Dr.久米の歯科コラム

Vol,85-(No.105) 歯医者に“遠慮”って?

Vol,84-(No.104) 医者とのいい関係 ②

Vol,83-(No.103) 医者とのいい関係

Vol,82-(No.102) 歯並びについて

Vol,81-(No.101) 読者プレゼント

Vol,80-(No.100) 謙虚になること

Vol,79-(No.99) 日本の歯科治療と日本文化

Vol,78-(No.98) 日本の歯科は遅れている

Vol,77-(No.97) インレー

Vol,76-(No.96) 上顎洞炎

Vol,75-(No.95) キッズデンタルパーク

Vol,74-(No.94) ワシントンの歯の苦労

Vol,73-(No.93) 口腔癌

Vol,72-(No.92) シュミテクト

Vol,71-(No.91) 感謝の気持ち

Vol,70-(No.90) 虫歯の原因って…

Vol,69-(No.89) 痛みなんかで…

Vol,68-(No.88) ご自分の歯の模型と治療記録

Vol,67-(No.87) インプラント

Vol,66-(No.86) ちょっと怖い歯周病があります

Vol,65-(No.85) タイのデンタルフェスタにて

Vol,64-(No.84) 歯の掃除って何回にも…

Vol,63-(No.83) 日本の歯科って…

Vol,62-(No.82) 子供1人産むと歯を1本失う

Vol,61-(No.81) ソンクラーンは情報収集

Vol,60-(No.80) 問診って大切です!

Vol,59-(No.79) 3D技術で顔面修復

Vol,58-(No.78) 電 話

Vol,57-(No.77) クリント・イーストウッドは…

Vol,56-(No.76) マウスピース

Vol,55-(No.75) ユマニチュード

Vol,54-(No.74) 帰国のシーズンです

Vol.53-(No.73) 入れ歯は完成した時が…

Vol,52-(No.72) タバコ

Vol,51-(No.71) いびき

Vol,50-(No.70) 民間の保険

Vol,49-(No.69) 子供の歯周病

Vol,48-(No.68) 道具を一つ増やしてみませんか

Vol,47-(No.67) 日本はすぐに神経をとる

Vol,46-(No.66) タイはすぐに歯を抜く

Vol,45-(No.65) リベース

Vol,44-(No.64) 女優さんと歯

Vol,43-(No.63) 日本で使われている…

Vol,42-(No.62) やはり知っておくべきです

Vol,41-(No.61) お医者さんに病名を言って…

Vol,40-(No.60) 下顎安静位

Vol,39-(No.59) 人生の流れで歯の事…

Vol,38-(No.58) 文化程度と歯の健康度

Vol,37-(No.57) ブリーチングは…

Vol,36-(No.56) 3Dプリンター

Vol,35-(No.55) ひどいニュースに…

Vol,34-(No.54) 過去のコラムをメールで…

Vol,33-(No.53) 医学知識がないと…

Vol,32-(No.52) 歯磨き後の口は…

Vol,31-(No.51) ステイン

Vol,30-(No.50) フロスと歯間ブラシ

Vol,29-(No.49) ピアスがあるから…

Vol,28-(No.48) 歯ぎしり

Vol,27-(No.47) 問 診

Vol,26-(No.46) ブリーチング

Vol,25-(No.45) アソアライナー

Vol,24-(No.44) 日本人は歯の健康状態が…

Vol,23-(No.43) 予約について

Vol,22-(No.42) ミニインプラント

Vol,21-(No.41) 乳歯でアンチエイジング

Vol,20-(No.40) 牛乳からつくった虫歯修復材

Vol,19-(No.39) フッ素のうがい薬

Vol,18-(No.38) うがい薬

Vol,17-(No.37) ペングリップ

Vol,16-(No.36) 電動歯ブラシってどうですか?

Vol,15-(No.35) ハミガキ

Vol,14-(No.34) 歯科の世界も国際化

Vol,13-(No.33) 前歯のコンプレックス

Vol,12-(No.32) 歯周内科

Vol,11-(No.31) 金属アレルギー

Vol,10-(No.30) スマイル入れ歯

Vol,9-(No.29) 入れ歯

Vol,8-(No.28) 歯の色の素材いろいろ

Vol,7-(No.27) 日本人は歯にたいしての…

Vol,6-(No.26) カスタマーとクライアント

Vol,5-(No.25) お得情報

Vol,4-(No.24) 丁寧にしっかりと…

Vol,3-(No.23) タイの歯医者さんと日本の…

Vol,2-(No.22) タイでも使える日本の…

Vol,1-(No.21) 話題になったコラムが…

感謝の気持ち

 近くの日本食店(一馬さんのことですが)にはマンガが置いてあります。ときどき置いてある本にハマってお昼ごはんを食べに行くというよりも、本を読むためにお店に通うことになったりします。その“ハマった”マンガが「JIN -仁-」です。江戸末期、坂本龍馬の時代に現代の脳外科医がタイムスリップするという話です。時代考証をしっかりとされていてその時代の生活を肌で感じることができました。ヤマサの濱口儀兵衛が医学の発展に支援したというオマケ付きです。(もう醤油はヤマサにしようかな(笑))また「東洋のエジソン」「からくり儀右衛門」と呼ばれ活躍した日本の発明家・田中久重という人が東芝の創業者だとかというオマケも。主人公は脳外科医ですが、これが歯医者だったらと空想してみたのですが、やはり脳外科医さんほど感動的なことはなさそうです。

 この時代、抗生物質はありませんからちょっとしたことで簡単に人が死んでしまいました。また麻酔もないので外科処置は修羅場です。もちろん歯が痛いという人もいたでしょう。麻酔のない時代の歯痛は地獄だったと思います。歯の神経は三叉神経といって脳神経の中でも一番太いので数ある痛みでもかなり上位にあると思われるからです。抜いてあげれば痛みは消えるのですが、麻酔なしで抜くのはやはりかなりの地獄です。しかし、抜歯は結構なされていたようです。西洋ではペリカンという歯を抜く器具があり、いかに早く抜くかが大切だったそうです。早く抜くといっても通常の歯ならまだしも、90度倒れて骨に埋まっているような親知らずは現代でも1時間ぐらいかかりますから当時は大変だったはずです。歯を抜いている患者さんの叫び声を消すためにドラムを叩いたりトランペットを吹いたそうですからかなりの地獄絵図です。こう考えると現代的な歯科治療にしてくれたのはなんといっても麻酔ですね。もう一つはダイヤモンドの次に硬いといわれる歯を削る高速切削器具の発明です。こちらは製品化されたのが1965年ということですからそう昔のことではありません。主人公の南方仁は自分の技能があるのは過去のこうした数々の発明発見工夫があってのことだと痛感し過去の偉人に感謝します。上記ヤマサの濱口儀兵衛や東芝の田中久重にも同じく感謝しています。私は麻酔なしの抜歯なんて頼まれてもやりたくはありません。抜歯しないと死ぬというような状況なら考えさせてもらいますが。やるとすると、とりあえず如何に痛みを和らげるかぐらいでしょうか、一応。歯医者ですから痛みを和らげる処置は考えつきますが南方仁ほどの“快挙”はなかなかですね。

 痛みがダメなら入れ歯はどうか?調べてみると16世紀には日本で木製の入れ歯があったそうです。最古の総入れ歯はなんと日本だそうです。いまのように歯茎にピッタリ合わせるなんてことは如何な名人が作ろうが無理でしょうから実用に耐えたとは思えませんが。こちらもレジンという素材ができてこないと現代の歯医者にはあまり出番はありません。痛みダメ、入れ歯ダメ、充填なんて削る道具も埋める素材もありませんからダメ。そうなると予防歯科になります。抗生物質ができる前ですから細菌の知見も乏しかったはずです。なんと18世紀後半まで歯の痛みは文字通り歯の中の“虫”が歯を食べるために起こると考えられていたそうです。帝制ローマ時代、含嗽(うがい)剤として少女や、処女の尿を朝夕に採り、それで含嗽をしていたということですから驚きです。しかも、18世紀まで続いていたそうですからさらに驚きです。そのような時代ですから私がこの時代にタイムスリップしたら予防歯科で役に立てそうです。

 さて何からやるか?歯ブラシの開発はどうか。当時は歯の掃除として爪楊枝、房楊枝が愛用されていたそうです。今のような歯ブラシは1498年に中国の皇帝が使い始めたとのこと。この皇帝にも感謝です。骨や竹の台に豚の背中の毛をかまぼこ状に植えつけたそうです。当然、ヨーロッパに普及しますが、どうも豚の毛のような硬さのものがなく1770年にイノシシの毛が使われるようになるまで一般には普及しなかったようです。その後Duponがナイロンを発明し現在の形になりました。アメリカで歯科機材のカタログを見ると歯ブラシのところではDuponタイネックスナイロン使用と誇らしげに書かれています。Duponにも感謝ですね。日本の歯医者さん御用達のバトラーは、もともとアメリカの会社でしたから以前はDuponでした。その後、バトラーはサンスターに会社ごと買われてしまいました。今は東大阪で作られているようで東レだと聞きました。アメリカ製と日本製の両方があるのかもしれません。10年以上前にタイで買ったフロスをまだ持っています。最近、バトラーのフロスを買ったのですが糸の品質がかなり劣っているように思えました。ちょっと気になります。もしかしたらDuponから日本製になったせいかもしれません。そうなると日本で絶対的な存在のバトラー#211の品質はどうなのか、と気になります。私の気のせいか勘違いならいいのですが。
 話を戻すことにしましょう。歯ブラシの素材のナイロンはまだ発明されていませんから豚の毛などになります。それらを吟味して歯ブラシの普及と虫歯予防と歯周病予防のカンドコロを伝授するというのが適当なところでしょうか。虫歯や歯周病の原因もわかっていないときに効果的な予防法を伝えられることが大きいですね。とは言ってもお医者様の南方仁のやったことと比べるとスケールが小さいですね。

 2003年に米国人を対象に自動車、パソコン、携帯電話、電子レンジ、それに歯ブラシの中から、それがないと生きていけない発明品は何かを尋ねる調査が実施されたそうです。結果は歯ブラシが1位だったそうなのでそう卑下することもないのかもしれません。南方仁はとてもできた人のようで私利私欲なし。もっぱら患者さんが回復することを喜びとしています。そして医学や機材の開発の発展に寄与した人たちに感謝の気持ちを持っています。マンガの上でということはありますが、1つの医師の理想像が描かれていました。私など比べるまでもありませんが、一番欠けているのが“感謝”の気持ちである事がはっきり認識できました。何事もあって当たり前なんて考えていますが朝ごはんが食べられるのも多くの人の支えがあってのこと。子供の頃、祖母に「お前は感謝の気持ちがない。」と指摘されたものです。キリスト教徒が食事の前に感謝の言葉を述べるのをTVドラマで見た覚えがありますが、ほとんどの宗教で“感謝”の気持ちを持つことの大切さが言われているのかもしれません。時代を越えてなんて夢想しましたが、感謝の気持を持つことが時代を越えて大切なことに思えました。