Dr.久米の歯科コラム

Vol,85-(No.105) 歯医者に“遠慮”って?

Vol,84-(No.104) 医者とのいい関係 ②

Vol,83-(No.103) 医者とのいい関係

Vol,82-(No.102) 歯並びについて

Vol,81-(No.101) 読者プレゼント

Vol,80-(No.100) 謙虚になること

Vol,79-(No.99) 日本の歯科治療と日本文化

Vol,78-(No.98) 日本の歯科は遅れている

Vol,77-(No.97) インレー

Vol,76-(No.96) 上顎洞炎

Vol,75-(No.95) キッズデンタルパーク

Vol,74-(No.94) ワシントンの歯の苦労

Vol,73-(No.93) 口腔癌

Vol,72-(No.92) シュミテクト

Vol,71-(No.91) 感謝の気持ち

Vol,70-(No.90) 虫歯の原因って…

Vol,69-(No.89) 痛みなんかで…

Vol,68-(No.88) ご自分の歯の模型と治療記録

Vol,67-(No.87) インプラント

Vol,66-(No.86) ちょっと怖い歯周病があります

Vol,65-(No.85) タイのデンタルフェスタにて

Vol,64-(No.84) 歯の掃除って何回にも…

Vol,63-(No.83) 日本の歯科って…

Vol,62-(No.82) 子供1人産むと歯を1本失う

Vol,61-(No.81) ソンクラーンは情報収集

Vol,60-(No.80) 問診って大切です!

Vol,59-(No.79) 3D技術で顔面修復

Vol,58-(No.78) 電 話

Vol,57-(No.77) クリント・イーストウッドは…

Vol,56-(No.76) マウスピース

Vol,55-(No.75) ユマニチュード

Vol,54-(No.74) 帰国のシーズンです

Vol.53-(No.73) 入れ歯は完成した時が…

Vol,52-(No.72) タバコ

Vol,51-(No.71) いびき

Vol,50-(No.70) 民間の保険

Vol,49-(No.69) 子供の歯周病

Vol,48-(No.68) 道具を一つ増やしてみませんか

Vol,47-(No.67) 日本はすぐに神経をとる

Vol,46-(No.66) タイはすぐに歯を抜く

Vol,45-(No.65) リベース

Vol,44-(No.64) 女優さんと歯

Vol,43-(No.63) 日本で使われている…

Vol,42-(No.62) やはり知っておくべきです

Vol,41-(No.61) お医者さんに病名を言って…

Vol,40-(No.60) 下顎安静位

Vol,39-(No.59) 人生の流れで歯の事…

Vol,38-(No.58) 文化程度と歯の健康度

Vol,37-(No.57) ブリーチングは…

Vol,36-(No.56) 3Dプリンター

Vol,35-(No.55) ひどいニュースに…

Vol,34-(No.54) 過去のコラムをメールで…

Vol,33-(No.53) 医学知識がないと…

Vol,32-(No.52) 歯磨き後の口は…

Vol,31-(No.51) ステイン

Vol,30-(No.50) フロスと歯間ブラシ

Vol,29-(No.49) ピアスがあるから…

Vol,28-(No.48) 歯ぎしり

Vol,27-(No.47) 問 診

Vol,26-(No.46) ブリーチング

Vol,25-(No.45) アソアライナー

Vol,24-(No.44) 日本人は歯の健康状態が…

Vol,23-(No.43) 予約について

Vol,22-(No.42) ミニインプラント

Vol,21-(No.41) 乳歯でアンチエイジング

Vol,20-(No.40) 牛乳からつくった虫歯修復材

Vol,19-(No.39) フッ素のうがい薬

Vol,18-(No.38) うがい薬

Vol,17-(No.37) ペングリップ

Vol,16-(No.36) 電動歯ブラシってどうですか?

Vol,15-(No.35) ハミガキ

Vol,14-(No.34) 歯科の世界も国際化

Vol,13-(No.33) 前歯のコンプレックス

Vol,12-(No.32) 歯周内科

Vol,11-(No.31) 金属アレルギー

Vol,10-(No.30) スマイル入れ歯

Vol,9-(No.29) 入れ歯

Vol,8-(No.28) 歯の色の素材いろいろ

Vol,7-(No.27) 日本人は歯にたいしての…

Vol,6-(No.26) カスタマーとクライアント

Vol,5-(No.25) お得情報

Vol,4-(No.24) 丁寧にしっかりと…

Vol,3-(No.23) タイの歯医者さんと日本の…

Vol,2-(No.22) タイでも使える日本の…

Vol,1-(No.21) 話題になったコラムが…

シュミテクト=Sensodyne

 ここでも何度か触れていますが歯磨き粉って大した効果がないものです。むしろ発泡剤のせいで長い時間歯磨きなんてできたものじゃありません。3分間磨くなんてよく耳にしますが、歯磨き粉で口が泡だらけなってとても3分なんて…というところです。また歯磨き粉に含まれているミントなどの香料のせいで充分に歯垢がとれていないのもかかわらず、キレイになったと錯覚してしまうから良くないとも聞きます。歯磨き粉メーカーさんには申し訳ありませんが、多くの歯医者さんは歯磨き粉にたいした期待をしていません。そして発泡剤と香料は直接害はないものの上記記したように本来の歯磨きの阻害要因ですらあります。そんな歯科医師から冷たい目で見られている歯磨き粉ですが、日本でもタイでもそのテレビコマーシャルはしかるべき機関に訴えたくなるほど過剰な謳い文句を過度に発してています。歯が白くなるなんてウソもいいところ。言わせてもらえば、販売会社に「良心」というものがないのかと疑いたくなるほどです。そんな歯科医師から立場の悪い歯磨き粉ですが1つだけ歯科医師から支持されている歯磨き粉があります。「Sensodyne」という歯磨き粉です。
 
 バンコクでは、どこのスーパーでも売られていると言っても過言ではないほどポピュラーな商品です。患者さんの中には歯磨き粉まで日本での馴染みのものをここタイでも使いたいと、わざわざ日本から歯磨き粉を持ち込んでいる人もいらっしゃいます。通常の歯磨き粉なら、どうせ似たり寄ったり、大した違いもないのにご苦労様です。シュミテクトという歯磨き粉が日本で売られています。実はこのシュミテクトは日本以外では「sensodyne」の名前で売られています。どうして日本だけ名前を変えたのでしょう?どうも日本の歯科の世界では世界標準と違うことにしたいようですね。シュミテクトをお探しの方でしたらこの情報はドンピシャですね。グラクソ、スミスクラインの商品です。 何故、歯科医師から支持があるかというと「知覚過敏」に効果があるからです。知覚過敏というのは冷たい水や飲み物で歯がしみるという症状です。爪でこすったり歯ブラシでゴシゴシすると痛みを感じるというのも知覚過敏の可能性大です。硬い歯ブラシを鷲掴みにしてゴシゴシと力任せにやっているとなってしまうというがおおかたの原因です。 本当は間違った磨き方を修正するのが本筋ですが「sensodyne」を使えばとりあえず症状は消えてしまいます。日本にいるときあまりテレビを見るほうではありませんでしたが、それでもシュミテクトのコマーシャルは印象的でした。それも10年以上同じコマーシャルを使っていたのも印象的でした。このコラムを書くにあたってネットで調べてみると、最近は何度も新しいものに作り変えているようです。ただCMの評判はあまり良くないようではありましたが。言葉遣いが悪いとか、日本語の発音が悪いとか。私はあまり気にはならなかったのですが、そのかわり謳い文句にイライラでした。歯を白くする?歯周病に効果ありだと?と。歯磨き粉全般にある僅かに認められた効果を、天文学的スケールで大袈裟に吹聴する品のないCMで「sensodyne、お前もか?」と不愉快でした。他の歯磨き粉のように「効果ほとんどなし」ではなく、知覚過敏には明確な効果があるのにどうして他と同じレベルにまで品性を落とすのか。せっかくいい製品なんだからもっと自信を持っていただいたほうがいいと思うのですが。 
 
 この「Sensodyne」ですが、年に2回あるデンタルフェアに毎回けっこうなスペースとって歯科医師に情報提供しています。そしてスーパーでもけっこうなスペースとって売られています。ところがシュミテクトは日本のデンタルフェアで見たことがありません。それどころかどこで売られているのかもわからない状態でした。さすがに最近は近くのスーパーで売られているのを見ましたが。日本では、知覚過敏にいいものが歯科医院向けにありました。だから歯医者さんは歯磨き粉を勧めるよりも、手っ取り早く痛みを取る方法を採用していたので歯科医院向けにはあまり広がらなかったのかもしれません。この歯科医院用の知覚過敏の商品ですが5、6年前から世界の他のメーカーからも“もどき”の商品が売られ始めました。私をはじめ多くの日本の歯科医師が評価している歯科材料ですが、どうも世界への発信が悪いのかなかなか日本以外で普及しませんでした。一度普及すると素晴らしいものなので爆発的に売れているようですが。このあたりも日本の歯科がどうしても内向きになっている例でしょう。
 
 そんな日本の歯科事情はさておき、冷たい水でしみたり怖くて冷えたビールが楽しめないという知覚過敏の症状をお持ちの方は「Sensodyne」は試してみる価値があります。 ただし1回使ったら魔法のように痛みが消えるというような即効性はありません。気長に使って、1本使い切ったら効果を感じるという程度に思われている方が無難です。そんなに待つのは嫌だ!すぐに痛みが消えて欲しいということであれば、歯科医院でお願いすればいいでしょう。注射されることもありませんし、歯を削られることもありません。
ただゴシゴシと薬剤を歯にこすりつけるだけ、という歯科処置の中では最高にエレガントな方法で済んでしまいます。ちなみの日本の社会保険、国民健康保険の適応内です。 治療費を心配しなければならないほどの治療費じゃないと思いますが。