Dr.久米の歯科コラム

Vol,85-(No.105) 歯医者に“遠慮”って?

Vol,84-(No.104) 医者とのいい関係 ②

Vol,83-(No.103) 医者とのいい関係

Vol,82-(No.102) 歯並びについて

Vol,81-(No.101) 読者プレゼント

Vol,80-(No.100) 謙虚になること

Vol,79-(No.99) 日本の歯科治療と日本文化

Vol,78-(No.98) 日本の歯科は遅れている

Vol,77-(No.97) インレー

Vol,76-(No.96) 上顎洞炎

Vol,75-(No.95) キッズデンタルパーク

Vol,74-(No.94) ワシントンの歯の苦労

Vol,73-(No.93) 口腔癌

Vol,72-(No.92) シュミテクト

Vol,71-(No.91) 感謝の気持ち

Vol,70-(No.90) 虫歯の原因って…

Vol,69-(No.89) 痛みなんかで…

Vol,68-(No.88) ご自分の歯の模型と治療記録

Vol,67-(No.87) インプラント

Vol,66-(No.86) ちょっと怖い歯周病があります

Vol,65-(No.85) タイのデンタルフェスタにて

Vol,64-(No.84) 歯の掃除って何回にも…

Vol,63-(No.83) 日本の歯科って…

Vol,62-(No.82) 子供1人産むと歯を1本失う

Vol,61-(No.81) ソンクラーンは情報収集

Vol,60-(No.80) 問診って大切です!

Vol,59-(No.79) 3D技術で顔面修復

Vol,58-(No.78) 電 話

Vol,57-(No.77) クリント・イーストウッドは…

Vol,56-(No.76) マウスピース

Vol,55-(No.75) ユマニチュード

Vol,54-(No.74) 帰国のシーズンです

Vol.53-(No.73) 入れ歯は完成した時が…

Vol,52-(No.72) タバコ

Vol,51-(No.71) いびき

Vol,50-(No.70) 民間の保険

Vol,49-(No.69) 子供の歯周病

Vol,48-(No.68) 道具を一つ増やしてみませんか

Vol,47-(No.67) 日本はすぐに神経をとる

Vol,46-(No.66) タイはすぐに歯を抜く

Vol,45-(No.65) リベース

Vol,44-(No.64) 女優さんと歯

Vol,43-(No.63) 日本で使われている…

Vol,42-(No.62) やはり知っておくべきです

Vol,41-(No.61) お医者さんに病名を言って…

Vol,40-(No.60) 下顎安静位

Vol,39-(No.59) 人生の流れで歯の事…

Vol,38-(No.58) 文化程度と歯の健康度

Vol,37-(No.57) ブリーチングは…

Vol,36-(No.56) 3Dプリンター

Vol,35-(No.55) ひどいニュースに…

Vol,34-(No.54) 過去のコラムをメールで…

Vol,33-(No.53) 医学知識がないと…

Vol,32-(No.52) 歯磨き後の口は…

Vol,31-(No.51) ステイン

Vol,30-(No.50) フロスと歯間ブラシ

Vol,29-(No.49) ピアスがあるから…

Vol,28-(No.48) 歯ぎしり

Vol,27-(No.47) 問 診

Vol,26-(No.46) ブリーチング

Vol,25-(No.45) アソアライナー

Vol,24-(No.44) 日本人は歯の健康状態が…

Vol,23-(No.43) 予約について

Vol,22-(No.42) ミニインプラント

Vol,21-(No.41) 乳歯でアンチエイジング

Vol,20-(No.40) 牛乳からつくった虫歯修復材

Vol,19-(No.39) フッ素のうがい薬

Vol,18-(No.38) うがい薬

Vol,17-(No.37) ペングリップ

Vol,16-(No.36) 電動歯ブラシってどうですか?

Vol,15-(No.35) ハミガキ

Vol,14-(No.34) 歯科の世界も国際化

Vol,13-(No.33) 前歯のコンプレックス

Vol,12-(No.32) 歯周内科

Vol,11-(No.31) 金属アレルギー

Vol,10-(No.30) スマイル入れ歯

Vol,9-(No.29) 入れ歯

Vol,8-(No.28) 歯の色の素材いろいろ

Vol,7-(No.27) 日本人は歯にたいしての…

Vol,6-(No.26) カスタマーとクライアント

Vol,5-(No.25) お得情報

Vol,4-(No.24) 丁寧にしっかりと…

Vol,3-(No.23) タイの歯医者さんと日本の…

Vol,2-(No.22) タイでも使える日本の…

Vol,1-(No.21) 話題になったコラムが…

キッズデンタルパーク

 日本でおもしろい動きがあるようです。0歳からの予防歯科プログラムを提供しようという試みです。実は30年も前から「予防が大切。」と歯医者仲間ではよく言われていましたが、実際に予防に力を入れているという医院でも歯医者仲間を驚かせるようなところは私の知る限り1つもありませんでした。
 静岡市にある麻生キッズデンタルパークという歯科医院(予防プログラム教室と呼んだほうがいいのかな?)は、部屋の中がカラフルで原色がいっぱいです。子供に恐怖感を持たせるようなものはチェアユニットについた照明ぐらいで、あとは幼稚園のような「遊び場」を子供に感じさせるような部屋です。まずそこに今までの歯科医院との違いを見てしまいますが、保育士さんが常駐するなど中身もなかなかのものです。幼稚園で習う「健康」「人間関係」「環境」「言葉」「表現」を踏まえた教育をしていかないと、しっかり予防を習慣化していくことができません。幼稚園のようにあいさつを練習したり、歌を歌ったりもするんですよ。』というのがデンタルパークさんからの説明です。予防というものは、やはり限りなく教育に近いものだと思います。知識がたくさんあるからといって他人に分かりやすく教えられるかといったらそうではないでしょう。知っているという事と人に上手に教えるという事は全く違うことだと思うのですが、歯科の世界ではこの違いについてあまり問題にされてきませんでした。まして子供の(予防)教育となると歯科知識以上に教える能力が重要になるので、デンタルパークではここを子供の教育の専門家である保育士にお願いしているということなのです。歯科医師と歯科衛生、保育士がチームで取り組むというスタイルを実践しています。これが私の一番の驚きでした。
  よく「誰それ先生はいい」などと言われますが、実際の治療はチームで行われるので歯医者個人の評価をするよりも、医療チームを評価をするほうが適切だと思います。しかし歯科の世界ではチームワークの事を重要視していないので、個人の評価はありますがチームの評価について言われることはまずありません。それどころかセラミックのクラウンだから高いけど良いなどと、使う材料で歯科治療の出来を評価したりする始末です。デンタルパークでは医療スタッフのチームに加え、博報堂の方に医院の設計や構想を提案してもらったそうです。おそらく資本や機材購入、リースのことや銀行との関わり方なども博報堂のアドバイスがあったはずで、こうしたバックオフィスでもしっかりとチームができているように思えました。これが私の2番目の驚きでした。通常歯科医師が開業するときにアドバイスがもらえるのは、先に開業した先輩、友人で、異業種としてはせいぜい銀行ぐらいですからほとんどは歯科材料店にお任せの開業になっています。開業しようという人に「今の公定歩合が何%か知っていますか?これから上昇トレンドにありますか?それとも下降トレンドですか?」なんて経済の話題をふると全員の答えは「?」と言っても言い過ぎではない程、歯医者さんなんて実は世間の常識からズレた人がほとんどだと思います。現在日本では歯科医院の経営が良くないと言われていますが、金利のことも意識した事がない社長の運営する会社が経営難なのは当然のことだと思います。むしろ、そんな院長兼社長の経営する歯科医院が、ほとんどつぶれなかったという時代があった事のほうがおかしかったのではないでしょうか。
 今までの歯科医院は歯医者目線で作られていましたが、このキッズデンタルパークは患者さん目線(子供目線、お母さん目線)で作られていると感じています。医療スタッフは白衣ではなくポロシャツを着用するなど(これだけでも従来の歯科医師目線だと否定されます)旧態然とした歯科の世界に新しい波を作ってくれたと思います。幸い成功しているようで、すでにフランチャイズ医院が全国で6箇所できているそうです。成功をお祈りしています。
私は何事も「何でもあり」のほうが好きですし、「出る杭は打たれる」という言葉が嫌いです。何でもやってみたらいいし、やってダメでもいい経験になります。やる前に型に押し込んでしまうっていうのはイヤですね。
 私の医院では、タイ人の歯科医師が現場の治療を行い、私は治療手技以外のことを担当しています。例えば歯の掃除に来た患者さんには、掃除を歯医者に頼まなくてもいいようにするための知識などをお話ししています。これは説明ですが大きな意味では「教育」といえるかもしれません。そうなると教育の専門家がチーム内にいてくれる事は大きな力になります。専門家を「雇う」のか、私が「教える」という科目を掘り下げて学ぶのか、というテーマもここから気付かされました。やはり今まで人のやっていないことをするという事は素晴らしいことですね。
 ちなみに静岡のキッズデンタルパークは2000円程度の料金だそうです。もちろん保険対象外ですので丸々2000円かかります。これが高いと思われるかどうかですが、高いと思わない人のグループは歯科の意識の高いグループだろうと思います。
 歯科に対して意識の高い人が多い地域から、こういった新しい試みは広がっていくのでしょうね。私も歯医者なのでこの2000円という数字から1日の患者さん数をかけて診療日数をまたかけてなどといらぬ計算をしてしまいますが、たしかに「いける」かもしれませんね。いえ、実際、成功しているということですから「いける」のでしょうね。ただ「すごくいい!」というところまでいくのはなかなか難しそうです。
 麻生キッズデンタルパークさんは予防だけでなく矯正などもされているそうですから、デンタルパーク頼みでもなさそうです。余計な詮索でした。今回は日本から久々に歯科の明るい話題をいただきました。