Dr.久米の歯科コラム

Vol,85-(No.105) 歯医者に“遠慮”って?

Vol,84-(No.104) 医者とのいい関係 ②

Vol,83-(No.103) 医者とのいい関係

Vol,82-(No.102) 歯並びについて

Vol,81-(No.101) 読者プレゼント

Vol,80-(No.100) 謙虚になること

Vol,79-(No.99) 日本の歯科治療と日本文化

Vol,78-(No.98) 日本の歯科は遅れている

Vol,77-(No.97) インレー

Vol,76-(No.96) 上顎洞炎

Vol,75-(No.95) キッズデンタルパーク

Vol,74-(No.94) ワシントンの歯の苦労

Vol,73-(No.93) 口腔癌

Vol,72-(No.92) シュミテクト

Vol,71-(No.91) 感謝の気持ち

Vol,70-(No.90) 虫歯の原因って…

Vol,69-(No.89) 痛みなんかで…

Vol,68-(No.88) ご自分の歯の模型と治療記録

Vol,67-(No.87) インプラント

Vol,66-(No.86) ちょっと怖い歯周病があります

Vol,65-(No.85) タイのデンタルフェスタにて

Vol,64-(No.84) 歯の掃除って何回にも…

Vol,63-(No.83) 日本の歯科って…

Vol,62-(No.82) 子供1人産むと歯を1本失う

Vol,61-(No.81) ソンクラーンは情報収集

Vol,60-(No.80) 問診って大切です!

Vol,59-(No.79) 3D技術で顔面修復

Vol,58-(No.78) 電 話

Vol,57-(No.77) クリント・イーストウッドは…

Vol,56-(No.76) マウスピース

Vol,55-(No.75) ユマニチュード

Vol,54-(No.74) 帰国のシーズンです

Vol.53-(No.73) 入れ歯は完成した時が…

Vol,52-(No.72) タバコ

Vol,51-(No.71) いびき

Vol,50-(No.70) 民間の保険

Vol,49-(No.69) 子供の歯周病

Vol,48-(No.68) 道具を一つ増やしてみませんか

Vol,47-(No.67) 日本はすぐに神経をとる

Vol,46-(No.66) タイはすぐに歯を抜く

Vol,45-(No.65) リベース

Vol,44-(No.64) 女優さんと歯

Vol,43-(No.63) 日本で使われている…

Vol,42-(No.62) やはり知っておくべきです

Vol,41-(No.61) お医者さんに病名を言って…

Vol,40-(No.60) 下顎安静位

Vol,39-(No.59) 人生の流れで歯の事…

Vol,38-(No.58) 文化程度と歯の健康度

Vol,37-(No.57) ブリーチングは…

Vol,36-(No.56) 3Dプリンター

Vol,35-(No.55) ひどいニュースに…

Vol,34-(No.54) 過去のコラムをメールで…

Vol,33-(No.53) 医学知識がないと…

Vol,32-(No.52) 歯磨き後の口は…

Vol,31-(No.51) ステイン

Vol,30-(No.50) フロスと歯間ブラシ

Vol,29-(No.49) ピアスがあるから…

Vol,28-(No.48) 歯ぎしり

Vol,27-(No.47) 問 診

Vol,26-(No.46) ブリーチング

Vol,25-(No.45) アソアライナー

Vol,24-(No.44) 日本人は歯の健康状態が…

Vol,23-(No.43) 予約について

Vol,22-(No.42) ミニインプラント

Vol,21-(No.41) 乳歯でアンチエイジング

Vol,20-(No.40) 牛乳からつくった虫歯修復材

Vol,19-(No.39) フッ素のうがい薬

Vol,18-(No.38) うがい薬

Vol,17-(No.37) ペングリップ

Vol,16-(No.36) 電動歯ブラシってどうですか?

Vol,15-(No.35) ハミガキ

Vol,14-(No.34) 歯科の世界も国際化

Vol,13-(No.33) 前歯のコンプレックス

Vol,12-(No.32) 歯周内科

Vol,11-(No.31) 金属アレルギー

Vol,10-(No.30) スマイル入れ歯

Vol,9-(No.29) 入れ歯

Vol,8-(No.28) 歯の色の素材いろいろ

Vol,7-(No.27) 日本人は歯にたいしての…

Vol,6-(No.26) カスタマーとクライアント

Vol,5-(No.25) お得情報

Vol,4-(No.24) 丁寧にしっかりと…

Vol,3-(No.23) タイの歯医者さんと日本の…

Vol,2-(No.22) タイでも使える日本の…

Vol,1-(No.21) 話題になったコラムが…

日本の歯科は遅れている

私はこのコラムを書くにあたってネタ探しはもちろん、書こうと思う内容の確認もネットを使って調べています。今回も、“日本”“歯科”とGoogleに入力したところ、「日本」「歯科」「遅れている」の項目がありました。私はコラムに日本の歯科が遅れていると大きな声では言っていないはずです。何かを“けなす”内容は、読んでいて気持ちのいいものではないと思っているからです。とくに母国の悪口は聞くのも言うのも嫌なものです。しかし、正直に言ってしまうと、日本の歯科は先進国では最低だと思っています。医師の治療レベルはもちろん、歯科治療を受ける患者さんの意識も低いと言えます。日本人の多くは日本の歯科治療費が世界標準だと思っていますが、残念ながら世界最低なのです。そして、そのことを知っている人はそれほど多くないのではないでしょうか。私のようにタイの歯科治療を直に見ているとか、歯科医師免許を持った人が外国の歯科医院を見ていなければ、問題として意識されることがないからです。これらは患者さん目線でなかなか評価できることではありません。
 4年前、大阪へ帰った時に同級生が20人も集まってくれました。卒業後ほとんど会っていない人ばかりだったので、皆から「タイはどう?」という質問を当然うけると思っていました。そこで私が「皆は日本の歯科治療の方が優れていて、タイの治療なんて土人の治療ぐらいに思っているんじゃないかな。ところが段違いにレベルが高いんだよ!根管治療が先まで届いていない、1本省略なんてありえない。シリコンの型採りも、ちゃんと採れていないと技工所から突っ返されるんだよ。日本みたいに誤魔化して適当に作るなんてことはしない。デンチャー(入れ歯)は、最低でも教科書どおりの手順を踏むので、日本のような情けないデンチャーがない。」「感染予防について言うと、タイで歯科治療受けたらエイズになるなんて思っている人がいるかもしれないけれど、ハンドピースは買ってから一度もオートクレーブ(滅菌器のことです。)にかけたことがないのが日本の“普通”だけれど、タイでは滅菌袋から出したらオートクレーブ行きが“普通”。」と言うと場はシーンとしました。しかし、全員が納得したわけではなく日本の治療が劣っていることに反論する人もいました。しかし、いろいろな例を挙げて内容を説明するとその人達も反論できなくなっていました。患者さんではなく歯科医師でもこんな反応でした。それだけに“遅れている”という単語が上位に来ていたことに驚きました。ということでさっそく覗いてみました。Googleで一番上にあったのがトラストデンタルクリニックさんです。
ウェブサイト http://www.trustdental.jp 
 なんとアメリカの大学を出ていながら、収入も生活もずっと劣るであろう日本を働く場に選ばれた方です。ここのサイトで「日本の歯科はこれでいいのか」と題して2014年11月で16回にわたってコラムを書かれています。アメリカの歯科医師の診療室やこの方が言われているデンタルフェアには物好きにも何度か行っているのである程度のことは知っていましたが、この方のように実際にアメリカの大学で学んで国家試験(州試験)を受けた人の体験談からくるお話は私には“格別”でした。 アメリカの学生と日本の学生の学ぶ姿勢が大違いだということも漠然とは知っていましたが、経験者の話はおもしろさが別格です。教官の質のことも、なるほどと思えるもので、日本の大学もこの方の言葉に耳を傾けてもらえればいいのにな、と思いました。あまりに“なるほど”が続くものですからタイトルの1から16まで一気に読ませていただきました。広島カープの黒田投手がアメリカなら20億もらえるのに4億の彼にとっての野球の故郷、広島を選んだと男気黒田で拍手喝采ですが、私にしてみれば、このトラストデンタルクリニックの及川律先生も、黒田投手にならぶ漢です。さすが「こっちのほうが収入がいいから」なんてことよりも、自分の存在価値のことを重く見られたようで、書かれている内容も数ある歯科医院の「当院こそは」、「うちに来てください。」なんて“セコい”サイトではありません。同業者から見てもこの先生は、歯科に対してのあふれる愛情を感じます。そしてその愛情は、治療手技にも患者さんに対しても惜しみなく行き渡っているだろうと感じさせられます。同業者としてこんな眩しいぐらいの先生にはなかなか出会えたものではないので、新年早々いい出会いがあったと喜んでいます。
 及川先生のお話されていることはネットで見ていただくとして、この先生が開業される前にお勤めになったアドベンチストメディカルセンターというクリニックを紹介いたします。実は、この名前には聞き覚えがありました。沖縄にいたことがあるのですが、その時にアドベンチストメディカルセンターで歯科治療を受けたという友人の話を聞きました。その内容は、日本でよくある歯科医院とは一線を画するようだったという話です。具体的な内容は忘れてしまったのですが、当時の私には相当ショックなインフォームドコンセンサスでした。すべて納得できる話で、なおかつ隙や漏れのない「見事!」と絶賛するべき内容と言えば私のショックを察していただけるでしょうか。皆、口では重要と言うのですが、当時はもちろん、今でもまともにインフォームドコンセンサスなんてされていないのが現状でしょう。そしてよくよく聞いてみると、その歯医者さんは日本人ではなかったのです!
 軍施設の多い沖縄市だったので軍医さんがやっているのかな?でも日本の免許のことはどうなっているの?といった素朴な疑問がありました。そして「見事!」と評価できる人が日本人ではなくアメリカ人だったのは、「残念」という気持と「やっぱり」という虚無感がありました。このアドベンチストメディカルセンターは沖縄だけでなく東京や神戸にもあるようです。日本に帰国される方から日本で信頼できる歯科医院は?と聞かれても東京方面は情報がなかったのですが、このアドベンチストメディカルセンターや及川先生のクリニックは同業者が拍手するところですから、とてもいいところかもしれません。