Dr.久米の歯科コラム

Vol,85-(No.105) 歯医者に“遠慮”って?

Vol,84-(No.104) 医者とのいい関係 ②

Vol,83-(No.103) 医者とのいい関係

Vol,82-(No.102) 歯並びについて

Vol,81-(No.101) 読者プレゼント

Vol,80-(No.100) 謙虚になること

Vol,79-(No.99) 日本の歯科治療と日本文化

Vol,78-(No.98) 日本の歯科は遅れている

Vol,77-(No.97) インレー

Vol,76-(No.96) 上顎洞炎

Vol,75-(No.95) キッズデンタルパーク

Vol,74-(No.94) ワシントンの歯の苦労

Vol,73-(No.93) 口腔癌

Vol,72-(No.92) シュミテクト

Vol,71-(No.91) 感謝の気持ち

Vol,70-(No.90) 虫歯の原因って…

Vol,69-(No.89) 痛みなんかで…

Vol,68-(No.88) ご自分の歯の模型と治療記録

Vol,67-(No.87) インプラント

Vol,66-(No.86) ちょっと怖い歯周病があります

Vol,65-(No.85) タイのデンタルフェスタにて

Vol,64-(No.84) 歯の掃除って何回にも…

Vol,63-(No.83) 日本の歯科って…

Vol,62-(No.82) 子供1人産むと歯を1本失う

Vol,61-(No.81) ソンクラーンは情報収集

Vol,60-(No.80) 問診って大切です!

Vol,59-(No.79) 3D技術で顔面修復

Vol,58-(No.78) 電 話

Vol,57-(No.77) クリント・イーストウッドは…

Vol,56-(No.76) マウスピース

Vol,55-(No.75) ユマニチュード

Vol,54-(No.74) 帰国のシーズンです

Vol.53-(No.73) 入れ歯は完成した時が…

Vol,52-(No.72) タバコ

Vol,51-(No.71) いびき

Vol,50-(No.70) 民間の保険

Vol,49-(No.69) 子供の歯周病

Vol,48-(No.68) 道具を一つ増やしてみませんか

Vol,47-(No.67) 日本はすぐに神経をとる

Vol,46-(No.66) タイはすぐに歯を抜く

Vol,45-(No.65) リベース

Vol,44-(No.64) 女優さんと歯

Vol,43-(No.63) 日本で使われている…

Vol,42-(No.62) やはり知っておくべきです

Vol,41-(No.61) お医者さんに病名を言って…

Vol,40-(No.60) 下顎安静位

Vol,39-(No.59) 人生の流れで歯の事…

Vol,38-(No.58) 文化程度と歯の健康度

Vol,37-(No.57) ブリーチングは…

Vol,36-(No.56) 3Dプリンター

Vol,35-(No.55) ひどいニュースに…

Vol,34-(No.54) 過去のコラムをメールで…

Vol,33-(No.53) 医学知識がないと…

Vol,32-(No.52) 歯磨き後の口は…

Vol,31-(No.51) ステイン

Vol,30-(No.50) フロスと歯間ブラシ

Vol,29-(No.49) ピアスがあるから…

Vol,28-(No.48) 歯ぎしり

Vol,27-(No.47) 問 診

Vol,26-(No.46) ブリーチング

Vol,25-(No.45) アソアライナー

Vol,24-(No.44) 日本人は歯の健康状態が…

Vol,23-(No.43) 予約について

Vol,22-(No.42) ミニインプラント

Vol,21-(No.41) 乳歯でアンチエイジング

Vol,20-(No.40) 牛乳からつくった虫歯修復材

Vol,19-(No.39) フッ素のうがい薬

Vol,18-(No.38) うがい薬

Vol,17-(No.37) ペングリップ

Vol,16-(No.36) 電動歯ブラシってどうですか?

Vol,15-(No.35) ハミガキ

Vol,14-(No.34) 歯科の世界も国際化

Vol,13-(No.33) 前歯のコンプレックス

Vol,12-(No.32) 歯周内科

Vol,11-(No.31) 金属アレルギー

Vol,10-(No.30) スマイル入れ歯

Vol,9-(No.29) 入れ歯

Vol,8-(No.28) 歯の色の素材いろいろ

Vol,7-(No.27) 日本人は歯にたいしての…

Vol,6-(No.26) カスタマーとクライアント

Vol,5-(No.25) お得情報

Vol,4-(No.24) 丁寧にしっかりと…

Vol,3-(No.23) タイの歯医者さんと日本の…

Vol,2-(No.22) タイでも使える日本の…

Vol,1-(No.21) 話題になったコラムが…

インレー

 いつもは専門用語など使わずに、中学生が読んでも内容が理解できるようにと務めてきましたが、今回はタイトルからいきなり歯科用語です。まずこのインレーですが、神経をとられていない歯で、あまり大きくもなく小さくもなくという虫歯(う蝕)の治療に使われるものです。そして日本人でしたら奥歯に数本入っているのが平均的なところだと思います。写真を付けておきますので、見れば「ああ、これか」となるはずです。どうして歯科用語まで出してこんな話題を挙げたのかというと、このインレーが正に日本独特の治療だからです。ここバンコクは正真正銘国際都市ですから、いろいろな国から来た人があちこちにいらっしゃいます。日本人はたいてい持っているこのメタルインレーですが、日本人以外はまず持っていないはずです。興味があればいろいろな国の人の口の中を確認されるとおもしろいと思います。インレー以外の治療法は何かというと“充填”です。日本での“充填”は前歯に限ったことです。充填の材料ですが過去にはアマルガム充填が主流でした。その後レジン充填に置き換わってきたとご理解ください。アマルガム充填は長い歴史もあり、その有効性はしっかりと確立されている上に、治療費も安く素晴らしい術式だと思います。ただ色が歯の色とかけ離れているので、歯の色に近いレジンに取って代わられたと言えます。20年前のレジンは問題が多く、トラブルがかなりありました。その証拠に毎年と言っていいほど素材が改良されているのです。デンタルフェアなどに行くと、今までは象牙質をエッチング処理してはいけないとされていたのに、これからは象牙質を含めてトータルエッチングでやってくださいとか、充填前にはしっかりと乾燥させて表面処理してくださいと言われていたのに、これからはウェットボンディングといって適度に湿らせてくださいなど、今までのは何だったの?という変化がおこるのです。
 しかしそんなオオカミ少年のようだった状況もかなり落ち着いてきて、今は安定した結果を残すようになっています。日本以外でしたらまずこのレジン充填かアマルガム充填が主流です。充填するには大きすぎるという場合は、歯を一回り大きく削って全体をかぶせるクラウンという処置になります。私はこの削除量の多いクラウンに対してかなり抵抗がありました。菌に感染していないところまで遠慮なしに削るので、「歯医者って歯を守る仕事なのに、破壊していないか?」と思ったのです。そこでインレーを選択したくなります。日本では保険の要求でメタルを使用し、(小臼歯にはレジンも認められていますが、心ある歯科医師からはボロカスの評価でした。)日本以外ではセラミックになりますが、セラミックは破折するというトラブルがあります。金槌でたたいても割れないようなセラミックが開発されたといっても割れてきます。クラウンであればほとんどそのようなトラブルはないので、やはりインレーをセラミックで行うことに無理があると判断しています。日本では素材に金属を使いますから、破折の心配なしにインレーを行います。それなら日本と同じメタルのインレーをやればいいじゃないかとなりますが、安価が取り柄のメタルインレーを治療費が安いはずのタイでなかなか実現できません。日本で受けた金属治療を、タイなら安く歯の色のもので治療できると金属追放を求めて来られる方もいらっしゃいます。小さなインレーならいいですが、充填だと保つかなぁという時は悩ましいところです。しかもこのインレーのやり直しが非常に比率の高い処置なのでなおさら悩ましいところです。おそらく根っこの治療の次に多いと思います。
日本でメタルインレーが多い理由は、第一に非常に低い保険点数にされているので気軽に患者さんに行えるという点です。ほとんど患者さんに説明せずに行われているはずです。第二に、保険点数が1時間に4人ぐらいの患者さんがあることを前提に作られているので、1人あたり15分で終わればこのインレーは最高です。医師は麻酔の注射と削るだけでいいからです。その後の型取りから装着は、衛生士さんや歯科助手にお願いしている医院は珍しくありません。患者さんが多い歯科医院がいい歯科医院なんて思っている人もいらっしゃいますが、患者さんが多ければ一人あたりにかけられる時間が少なくなるので、なかなかそうとも言えません。歯科医師仲間で評価の高い先生は、予約の段階でかなり患者さんを制限しています。「私は1日に100人の患者さんを治療しています。」なんて威張っている歯医者さんもいますが、心ある歯科医師からは冷ややかに見られています。10時間働いたとして、1人あたり何分かけているの?簡単な割り算でわかりますね。
 充填の処置をタイで受けられた方なら時間が圧倒的に長いことに気が付かれているはずです。“丁寧に!”感染しているところだけ削ろうとすると、これだけでも結構時間がかかります。レジンが歯の色に近いといっても人によって色の違いがあります。日本で行われた前歯のレジン充填も色が大きく外れていて、ひと目で虫歯治療したなとわかるケースは少なくありません。実際、レジンにはいろいろな色のセットがあるのですが、最初から色を合わせる気のない歯医者さんは1色しか持っていない事も珍しくありません。そしてそんなブサイクな処置を受けた歯でなんの疑問もなく平気でいる日本人も珍しくありません。メタルインレーのことも気にしていない人がほとんどですから。アメリカ人やヨーロッパの人も日本人と同じだと思いますか?日本の特殊なところが明確に現れています。

dr97