ビーバンジョア化粧品 美容コラム

Vol,87-(No.102) ビーバンジョア美容コラム

Vol,86-(No.101) ビーバンジョア美容コラム

Vol,85-(No.100) ビーバンジョア美容コラム

Vol,84-(No.99) ビーバンジョア美容コラム

Vol,83-(No.98) ビーバンジョア美容コラム

Vol,82-(No.97) ビーバンジョア美容コラム

Vol,81-(No.96) ビーバンジョア美容コラム

Vol,80-(No.95) ビーバンジョア美容コラム

Vol,79-(No.94) ビーバンジョア美容コラム

Vol,78-(No.93) ビーバンジョア美容コラム

Vol,77-(No.92) ビーバンジョア美容コラム

Vol,76-(No.91) ビーバンジョア美容コラム

Vol,75-(No.90) ビーバンジョア美容コラム

Vol,74-(No.89) ビーバンジョア美容コラム

Vol,73-(No.88) ビーバンジョア美容コラム

Vol,72-(No.87) ビーバンジョア美容コラム

Vol,71-(No.86) ビーバンジョア美容コラム

Vol,70-(No.85) ビーバンジョア美容コラム

Vol,68-(No.83) ビーバンジョア美容コラム

Vol,67-(No.82) ビーバンジョア美容コラム

Vol,66-(No.81) ビーバンジョア美容コラム

Vol,65-(No.80) ビーバンジョア美容コラム

Vol,64-(No.79) ビーバンジョア美容コラム

Vol,63-(No.78) ビーバンジョア美容コラム

Vol,62-(No.77) ビーバンジョア美容コラム

Vol,61-(No.76) ビーバンジョア美容コラム

Vol,60-(No.75) ビーバンジョア美容コラム

Vol,59-(No.74) ビーバンジョア美容コラム

Vol,58-(No.73) ビーバンジョア美容コラム

Vol,57-(No.72) ビーバンジョア美容コラム

Vol,56-(No.71) ビーバンジョア美容コラム

Vol,55-(No.70) ビーバンジョア美容コラム

Vol,54-(No.69) ビーバンジョア美容コラム

Vol,53-(No.68) ビーバンジョア美容コラム

Vol,52-(No.67) ビーバンジョア美容コラム

Vol,51-(No.66) ビーバンジョア美容コラム

Vol,50-(No.65) ビーバンジョア美容コラム

Vol,49-(No.64) ビーバンジョア美容コラム

Vol,48-(No.63) ビーバンジョア美容コラム

Vol,47-(No.62) ビーバンジョア美容コラム

Vol,46-(No.61) ビーバンジョア美容コラム

Vol,45-(No.60) ビーバンジョア美容コラム

Vol,44-(No.59) ビーバンジョア美容コラム

Vol,43-(No.58) ビーバンジョア美容コラム

Vol,42-(No.57) ビーバンジョア美容コラム

Vol,41-(No.56) ビーバンジョア美容コラム

Vol,40-(No.55) ビーバンジョア美容コラム

Vol,39-(No.54) ビーバンジョア美容コラム

Vol,38-(No.53) ビーバンジョア美容コラム

Vol,37-(No.52) ビーバンジョア美容コラム

Vol,36-(No.51) ビーバンジョア美容コラム

Vol,35-(No.50) ビーバンジョア美容コラム

Vol,34-(No.49) ビーバンジョア美容コラム

Vol,33-(No.48) ビーバンジョア美容コラム

Vol,32-(No.47) ビーバンジョア美容コラム

Vol,31-(No.46) ビーバンジョア美容コラム

Vol,30-(No.45) ビーバンジョア美容コラム

Vol,29-(No.44) ビーバンジョア美容コラム

Vol,28-(No.43) ビーバンジョア美容コラム

Vol,27-(No.42) ビーバンジョア美容コラム

Vol,26-(No.41) ビーバンジョア美容コラム

Vol,25-(No.40) ビーバンジョア美容コラム

Vol,24-(No.39) ビーバンジョア美容コラム

Vol,23-(No.38) ビーバンジョア美容コラム

Vol,22-(No.37) ビーバンジョア美容コラム

Vol,21-(No.36) ビーバンジョア美容コラム

Vol,20-(No.35) ビーバンジョア美容コラム

Vol,19-(No.34) ビーバンジョア美容コラム

Vol,18-(No.33) ビーバンジョア美容コラム

Vol,17-(No.32) ビーバンジョア美容コラム

Vol,16-(No.31) ビーバンジョア美容コラム

Vol,15-(No.30) ビーバンジョア美容コラム

Vol,14-(No.29) ビーバンジョア美容コラム

Vol,13-(No.28) ビーバンジョア美容コラム

Vol,12-(No.27) ビーバンジョア美容コラム

Vol,11-(No.26) ビーバンジョア美容コラム

Vol,10-(No.25) ビーバンジョア美容コラム

Vol,9-(No.24) ビーバンジョア美容コラム

Vol,8-(No.23) ビーバンジョア美容コラム

Vol,7-(No.22) ビーバンジョア美容コラム

Vol,6-(No.21) ビーバンジョア美容コラム

Vol,5-(No.20) ビーバンジョア美容コラム

Vol,4-(No.19) ビーバンジョア美容コラム

Vol,3-(No.18) ビーバンジョア美容コラム

Vol,2-(No.17) ビーバンジョア美容コラム

Vol,1-(No.16) ビーバンジョア美容コラム

洗顔の秘訣-酵素洗顔

 日本の家族や友人が口を揃えて、最近暑くなってきたといいますが、バンコクはこの時期、雨が降ると少し涼しいですね。夜は扇風機を少しかけるだけで寝ることができます。
 さて、今回は前回のクレンジングに続き、酵素洗顔をご紹介します。その前におさらいです。
【洗顔の基礎】
 お肌は通常、PH4・5~5・5ぐらいの弱酸性に保たれており、毛穴はキュッと閉じています。お肌の表面を弱酸性に保つことで、バリアを形成し、外からのバクテリア、バイキンなどが体内に簡単に入らないように体を守っています。(こう考えると、皮膚というのは人間の体を守る薄い一枚の組織でありながら重要な役割を担っていますね)
お肌の表面につけたメイクなどは油性のものですが、一日経つとその皮脂汚れに外気の汚れなどがびっしりくっついています。まずは毛穴は閉じたまま、この汚れを肌の中に引き込まなよう、弱酸性で引き締めながらクレンジングで落とします。
【毛穴汚れ】
 弱酸性の洗顔フォームでは、毛穴の汚れはなかなか落ちません。そこで洗顔フォームとしては、毛穴を少し開くため微アルカリ性のものを使用します。アルカリ性というと、石鹸や洗剤のように刺激が強いと思われがちですが、微アルカリ性であれば、これは涙と同じくらいの度合いなので、お肌に負担をかけることはありません。
【頑固な汚れを落とすには】
 大事なのはここ!毛穴を開いたところで指やブラシで汚れを掻き出せるわけではありません。そこでビーバンジョアが注目しているのが「酵素の力」です。なにかよくCMで耳にする言葉だなぁと思いませんか?酵素にはいろんな種類がありますが、ビーバンジョアで用いるパパイン酵素とブロメライン酵素は、古くなって老化した細胞やタンパク質を分解する働きがあります。
【やってはいけない洗顔方法】
 ザラザラした毛穴汚れを取るためにスクラブしたりブラシでゴシゴシ、さらには泡だてネットでそのままこすり洗いされているお話をよく耳にします。そもそも「こする」という肌刺激を起こすと、お肌の中はメラニンを作り出します。
【弾力のある泡で優しく】
 まずはたっぷりの濃厚な泡をつくります。特にビーバンジョアの洗顔のように、パウダータイプのものは泡立てネット+ぬるま湯で泡立てるのがベストです。手のひらに乗せて逆さまにしても落ちないぐらいの泡をつくり、お肌に乗せ、直接手で肌をこすらず泡を動かすようにして洗います。
すすぎ残しのないように気をつけて下さいね。
排気ガスの酷いバンコクですので、洗顔は毎日丁寧に行いましょう!

(美愛花)

vj87