Dr.久米の歯科コラム

Vol,85-(No.105) 歯医者に“遠慮”って?

Vol,84-(No.104) 医者とのいい関係 ②

Vol,83-(No.103) 医者とのいい関係

Vol,82-(No.102) 歯並びについて

Vol,81-(No.101) 読者プレゼント

Vol,80-(No.100) 謙虚になること

Vol,79-(No.99) 日本の歯科治療と日本文化

Vol,78-(No.98) 日本の歯科は遅れている

Vol,77-(No.97) インレー

Vol,76-(No.96) 上顎洞炎

Vol,75-(No.95) キッズデンタルパーク

Vol,74-(No.94) ワシントンの歯の苦労

Vol,73-(No.93) 口腔癌

Vol,72-(No.92) シュミテクト

Vol,71-(No.91) 感謝の気持ち

Vol,70-(No.90) 虫歯の原因って…

Vol,69-(No.89) 痛みなんかで…

Vol,68-(No.88) ご自分の歯の模型と治療記録

Vol,67-(No.87) インプラント

Vol,66-(No.86) ちょっと怖い歯周病があります

Vol,65-(No.85) タイのデンタルフェスタにて

Vol,64-(No.84) 歯の掃除って何回にも…

Vol,63-(No.83) 日本の歯科って…

Vol,62-(No.82) 子供1人産むと歯を1本失う

Vol,61-(No.81) ソンクラーンは情報収集

Vol,60-(No.80) 問診って大切です!

Vol,59-(No.79) 3D技術で顔面修復

Vol,58-(No.78) 電 話

Vol,57-(No.77) クリント・イーストウッドは…

Vol,56-(No.76) マウスピース

Vol,55-(No.75) ユマニチュード

Vol,54-(No.74) 帰国のシーズンです

Vol.53-(No.73) 入れ歯は完成した時が…

Vol,52-(No.72) タバコ

Vol,51-(No.71) いびき

Vol,50-(No.70) 民間の保険

Vol,49-(No.69) 子供の歯周病

Vol,48-(No.68) 道具を一つ増やしてみませんか

Vol,47-(No.67) 日本はすぐに神経をとる

Vol,46-(No.66) タイはすぐに歯を抜く

Vol,45-(No.65) リベース

Vol,44-(No.64) 女優さんと歯

Vol,43-(No.63) 日本で使われている…

Vol,42-(No.62) やはり知っておくべきです

Vol,41-(No.61) お医者さんに病名を言って…

Vol,40-(No.60) 下顎安静位

Vol,39-(No.59) 人生の流れで歯の事…

Vol,38-(No.58) 文化程度と歯の健康度

Vol,37-(No.57) ブリーチングは…

Vol,36-(No.56) 3Dプリンター

Vol,35-(No.55) ひどいニュースに…

Vol,34-(No.54) 過去のコラムをメールで…

Vol,33-(No.53) 医学知識がないと…

Vol,32-(No.52) 歯磨き後の口は…

Vol,31-(No.51) ステイン

Vol,30-(No.50) フロスと歯間ブラシ

Vol,29-(No.49) ピアスがあるから…

Vol,28-(No.48) 歯ぎしり

Vol,27-(No.47) 問 診

Vol,26-(No.46) ブリーチング

Vol,25-(No.45) アソアライナー

Vol,24-(No.44) 日本人は歯の健康状態が…

Vol,23-(No.43) 予約について

Vol,22-(No.42) ミニインプラント

Vol,21-(No.41) 乳歯でアンチエイジング

Vol,20-(No.40) 牛乳からつくった虫歯修復材

Vol,19-(No.39) フッ素のうがい薬

Vol,18-(No.38) うがい薬

Vol,17-(No.37) ペングリップ

Vol,16-(No.36) 電動歯ブラシってどうですか?

Vol,15-(No.35) ハミガキ

Vol,14-(No.34) 歯科の世界も国際化

Vol,13-(No.33) 前歯のコンプレックス

Vol,12-(No.32) 歯周内科

Vol,11-(No.31) 金属アレルギー

Vol,10-(No.30) スマイル入れ歯

Vol,9-(No.29) 入れ歯

Vol,8-(No.28) 歯の色の素材いろいろ

Vol,7-(No.27) 日本人は歯にたいしての…

Vol,6-(No.26) カスタマーとクライアント

Vol,5-(No.25) お得情報

Vol,4-(No.24) 丁寧にしっかりと…

Vol,3-(No.23) タイの歯医者さんと日本の…

Vol,2-(No.22) タイでも使える日本の…

Vol,1-(No.21) 話題になったコラムが…

ご自分の歯の模型と治療記録

 バンコクで暮らす多くの日本人はタイで買えないものがあって不便を感じることがあります。私は以前「まともな螺子回し(ドライバー)が欲しい!」と日本でVesselのドライバーを買って帰ったことがあります。日本では数百円で買えるありふれたものですが、機内持ち込みしようとしたら危うく没収されそうになり、拝み倒してスチュワーデスさん預けで持ち帰れたという笑い話もおまけでありました。こんなふうに買えない、買いにくいだけでなくタイで買うと高いというものもたくさんあります。こんなとき日本から来る友人が買い物を引き受けてくれるととてもありがたいですね。ということでそんなありがたい友人にお願いするのに便利なのがネット通販です。ネット通販のお得情報を流すサイト“激安特価板ブログ” http://tokkaban.com/ に目的の特価情報以外に世間の話題が載っています。その中に“インドの少年から232本の歯を摘出”というものがありました。一般には232本の歯となると「サメか?」と思われるでしょうが、良性の歯の腫瘍で、ある複雑性歯牙腫という病気のためです。腫となると腫瘍です。腫瘍には悪性と良性があって悪性は癌で良性はイボみたいな認識でいいはずです。ただ今回のものは腫瘍と名前が付いていますが実際は骨の中にある歯の赤ちゃん(芽みたいなもの)が発芽し損ねてたくさん芽を吹き出したみたいなものです。ですから良性とはいうものの、イボのようにうっとうしくなければほうっておけばいいというわけにいかず“除去”となったわけです。6時間の大手術です。サイトでは見た人の様々の反応があって「インド」「サメ」「たいへんだったね」「治療費」でしたが、歯医者の私はやはり違うところに目が行きました。「7時間の手術を歯科の椅子でするの?」「麻酔はどうやった?」「歯だけじゃなくて顎骨も一部除去されているけれど噛み合わせの問題はどうするのかな?」などでした。顎の骨が完治するまで3~4週間かかるとのことで、その間は鼻にチューブを通してココナツ水や牛乳などの流動食が与えられるそうです。3~4週間流動食も辛いですが、その後はもっと大変なはずです。まずたくさんの歯がなくなっています。歯を支えていた骨も一部失われています。簡単に入れ歯、ブリッジ、インプラントというわけにもいきません。ここで最近とても不幸な目に遭われた当院の患者さんのことを思い浮かべました。両手に荷物を持っていて前に倒れて顔を打ちつけてしまったそうです。骨折ラインは明確ではありませんが下顎は真ん中で折れて右側が左にたいして数ミリ後方にずれていました。また奥歯で噛んだ状態で前歯が噛み合わず開いていました。歯医者の言葉でオープンバイト(開咬)になっていました。もともとは正常でしたので1箇所ではなく数箇所を骨折したようです。耳の近くにある関節の部分が折れ、ずれた角度でつなぎ合わされたものと考えられます。この患者さんは当院でクラウン、ブリッジをやった方でした。ブリッジは“仮止め”だったので受傷時の衝撃で外れてしまったのをもう一度止めてもらいたいとのことでした。幸いブリッジの部分では骨折ラインから外れていたようで再装着は可能でした。ただオープンバイトになって前歯が閉じないので矯正もしなければと考えておられたので再装着するかどうかは矯正の治療プラン次第となります。歯を動かすのにスペースが必要なのでブリッジのスペースは矯正治療では有効利用できる可能性が高いからです。矯正治療でオープンバイトが治るとしても大変です。というのは矯正治療の中でも難しいケースになるので日本人に多い“叢生(乱ぐい歯)”よりもずっと時間も費用もかかります。タイは矯正費用は日本よりも格段に安く済みますが、時間の方はどうにもなりません。少なくとも3年以上でしょう。骨折の治し方の問題で起きたことなのでもう一度骨を切ってつなぎなおすというのがベストですが、これをすると費用も時間もより大変です。そうなると「どうして骨をつなぎ合わせる時に噛み合わせのことを配慮してくれなかったの?」と恨み節が出てきます。患者さんによるとおせんべいをパリっと割ったような骨折ではなく、粉砕骨折だったと医者から言われたそうです。骨折面がはっきりしていたらつなぎ合わせるのも簡単でしょうが、粉々の状態ですと難しいジグソウパズルになります。あまり医者を責める状況でもなかったのかもしれません。こんなときに“もし”受傷前の歯型の模型があればそれを使って歯並びを基準で骨をつなぎ合わせることができます。医者とってこれがあるかどうかで全く違います。骨折治療後の矯正治療なんてまず必要にはなりません。ときどき身元不明の遺体の身元確認のために「患者さんの歯型やレントゲンがありませんか?」と警察から問い合わせがあります。歯科にかかれば歯型なんてしょっちゅう採られるわけですが、模型をくださいとお願いするのはどうでしょう。通常は当該の歯のあたりの模型だけですが、全体の歯の模型をお願いしてもいいと思います。キレイな模型にする技工料も日本とタイでは一桁違うぐらい安いので費用面でも気軽です。ご自分の歯の模型を持っていれば骨折の時には大変な威力を発揮します。身元確認でも役に立ちます。両者共あってほしくない事ではありますが。また、自分の歯の模型を見るようになれば歯の健康に対して意識が格段に高くなると思います。数本でも抜けたまま放置しているような人であればそれだけでとても気になるでしょうし、噛み合わせの面(咬合面といいます)が平行でなく傾いていたりしたら「これが原因で肩こりがあるのかな?」と気づくかもしれません。模型を上下合わせてみて前後左右にすり合わせてみれば口の動きを再現できます。そしてその擦れ合っているところは歯の山の部分がこすれているはずです。そして「あぁ、相当歯ぎしりしているなぁ」と確認したりとけっこう楽しめると思います。今回のコラムを読まれた機会にご自分の歯の模型を作ってみませんか?歯医者さんでは「I want my study model」と伝えればわかってもらえるはずです。歯の模型が手に入ったら治療した記録を保管しておくというのはどうでしょう?どの歯がどんな素材を使われて、どんな治療を受けているか?また、その治療は日本でのものか、タイでのものかといった具合に場所も記録しておくのです。記憶をたどって分かる範囲でやってもけっこういい記録になると思います。今度、歯医者さんに行った時にすべての歯の状態を書いてもらえるようにお願いすればたいていの歯医者さんは気持ちよく記入してくださると思います。