Dr.久米の歯科コラム

Vol,85-(No.105) 歯医者に“遠慮”って?

Vol,84-(No.104) 医者とのいい関係 ②

Vol,83-(No.103) 医者とのいい関係

Vol,82-(No.102) 歯並びについて

Vol,81-(No.101) 読者プレゼント

Vol,80-(No.100) 謙虚になること

Vol,79-(No.99) 日本の歯科治療と日本文化

Vol,78-(No.98) 日本の歯科は遅れている

Vol,77-(No.97) インレー

Vol,76-(No.96) 上顎洞炎

Vol,75-(No.95) キッズデンタルパーク

Vol,74-(No.94) ワシントンの歯の苦労

Vol,73-(No.93) 口腔癌

Vol,72-(No.92) シュミテクト

Vol,71-(No.91) 感謝の気持ち

Vol,70-(No.90) 虫歯の原因って…

Vol,69-(No.89) 痛みなんかで…

Vol,68-(No.88) ご自分の歯の模型と治療記録

Vol,67-(No.87) インプラント

Vol,66-(No.86) ちょっと怖い歯周病があります

Vol,65-(No.85) タイのデンタルフェスタにて

Vol,64-(No.84) 歯の掃除って何回にも…

Vol,63-(No.83) 日本の歯科って…

Vol,62-(No.82) 子供1人産むと歯を1本失う

Vol,61-(No.81) ソンクラーンは情報収集

Vol,60-(No.80) 問診って大切です!

Vol,59-(No.79) 3D技術で顔面修復

Vol,58-(No.78) 電 話

Vol,57-(No.77) クリント・イーストウッドは…

Vol,56-(No.76) マウスピース

Vol,55-(No.75) ユマニチュード

Vol,54-(No.74) 帰国のシーズンです

Vol.53-(No.73) 入れ歯は完成した時が…

Vol,52-(No.72) タバコ

Vol,51-(No.71) いびき

Vol,50-(No.70) 民間の保険

Vol,49-(No.69) 子供の歯周病

Vol,48-(No.68) 道具を一つ増やしてみませんか

Vol,47-(No.67) 日本はすぐに神経をとる

Vol,46-(No.66) タイはすぐに歯を抜く

Vol,45-(No.65) リベース

Vol,44-(No.64) 女優さんと歯

Vol,43-(No.63) 日本で使われている…

Vol,42-(No.62) やはり知っておくべきです

Vol,41-(No.61) お医者さんに病名を言って…

Vol,40-(No.60) 下顎安静位

Vol,39-(No.59) 人生の流れで歯の事…

Vol,38-(No.58) 文化程度と歯の健康度

Vol,37-(No.57) ブリーチングは…

Vol,36-(No.56) 3Dプリンター

Vol,35-(No.55) ひどいニュースに…

Vol,34-(No.54) 過去のコラムをメールで…

Vol,33-(No.53) 医学知識がないと…

Vol,32-(No.52) 歯磨き後の口は…

Vol,31-(No.51) ステイン

Vol,30-(No.50) フロスと歯間ブラシ

Vol,29-(No.49) ピアスがあるから…

Vol,28-(No.48) 歯ぎしり

Vol,27-(No.47) 問 診

Vol,26-(No.46) ブリーチング

Vol,25-(No.45) アソアライナー

Vol,24-(No.44) 日本人は歯の健康状態が…

Vol,23-(No.43) 予約について

Vol,22-(No.42) ミニインプラント

Vol,21-(No.41) 乳歯でアンチエイジング

Vol,20-(No.40) 牛乳からつくった虫歯修復材

Vol,19-(No.39) フッ素のうがい薬

Vol,18-(No.38) うがい薬

Vol,17-(No.37) ペングリップ

Vol,16-(No.36) 電動歯ブラシってどうですか?

Vol,15-(No.35) ハミガキ

Vol,14-(No.34) 歯科の世界も国際化

Vol,13-(No.33) 前歯のコンプレックス

Vol,12-(No.32) 歯周内科

Vol,11-(No.31) 金属アレルギー

Vol,10-(No.30) スマイル入れ歯

Vol,9-(No.29) 入れ歯

Vol,8-(No.28) 歯の色の素材いろいろ

Vol,7-(No.27) 日本人は歯にたいしての…

Vol,6-(No.26) カスタマーとクライアント

Vol,5-(No.25) お得情報

Vol,4-(No.24) 丁寧にしっかりと…

Vol,3-(No.23) タイの歯医者さんと日本の…

Vol,2-(No.22) タイでも使える日本の…

Vol,1-(No.21) 話題になったコラムが…

虫歯の原因ってバイキンと砂糖だけ?

 生活時間の中でネットを使っている時間が大半を占めるようになってしまいました。Googleの幹部社員さんが家族と直接触れ合う時間を大切にと言われていたのを痛感するようになっています。というわけで毎日ネット巡りしているのですが「虫歯は削らず食事で治そう」というサイトがあり、下記のような刺激的な発言がありました。

① 細菌は虫歯の根本的な原因ではない。
② 「バクテリアが虫歯の原因である」ということは一度も証明された事はない。
③ 虫歯の本当の原因は食生活。

「虫歯は削らず食事で治そう」で検索しればすぐに見つかります。“細菌は虫歯の原因ではありません”という言葉は今の歯科医学を真っ向から否定しています。歯科医師免許を持っている人でしたらこの時点で後は読まないという人がほとんどでしょう。私はこのような過激な意見は好きなので好奇心旺盛で最後まで読みました。フレンズ歯科という歯医者さんが書かれているようです。原文はおかしな日本語で意味がわかり難いのですがそのまま載せてみます。

 『脳の視床下部は、下垂体を通して、神経系と腺組織の関係を調整しています。2人は視床下部が、耳下腺ホルモン放出因子を媒介として、顎骨の中の耳下腺と交信していることを発見しました。視床下部が耳下腺を刺激すると、耳下腺は耳下腺ホルモンを放出し、ミネラルの豊富な歯のリンパ液が歯の微小細管を通じて移動するように誘導します。このミネラルが豊富な液体は歯をきれいにして再石灰化する役割を果たしているのです。虫歯の原因となる食事が摂取されると、視床下部は耳下腺に歯牙を再石灰化する液体を循環させるホルモンの分泌をストップするように伝達します。』

理解出来るような、出来ないような、おかしな文章ですが、視床下部から耳下腺のホルモンをだしてミネラルの豊富な歯のリンパ液が歯の再石灰化を行っているけれど、悪い食生活だとここに乱れができて虫歯になるという意味だと思います。しかし、エナメル質や象牙質の崩壊とリンパ液の直接的な関係の説明がありません。崩壊の後の修復の話だけなのでわかったという気持ちになれません。
②の“「バクテリアが虫歯の原因である」ということは一度も証明された事はない。”ですが、厳密な意味では私も証明されていないと思います。こういうところに着目されるのは大好きです。ただ、こちらもあまり説明なしにバクテリアの作った酸と虫歯には相関関係がないと書かれているだけで説得力がありませんでした。

続けて食生活が虫歯の原因と結論付けられていました。どんな食生活が良いのか?となりますが、血液が酸性アルカリの話になって全体をアルカリ性にすれば良いという結論でした。後はいろいろな食品の酸度アルカリ度の表に続きました。
話がとても乱暴な展開をされていて私には納得できるものではありませんでしたが、執筆者の“虫歯の原因はバイキンだけではない”という姿勢には共感します。患者さんの中には「自分は一生懸命歯磨きしているのに虫歯だらけ。でも主人はロクに歯も磨かないのに虫歯なし。世の中不公平!」と言われるのをよく耳にします。たくさんの患者さんを見ていて清掃状態の良くない人に虫歯が多いと私は相関関係を感じますが、例外はあります。これだけ清掃状態が悪くてよく歯が無傷でいられるものだなと首をかしげることもあるからです。きっと良いエナメル質なんでしょうが、それだけではないようにも思えます。
このサイトのような話題は数が少ないのですが、それだけに注目してしまいます。しかし、残念ながらこのサイトからは科学の香りは皆無でした。科学とは仮説を立て、それを実証するような実験や観測をしてみて、かなりの精度があれば法則になるというものです。今回の場合はこの仮説がおもしろいということです。以前、東京医科歯科の西原克成先生を話題にしましたが、西原先生も仮説はとてもおもしろいのですが、その後が急ぎ過ぎという印象でした。同じく東京医科歯科の藤田紘一郎先生もお話はとてもおもしろいのですが、やはりその後が急ぎ過ぎかなと。このフレンズ歯科の先生が「虫歯は食事で治そう」をPDFにされていたのでダウンロードしてみましたが、なんと落書き帳みたいなもので驚きました。ちゃんと人に見せるものもあったので下書きの段階だったのかもしれませんが、思わず小保方さんの実験ノートを連想してしまいました。あちらもちゃんと実験内容やどんな条件で行ったかを他の人が再現できるように発表すれば済む話でしょうし、結果が悪かったとしてもそれはそれということで研究成果になるはずなのですが。世の中で偉いとされている方に“科学”の根本が軽視されているように思える私の方に問題があるのでしょうか。

虫歯というのはありふれた疾患ですが、実際のところ、厳密な意味ではちゃんとわかっていないと思います。だから今後、驚くような因果関係が明らかになることも充分にあり得ると思います。仮説の段階ではありますが、健康的な食事は虫歯とも関係がありそうに思います。歯だけが特別な存在ということではありませんから。

私は“唾液”が大学で語られているよりももっと密接に関係しているはずだと思います。(実際のところ大学ではほとんど語られていないのが実情ですが)虫歯になりにくい唾液を出すような工夫の研究発表があっても良さそうなんですが。赤ちゃんのようにたくさんの唾液がでるようにするのはどうしたら良いかとか、もっと噛むようにしたら良いのは当然ですが、どうすればたくさん噛むようになれるのかなど。水分補給もどのぐらいの頻度でどれぐらいの量が適切かなど。補助する薬剤はあるのかなど。しかし、これとて私の単なる仮説になってしまうのですが。