Dr.久米の歯科コラム

Vol,85-(No.105) 歯医者に“遠慮”って?

Vol,84-(No.104) 医者とのいい関係 ②

Vol,83-(No.103) 医者とのいい関係

Vol,82-(No.102) 歯並びについて

Vol,81-(No.101) 読者プレゼント

Vol,80-(No.100) 謙虚になること

Vol,79-(No.99) 日本の歯科治療と日本文化

Vol,78-(No.98) 日本の歯科は遅れている

Vol,77-(No.97) インレー

Vol,76-(No.96) 上顎洞炎

Vol,75-(No.95) キッズデンタルパーク

Vol,74-(No.94) ワシントンの歯の苦労

Vol,73-(No.93) 口腔癌

Vol,72-(No.92) シュミテクト

Vol,71-(No.91) 感謝の気持ち

Vol,70-(No.90) 虫歯の原因って…

Vol,69-(No.89) 痛みなんかで…

Vol,68-(No.88) ご自分の歯の模型と治療記録

Vol,67-(No.87) インプラント

Vol,66-(No.86) ちょっと怖い歯周病があります

Vol,65-(No.85) タイのデンタルフェスタにて

Vol,64-(No.84) 歯の掃除って何回にも…

Vol,63-(No.83) 日本の歯科って…

Vol,62-(No.82) 子供1人産むと歯を1本失う

Vol,61-(No.81) ソンクラーンは情報収集

Vol,60-(No.80) 問診って大切です!

Vol,59-(No.79) 3D技術で顔面修復

Vol,58-(No.78) 電 話

Vol,57-(No.77) クリント・イーストウッドは…

Vol,56-(No.76) マウスピース

Vol,55-(No.75) ユマニチュード

Vol,54-(No.74) 帰国のシーズンです

Vol.53-(No.73) 入れ歯は完成した時が…

Vol,52-(No.72) タバコ

Vol,51-(No.71) いびき

Vol,50-(No.70) 民間の保険

Vol,49-(No.69) 子供の歯周病

Vol,48-(No.68) 道具を一つ増やしてみませんか

Vol,47-(No.67) 日本はすぐに神経をとる

Vol,46-(No.66) タイはすぐに歯を抜く

Vol,45-(No.65) リベース

Vol,44-(No.64) 女優さんと歯

Vol,43-(No.63) 日本で使われている…

Vol,42-(No.62) やはり知っておくべきです

Vol,41-(No.61) お医者さんに病名を言って…

Vol,40-(No.60) 下顎安静位

Vol,39-(No.59) 人生の流れで歯の事…

Vol,38-(No.58) 文化程度と歯の健康度

Vol,37-(No.57) ブリーチングは…

Vol,36-(No.56) 3Dプリンター

Vol,35-(No.55) ひどいニュースに…

Vol,34-(No.54) 過去のコラムをメールで…

Vol,33-(No.53) 医学知識がないと…

Vol,32-(No.52) 歯磨き後の口は…

Vol,31-(No.51) ステイン

Vol,30-(No.50) フロスと歯間ブラシ

Vol,29-(No.49) ピアスがあるから…

Vol,28-(No.48) 歯ぎしり

Vol,27-(No.47) 問 診

Vol,26-(No.46) ブリーチング

Vol,25-(No.45) アソアライナー

Vol,24-(No.44) 日本人は歯の健康状態が…

Vol,23-(No.43) 予約について

Vol,22-(No.42) ミニインプラント

Vol,21-(No.41) 乳歯でアンチエイジング

Vol,20-(No.40) 牛乳からつくった虫歯修復材

Vol,19-(No.39) フッ素のうがい薬

Vol,18-(No.38) うがい薬

Vol,17-(No.37) ペングリップ

Vol,16-(No.36) 電動歯ブラシってどうですか?

Vol,15-(No.35) ハミガキ

Vol,14-(No.34) 歯科の世界も国際化

Vol,13-(No.33) 前歯のコンプレックス

Vol,12-(No.32) 歯周内科

Vol,11-(No.31) 金属アレルギー

Vol,10-(No.30) スマイル入れ歯

Vol,9-(No.29) 入れ歯

Vol,8-(No.28) 歯の色の素材いろいろ

Vol,7-(No.27) 日本人は歯にたいしての…

Vol,6-(No.26) カスタマーとクライアント

Vol,5-(No.25) お得情報

Vol,4-(No.24) 丁寧にしっかりと…

Vol,3-(No.23) タイの歯医者さんと日本の…

Vol,2-(No.22) タイでも使える日本の…

Vol,1-(No.21) 話題になったコラムが…

上顎洞炎

 おかしなもので同じようなケースが続くということがよくあります。「今月は入れ歯ばっかりだなぁー。」と言っていると今度は子供ばかりで、最近では知覚過敏が7例ありました。少し前にこの話題を2つほどしたはずなんですが、コラムに書いたSensodyneのことはご存じないという方がほとんどで、私のこのコラムもたいして役に立っていないのかと少しがっかりしました。 
 私は問診を大切にしたいと考えているので、治療を始める前に症状やご希望をしっかりとお聞きします。しかし「どうされましたか?」とお聞きしても、痛みがあるというだけで、あまりはっきりとした返事が返ってきません。前にも書きましたが、日本語の「痛い」は冷たい水でしみる温度痛も、物を噛んで痛い咬合痛も、何の刺激もない状態で痛い自発痛も「痛い!」の一言で済ませてしまいます。日本語の特性で、文学的にはおもしろみがあるのでしょうが、自然科学を学んだり医療を受ける時にはあまりいい言葉ではないように思います。その患者さんは、自発痛は有りで温度痛は無し、咬合痛がはっきりしないのでレントゲンで調べました。特に当該の歯に治療痕がない健全な歯で、上記の症状がある場合、歯の疾患ではないと判断できます。ところが患者さんは歯の問題だと思って歯科医院に来られているわけですから、もう一度問診をやり直すことになります。
 原因は上顎洞炎です。上顎洞炎には歯が原因の①歯性上顎洞炎と②風邪が原因の上顎洞炎(耳鼻科では副鼻腔炎と言われます)があります。そこで患者さんに「最近、風邪を引いていませんか?」とお聞きするとYESでした。歯性上顎洞炎でないなら、大抵抗生物質で良くなってしまうので、5日間薬を飲み、様子を見てからの判断となります。今回、同じ症例が5人続けてありましたが全員薬で治ってしまいました。この上顎洞炎ですが歯医者の試験の対策本(試験のためでなく、歯科を学ぶのにためになる本でした。)に左右両方に問題があればアレルギー性鼻炎や風邪からくる副鼻腔炎、片側だけなら歯性上顎洞炎と思わせるような記述があったので、私もこのような認識でいました。
 実は、国家試験の8ヶ月後に右上の奥歯に痛みを感じました。自発痛ですが痛みの波がありましたし、歯痛とも思えない痛みでした。まるで歯の首(歯頸部といいます。)をピアノ線で締め付けられているといった表現が適切な痛みでした。咬合痛もあるといえばあるしないといえばないような、歯が痛いというよりも右側全体がうっとうしいような不快感を感じました。不快感などと生易しい表現では足りず、痛いと表現しても足りないほどうっとうしいものでした。当時、口腔外科の講師をしている先生が開業している医院でアルバイトをさせてもらっていたので、診てもらいました。さすがに慣れたもので、鮮やかに歯をコンコン叩いて「おおーっ、いい音しとるなぁ。」と言いながら「上顎洞炎!」と判決を下します。でも私の奥歯は神経をとられた歯はありませんから、歯性上顎洞炎はまず考えられません。その先生も術後性上顎洞炎だったらありうるぞとおっしゃられましたが、上顎洞炎の手術なんてやったことはありません。とりあえず抗生物質を飲めば治るのだろうけれど、こんな経験は滅多にできることではないと思い、かなりツライ症状でしたが自分の体で体験して学ぼうと決めました。
 原因を考えた結果、アレルギー性鼻炎や風邪からくる副鼻腔炎ではないかと思い耳鼻科を受診しました。結果は副鼻腔炎!そこで耳鼻科の先生に「歯医者の教科書(正確には国試対策本)には片側性なら歯性上顎洞炎、両側性ならアレルギー性鼻炎や風邪からと学んだのですが、、」と言うと、先生は笑って「そんなことないですよ。風邪からでも片側だけの症例なんていっぱいありますよ。現に今、その症例がありますね。」と教えて下さいました。後から考えると“あたりまえ”のことですね。これが本で学ぶ事と実地で学ぶ事の違いでしょうか。この体験で、問診の時に上顎洞炎の患者さんの表現される言葉が受け止めやすくなったと思っています。上顎洞炎の症状として①頭が痛い。特に頬骨のあたり。ヒドイ時は顔、頭全体、あるいは片側全体が痛い。②歩いた振動でも痛みを感じる。前かがみになっても痛いなど。③鼻詰まり、④歯が痛い。(私の体験談を参考に) 等ですが、まだ表現が足りませんね。ここタイで上顎洞炎になった時、タイのお医者さんにどうやって伝えるかが問題です。と言うのも、歯根治療をした患者さんの中に、根っこの先に膿袋ができてしまったという方がよくいらっしゃるからです。場合によっては望んでいなかった根っこの治療を始められてしまうかもしれません。その歯の状態は良くなるかもしれませんが肝心の頭が痛い、重いといった症状はおそらく改善しないでしょう。

 ということで風邪を引いて(特に鼻詰まりの症状が酷い時)、上記のような症状があったときは上顎洞炎を疑ってみられてはどうでしょうか。タイではお医者さんにかからずとも、薬屋さんで簡単に抗生物質を買う事が出来ます。正直なところ、歯科医師免許持った者が無処方で抗生物質を飲むことを推奨するようなことを書くのは問題ありです。しかし処方される抗生物質はタイでしたらおそらくアモキシシリンだと思います。これは、そうそうアレルギーやアナフィラキシーショックを起こすものではありません。ただ絶対にないということではないので、医者にかからず買い薬で済ませてしまおうという方はご自分の体に問題のある薬は明確にしておく必要はありますし、もし問題がおこった時は自己責任という事は言うまでもありません。このコラムのせいにしないでくださいね。