Dr.久米の歯科コラム

Vol,85-(No.105) 歯医者に“遠慮”って?

Vol,84-(No.104) 医者とのいい関係 ②

Vol,83-(No.103) 医者とのいい関係

Vol,82-(No.102) 歯並びについて

Vol,81-(No.101) 読者プレゼント

Vol,80-(No.100) 謙虚になること

Vol,79-(No.99) 日本の歯科治療と日本文化

Vol,78-(No.98) 日本の歯科は遅れている

Vol,77-(No.97) インレー

Vol,76-(No.96) 上顎洞炎

Vol,75-(No.95) キッズデンタルパーク

Vol,74-(No.94) ワシントンの歯の苦労

Vol,73-(No.93) 口腔癌

Vol,72-(No.92) シュミテクト

Vol,71-(No.91) 感謝の気持ち

Vol,70-(No.90) 虫歯の原因って…

Vol,69-(No.89) 痛みなんかで…

Vol,68-(No.88) ご自分の歯の模型と治療記録

Vol,67-(No.87) インプラント

Vol,66-(No.86) ちょっと怖い歯周病があります

Vol,65-(No.85) タイのデンタルフェスタにて

Vol,64-(No.84) 歯の掃除って何回にも…

Vol,63-(No.83) 日本の歯科って…

Vol,62-(No.82) 子供1人産むと歯を1本失う

Vol,61-(No.81) ソンクラーンは情報収集

Vol,60-(No.80) 問診って大切です!

Vol,59-(No.79) 3D技術で顔面修復

Vol,58-(No.78) 電 話

Vol,57-(No.77) クリント・イーストウッドは…

Vol,56-(No.76) マウスピース

Vol,55-(No.75) ユマニチュード

Vol,54-(No.74) 帰国のシーズンです

Vol.53-(No.73) 入れ歯は完成した時が…

Vol,52-(No.72) タバコ

Vol,51-(No.71) いびき

Vol,50-(No.70) 民間の保険

Vol,49-(No.69) 子供の歯周病

Vol,48-(No.68) 道具を一つ増やしてみませんか

Vol,47-(No.67) 日本はすぐに神経をとる

Vol,46-(No.66) タイはすぐに歯を抜く

Vol,45-(No.65) リベース

Vol,44-(No.64) 女優さんと歯

Vol,43-(No.63) 日本で使われている…

Vol,42-(No.62) やはり知っておくべきです

Vol,41-(No.61) お医者さんに病名を言って…

Vol,40-(No.60) 下顎安静位

Vol,39-(No.59) 人生の流れで歯の事…

Vol,38-(No.58) 文化程度と歯の健康度

Vol,37-(No.57) ブリーチングは…

Vol,36-(No.56) 3Dプリンター

Vol,35-(No.55) ひどいニュースに…

Vol,34-(No.54) 過去のコラムをメールで…

Vol,33-(No.53) 医学知識がないと…

Vol,32-(No.52) 歯磨き後の口は…

Vol,31-(No.51) ステイン

Vol,30-(No.50) フロスと歯間ブラシ

Vol,29-(No.49) ピアスがあるから…

Vol,28-(No.48) 歯ぎしり

Vol,27-(No.47) 問 診

Vol,26-(No.46) ブリーチング

Vol,25-(No.45) アソアライナー

Vol,24-(No.44) 日本人は歯の健康状態が…

Vol,23-(No.43) 予約について

Vol,22-(No.42) ミニインプラント

Vol,21-(No.41) 乳歯でアンチエイジング

Vol,20-(No.40) 牛乳からつくった虫歯修復材

Vol,19-(No.39) フッ素のうがい薬

Vol,18-(No.38) うがい薬

Vol,17-(No.37) ペングリップ

Vol,16-(No.36) 電動歯ブラシってどうですか?

Vol,15-(No.35) ハミガキ

Vol,14-(No.34) 歯科の世界も国際化

Vol,13-(No.33) 前歯のコンプレックス

Vol,12-(No.32) 歯周内科

Vol,11-(No.31) 金属アレルギー

Vol,10-(No.30) スマイル入れ歯

Vol,9-(No.29) 入れ歯

Vol,8-(No.28) 歯の色の素材いろいろ

Vol,7-(No.27) 日本人は歯にたいしての…

Vol,6-(No.26) カスタマーとクライアント

Vol,5-(No.25) お得情報

Vol,4-(No.24) 丁寧にしっかりと…

Vol,3-(No.23) タイの歯医者さんと日本の…

Vol,2-(No.22) タイでも使える日本の…

Vol,1-(No.21) 話題になったコラムが…

口腔癌

 当院の近くにインド人経営の服屋さんがあります。ここの社長さんが以前からときどき受診に来られます。今まで来られたインド人の患者さんの多くは歯周病でした。日本人の場合は言わずと知れた日本でされた治療の不具合です。詰め物がとれた。かぶせもの(クラウン)が外れた。根っこの治療の後は折れやすくなっているので心棒を入れるのですが、その治療が悪かったために歯が折れた!等々です。タイ人の場合は、収入の少ない人は虫歯で痛みが出たというケースが多いですね。収入の多い人の場合は様々で、矯正やブリーチングが多くなります。歯のトラブルでもけっこうお国柄が出るものです。
 さて、そのインド人の社長さんですが、今までと違って悲壮な表情で、「今回は歯じゃないんです。歯茎が痛い!それも焼けるように、(Burningと表現)」と口の中を指さします。問診は大切にしたいと考えているので、患者さんの“焼けるような痛み”という言葉にひっかかりました。というのも“焼けるような痛み”という言葉でGoogleならぬ久米の頭で検索してもヒットしません。「あるとすれば口腔癌?あるいはろくでもない粘膜疾患…まさか。」と、見てみましたがたいした異変はありません。心配した癌や粘膜疾患ではなさそうです。それでも患者さんが「痛い!」と訴えているので異変を調べなければなりません。よーく見ると、針で突いたような外傷があり白い色をしています。粘膜を傷つけた何かが残っているか調べましたが何もない。口腔癌や口の中の粘膜疾患は歯医者の領分です。だから歯医者たるもの正しく診断できることが求められます。しかし粘膜疾患はけっこう難しく、口腔外科や耳鼻咽喉科でもその道のスペシャリストがいるというほど難しい分野です。学生のときに口腔外科の教授が粘膜疾患の確定診断は難しいのでまず歯医者には無理だ。無理だけれど「専門医に送ったほうがいいかどうかの判別はできてくれ。」と言われたのを覚えています。
 その専門医に送ったほうがいいのかどうかの判断材料が紹介されました。歯医者でもわかるような優しい言葉で「汚い」、「カリフラワーみたいに凸凹」というように。この教授の言葉で重要なことを肝に命じました。自分の力及ばずのことはやらず、その代わりその患者さんにとって最善と思われるところを紹介するということです。そして疾患名、鑑別診断ができずとも専門医に送ったほうがいいかどうかの判断を間違えてはいけないということです。上記の患者さんの場合は正に迷いました。専門医に送ったほうがいいと判断しなければならない異常は確認できないけれど、患者さんは普通ではない痛みを訴えているからです。
 そこであれこれ痛みの経過(ずっと痛いのか、時々なのか?痛みに波があるかどうか?等々)や痛みを引き起こすトリガーのようなものはないか聞いてみました。すると噛みタバコを常用しているとのこと。もしかしたら粘膜が傷ついてタバコの毒成分か何かが痛みを引き起こしているのではないか?と考えました。そこで2日~3日噛みタバコをやめて痛みに変化があるかどうか観察してみようという判断を下しました。結果は幸い“大当たり”でした。弱気になって安易に専門医に送ったら怒られていたことでしょう。
 よかった、よかったと喜んでいると、同じようなことは続くものです。舌の根本あたりに黒ずみがある。おまけに側面が少し白くなっているが白板症じゃないか?粘膜が傷ついて1ヶ月経つが線状に凹んだ状態になっている。今まで気にならなかった日本で入れた金属(インレー)と歯の隙間が気になってうっとうしい。という患者さんが来られました。幸い痛みはないようでしたが、心配度はかなりなものでした。白板症なんていう言葉が患者さんから出るところはおそらく心配でネットで調べたのだと思います。患者さんの心配はかなりなものでしたが、見てみると口腔癌やいやらしい粘膜疾患ではなさそうでした。今まで気にならなかった凹みが気になったり、舌をひっぱってみないと見えないような異変に気づいたということは患者さんが何か口の中でうっとうしい思いをされているからのはずです。どうも舌事態が敏感になっているのではないかという印象でした。舌が部分的に黒いとか白い以外に口の中の乾燥が疑われました。見せてもらってからインド人の患者さんのようにポイントを絞ってお話を聞くと口の中の乾燥が原因という確信に近づいてきました。けっこう口腔癌や粘膜疾患を心配されているのかもしれないと思い始めました。
 まず口腔癌は癌全体の数%程度らしいです。それほど多くもないですが、無視してもいいほどのものでもないといったところでしょうか。できやすいのは1に舌。そして歯茎、舌の下(口底と言います。)、鏡面膜とのことです。幸い胃癌や肺癌、脳腫瘍と違って目に見えるところにできるので患者さんが発見しやすいということが言えるかもしれません。ところが見えるところにあるのに早期発見はかなり低いようです。口の中のことは“痛い”かどうかばかり問題にする日本の文化の悪いところですね。さらにいきなり癌になるのではなく前癌病変という経過をたどることもあります。前癌病変というのは癌ではないけれど、その後癌ができやすい病気です。前出の白板症、扁平紅色苔癬などがあります。それ自体は癌ではないので心配ありませんが、その後に癌ができやすいということがあるので定期的にお医者さんでチェックしてもらうべきのものです。
 口腔癌や前癌病変ですが、その原因はまだよくわかっていないものが多いです。しかし、その原因のひとつとしてお酒とタバコが挙げられています。前出のインド人の例にあるように噛みタバコは東南アジアに多いわけですが、そのぶん口腔癌や前癌病変も多いとされています。タバコはやはりその危険性を覚悟して嗜むものなんでしょうね。