではなく、前述したように体内に埋め込むものをいうようで、歯科のインプラントはそれらの一部ということのようです。心臓のペースメーカーも一種のインプラントといえるでしょう。人工内耳もあります。これらは失われたものを補うものです。他には豊胸目的で埋め込むシリコンもインプラントといえます。そしてファッション目的で皮下に埋め込むインプラントもあるようです。こちらは調べてみると、とても正気の行いとは思えないものでした。刺青もインプラントと言えなくもないと思います。ブレスレットの進化形(?)として皮下に埋め込むようなもだそうです。今回のものは人間の機能向上を目的としたものです。美容目的やファッション目的はお好きな人は勝手にどうぞで良いと思いますが、これを無視すると失われたものの“回復”と“機能向上”の2つのインプラントがあるということになります。両者の線引は難しいです。歯科のインプラントでも元の歯は変な方向だったけれどインプラントにして他の歯と調和を持った美しい歯並びになって咬合ということでも咀嚼能率が上がるということもあるのでどこまでが回復でどこからが機能向上かという線引も難しいです。どうしてこんなことを考えるかというと倫理にも関係するからです。倫理面については考えがまとまっていません。セブン・オブ・ナインはインプラントのお陰で超人的な能力を持っています。軍用で役に立つインプラントがすでに開発されているかもしれません。されていないとしても開発しようとはしていると思います。許されることかどうかの議論は無意味です 。神聖政治の国では神様のためなら進んで行う人もいるでしょうし、個人の人権や意思が簡単に無視される国もありますから。広い範囲で見たインプラントの世界から歯科のインプラントを眺めると幸せなことに歯科では軍事のことや倫理のことはあまり考えなくて良さそうです。もっぱら安全性や経済性のことを考えていれば済みますから。人間は昔から身体改造をしたがるようで刺青は古くからありました。魏志倭人伝の倭人は刺青を入れている人という意味だったとか。ファッションを目的として行われるインプラントでは医の倫理も問われているようです。調べていて「ヒポクラテスの誓い」というものが出てきました。せっかくなので調べてみましたが、やはり偉人の残したものは深いものがあります。表面的に読むと当たり前のことが書かれていますが、実践の場を思い浮かべて読むと深いものがあります。時代の移り変わり、価値観の違いで多少の違和感はありますが、背筋を正されるものでした。金沢医科大学では良医の要件に並べて挙げられていました。金沢医科大学のホームページには資料として他にも患者の権利に関するリスボン宣言などたくさん紹介されていました。「さすが!」と関心してしまいました。私は大学でこんなことがあるとは思いもしませんでした。もしかしたら緒方洪庵の言葉などがあるけれど、私の出来が悪くて知らないだけなのかもしれません。あるいは大学のほうではちゃんと指導していたけれど臨床経験がないと心に響かないので忘れてしまっただけかもしれませんが。歯科インプラントで代表される失われたものの回復を目指したインプラント、安全性や倫理面で問題はあるけれどお好きな人は勝手にどうぞ的なファッション目的インプラント、機能向上目的のインプラントと様々なインプラントが今後人間を変えていきそうです。それもこれから爆発的と思える速度で進んでいきそうです。その先にあるのはBiohack meのいう永遠の生命なのか、セブン・オブ・ナインなのか?おそらくそんな想像を越えたものになるのでしょう。