Dr.久米の歯科コラム

Vol,85-(No.105) 歯医者に“遠慮”って?

Vol,84-(No.104) 医者とのいい関係 ②

Vol,83-(No.103) 医者とのいい関係

Vol,82-(No.102) 歯並びについて

Vol,81-(No.101) 読者プレゼント

Vol,80-(No.100) 謙虚になること

Vol,79-(No.99) 日本の歯科治療と日本文化

Vol,78-(No.98) 日本の歯科は遅れている

Vol,77-(No.97) インレー

Vol,76-(No.96) 上顎洞炎

Vol,75-(No.95) キッズデンタルパーク

Vol,74-(No.94) ワシントンの歯の苦労

Vol,73-(No.93) 口腔癌

Vol,72-(No.92) シュミテクト

Vol,71-(No.91) 感謝の気持ち

Vol,70-(No.90) 虫歯の原因って…

Vol,69-(No.89) 痛みなんかで…

Vol,68-(No.88) ご自分の歯の模型と治療記録

Vol,67-(No.87) インプラント

Vol,66-(No.86) ちょっと怖い歯周病があります

Vol,65-(No.85) タイのデンタルフェスタにて

Vol,64-(No.84) 歯の掃除って何回にも…

Vol,63-(No.83) 日本の歯科って…

Vol,62-(No.82) 子供1人産むと歯を1本失う

Vol,61-(No.81) ソンクラーンは情報収集

Vol,60-(No.80) 問診って大切です!

Vol,59-(No.79) 3D技術で顔面修復

Vol,58-(No.78) 電 話

Vol,57-(No.77) クリント・イーストウッドは…

Vol,56-(No.76) マウスピース

Vol,55-(No.75) ユマニチュード

Vol,54-(No.74) 帰国のシーズンです

Vol.53-(No.73) 入れ歯は完成した時が…

Vol,52-(No.72) タバコ

Vol,51-(No.71) いびき

Vol,50-(No.70) 民間の保険

Vol,49-(No.69) 子供の歯周病

Vol,48-(No.68) 道具を一つ増やしてみませんか

Vol,47-(No.67) 日本はすぐに神経をとる

Vol,46-(No.66) タイはすぐに歯を抜く

Vol,45-(No.65) リベース

Vol,44-(No.64) 女優さんと歯

Vol,43-(No.63) 日本で使われている…

Vol,42-(No.62) やはり知っておくべきです

Vol,41-(No.61) お医者さんに病名を言って…

Vol,40-(No.60) 下顎安静位

Vol,39-(No.59) 人生の流れで歯の事…

Vol,38-(No.58) 文化程度と歯の健康度

Vol,37-(No.57) ブリーチングは…

Vol,36-(No.56) 3Dプリンター

Vol,35-(No.55) ひどいニュースに…

Vol,34-(No.54) 過去のコラムをメールで…

Vol,33-(No.53) 医学知識がないと…

Vol,32-(No.52) 歯磨き後の口は…

Vol,31-(No.51) ステイン

Vol,30-(No.50) フロスと歯間ブラシ

Vol,29-(No.49) ピアスがあるから…

Vol,28-(No.48) 歯ぎしり

Vol,27-(No.47) 問 診

Vol,26-(No.46) ブリーチング

Vol,25-(No.45) アソアライナー

Vol,24-(No.44) 日本人は歯の健康状態が…

Vol,23-(No.43) 予約について

Vol,22-(No.42) ミニインプラント

Vol,21-(No.41) 乳歯でアンチエイジング

Vol,20-(No.40) 牛乳からつくった虫歯修復材

Vol,19-(No.39) フッ素のうがい薬

Vol,18-(No.38) うがい薬

Vol,17-(No.37) ペングリップ

Vol,16-(No.36) 電動歯ブラシってどうですか?

Vol,15-(No.35) ハミガキ

Vol,14-(No.34) 歯科の世界も国際化

Vol,13-(No.33) 前歯のコンプレックス

Vol,12-(No.32) 歯周内科

Vol,11-(No.31) 金属アレルギー

Vol,10-(No.30) スマイル入れ歯

Vol,9-(No.29) 入れ歯

Vol,8-(No.28) 歯の色の素材いろいろ

Vol,7-(No.27) 日本人は歯にたいしての…

Vol,6-(No.26) カスタマーとクライアント

Vol,5-(No.25) お得情報

Vol,4-(No.24) 丁寧にしっかりと…

Vol,3-(No.23) タイの歯医者さんと日本の…

Vol,2-(No.22) タイでも使える日本の…

Vol,1-(No.21) 話題になったコラムが…

痛みなんかで病状や処置のことを判断しないで

 先日、かなり深い虫歯でレントゲンで見るとかなり神経(正確には歯髄)に近い症例がありました。残念ながら神経を取らなければなりませんでした。この患者さんは冷たい水でしみるといった症状がけっこう長くあったと思うのですが辛抱されていたんだと思います。歯髄に対して刺激があると歯髄腔(神経の入っている空間)が狭くなります。かなり狭くなっていたようで通常なら5分10分で済むような工程のところを1時間程かかっていました。うちの歯医者が「狭い上に曲がっているし、おまけに壁にひっかかりもあって手間がかかったぁ。」とボヤいていました。しかし、これぐらいのことは歯医者をやっていればときどきあることなので珍しいことではありません。ただ何度も針を出し入れして根っこの先を突きすぎたために歯根膜を痛めた可能性があります。または神経の取り残しがあったかもしれません。こういったことがあれば患者さんに痛みを与えることがあります。前者であれば時間が経てば痛みが消えますし、歯根膜を針でいじめた程度のことですから後に問題を起こすこともありません。神経の取り残しがあればもう一度元に戻ってやり直せばいいことです。手抜きで痛みを与えたということではなく、 1時間以上かけてやったことですので、それ以上の成果を求められても担当した歯科医師にしてみれば何の非もないと思っているはずです。ところが患者さんから「痛みがあります。」と電話がかかってきました。通常であれば痛みなどないはずなので、治療後に痛みがありますよというお話をしなかったので患者さんとしてみれば不安があっても不思議ではありません。不安があれば遠慮なくお電話いただければどんなことが考えられるかの説明をさせていただきます。ところが簡単にわかっていただける方となかなか納得していただけない方がいらっしゃるのは仕方ありませんが、どうも治療後に痛みが出たために担当医がヤブ医者だと思っていらっしゃたように聞こえました。日本の歯医者で根っこの治療を受けた方は思い出してください。10分以内の処置で何回もという経験がありませんか。1時間かけてもなかなか進まないような処置を短時間の処置を繰り返して達成できるものか?歯髄腔のことを根管ともいいますが根管の先まできっちりと処置しようとすると時間がかかります。短時間で済ますということは尖まで処置をする気が最初からないということです。そんな処置で処置後痛みがでることはありません。将来的には問題がでますが。そんな処置に慣れていて歯科医院から帰って痛みが出ればタイの歯医者はレベルが低いということなのでしょう。私が医療を考えるときに痛みなんかで判断しないでくださいとよく言うのですが、あまり伝わっていない気がします。手応えのないことが多いですね。例としてお腹の盲腸(正確には虫垂炎)手術をして麻酔が切れた頃に痛みが出るのは当たり前です。お腹を切っているわけですから。当然、痛み止めの薬などで対処しますが、痛みのでる処置をしたからダメな手術ということにはなりません。お医者さんは痛みを取ることが目的ではありません。病を治すことを主眼にしていますから。通常は心臓のことなどを例えにして痛みで判断することの間違いを納得いただけるので、私がどうも「日本文化では歯だけ特別で歯のことになると痛みで判断したがる人が多い。」と納得いただいた方と苦笑いです。ところが今回の患者さんは胸の癌も痛みが心配で処置したし、心臓のことでも痛みで判断しないでどうするんですか?と返されてしまいました。体の問題がすべて痛みで表されるわけでもないでしょうし、痛みがあれば心配で痛みがなければ心配しないとなれば1年に1回の健康診断も必要なし。痛みがあれば担当医がヤブ。処置前に高額になるような検査をさせてもらえるなら処置後のこともかなり高い確率で予言できるかもしれませんが、せいぜい1枚のレントゲン程度ぐらいしか検査費用はお願いできません。1万バーツ、2万バーツでも高いと嘆かれるのですから。ほとんどのケースで痛みなしと思えた処置であれば痛みの予言はしません。不幸にして痛みが出ても問い合わせていただければ対応します。その内容が上記の方のように、人によって納得しがたい場合です。治療自体は私が診ても丁寧に行われていますし、教科書どうりです。となるとやはり私の説明が不十分ということになるのでしょうか。認めるしかありませんが、ボヤきたくもなります。痛みで物事を判断するなんて誰が教育したんだ?と。何の根拠をもって自信たっぷりに語れるのかと。 このボヤきは患者さんに対してではなく私が属する日本文化に対してです。前にも親知らずが何歳で生えてくるかぐらいのことは高校生が全員知っているぐらいの日本文化になってもらいたいと書いたことがありましたが、病のことをもっと高いレベルで捉えられる文化になってもらいたいものです。「日本の根っこの治療は世界最低!」と日本人歯科医師相手にはっきり意見して、反論はさせない状態です。反論してきた歯科医師にはコテンパンにやっつけられるぐらい引き出しがあります。こんな状態にしたのは日本の歯科医師だけの問題でもなく、保険点数が非常識な程低いだけでもなく、痛みで判断する日本文化がもたらした部分が大きいと思っています。
 上記の患者さんには次回、来院されたときにきっちりお話させていただきます。医科のほうでも受診中の方です。痛みで判断する考えを持っていると災いを呼び込みます。1つ例として挙げますと末期癌はとんでもない痛みがあるものです。痛みを和らげることがいい治療になりますか?もっと考えることがあるはずです。もちろんお医者さんは痛みを与えないような配慮はしますが、それは主目的ではありません。