Dr.久米の歯科コラム

Vol,85-(No.105) 歯医者に“遠慮”って?

Vol,84-(No.104) 医者とのいい関係 ②

Vol,83-(No.103) 医者とのいい関係

Vol,82-(No.102) 歯並びについて

Vol,81-(No.101) 読者プレゼント

Vol,80-(No.100) 謙虚になること

Vol,79-(No.99) 日本の歯科治療と日本文化

Vol,78-(No.98) 日本の歯科は遅れている

Vol,77-(No.97) インレー

Vol,76-(No.96) 上顎洞炎

Vol,75-(No.95) キッズデンタルパーク

Vol,74-(No.94) ワシントンの歯の苦労

Vol,73-(No.93) 口腔癌

Vol,72-(No.92) シュミテクト

Vol,71-(No.91) 感謝の気持ち

Vol,70-(No.90) 虫歯の原因って…

Vol,69-(No.89) 痛みなんかで…

Vol,68-(No.88) ご自分の歯の模型と治療記録

Vol,67-(No.87) インプラント

Vol,66-(No.86) ちょっと怖い歯周病があります

Vol,65-(No.85) タイのデンタルフェスタにて

Vol,64-(No.84) 歯の掃除って何回にも…

Vol,63-(No.83) 日本の歯科って…

Vol,62-(No.82) 子供1人産むと歯を1本失う

Vol,61-(No.81) ソンクラーンは情報収集

Vol,60-(No.80) 問診って大切です!

Vol,59-(No.79) 3D技術で顔面修復

Vol,58-(No.78) 電 話

Vol,57-(No.77) クリント・イーストウッドは…

Vol,56-(No.76) マウスピース

Vol,55-(No.75) ユマニチュード

Vol,54-(No.74) 帰国のシーズンです

Vol.53-(No.73) 入れ歯は完成した時が…

Vol,52-(No.72) タバコ

Vol,51-(No.71) いびき

Vol,50-(No.70) 民間の保険

Vol,49-(No.69) 子供の歯周病

Vol,48-(No.68) 道具を一つ増やしてみませんか

Vol,47-(No.67) 日本はすぐに神経をとる

Vol,46-(No.66) タイはすぐに歯を抜く

Vol,45-(No.65) リベース

Vol,44-(No.64) 女優さんと歯

Vol,43-(No.63) 日本で使われている…

Vol,42-(No.62) やはり知っておくべきです

Vol,41-(No.61) お医者さんに病名を言って…

Vol,40-(No.60) 下顎安静位

Vol,39-(No.59) 人生の流れで歯の事…

Vol,38-(No.58) 文化程度と歯の健康度

Vol,37-(No.57) ブリーチングは…

Vol,36-(No.56) 3Dプリンター

Vol,35-(No.55) ひどいニュースに…

Vol,34-(No.54) 過去のコラムをメールで…

Vol,33-(No.53) 医学知識がないと…

Vol,32-(No.52) 歯磨き後の口は…

Vol,31-(No.51) ステイン

Vol,30-(No.50) フロスと歯間ブラシ

Vol,29-(No.49) ピアスがあるから…

Vol,28-(No.48) 歯ぎしり

Vol,27-(No.47) 問 診

Vol,26-(No.46) ブリーチング

Vol,25-(No.45) アソアライナー

Vol,24-(No.44) 日本人は歯の健康状態が…

Vol,23-(No.43) 予約について

Vol,22-(No.42) ミニインプラント

Vol,21-(No.41) 乳歯でアンチエイジング

Vol,20-(No.40) 牛乳からつくった虫歯修復材

Vol,19-(No.39) フッ素のうがい薬

Vol,18-(No.38) うがい薬

Vol,17-(No.37) ペングリップ

Vol,16-(No.36) 電動歯ブラシってどうですか?

Vol,15-(No.35) ハミガキ

Vol,14-(No.34) 歯科の世界も国際化

Vol,13-(No.33) 前歯のコンプレックス

Vol,12-(No.32) 歯周内科

Vol,11-(No.31) 金属アレルギー

Vol,10-(No.30) スマイル入れ歯

Vol,9-(No.29) 入れ歯

Vol,8-(No.28) 歯の色の素材いろいろ

Vol,7-(No.27) 日本人は歯にたいしての…

Vol,6-(No.26) カスタマーとクライアント

Vol,5-(No.25) お得情報

Vol,4-(No.24) 丁寧にしっかりと…

Vol,3-(No.23) タイの歯医者さんと日本の…

Vol,2-(No.22) タイでも使える日本の…

Vol,1-(No.21) 話題になったコラムが…

日本の歯科治療と日本文化

 前回は、日本の歯科大に入学するよりもずっと学力が必要なアメリカの歯科大に入学し、日本の歯科大とは比べ物にならないぐらいしっかりと学ばなければ卒業できないところをクリアした後、日本とは比べ物にならないぐらい収入も労働環境もいいアメリカで働かず、「日本人である自分は日本で働いてこそ価値がある」と広島カープの黒田投手もビックリなぐらい男気のある、トラストデンタルクリニックの及川律先生のことをお書きしました。

 
 及川先生は、日本の歯科がダメな理由として大学の厳しさの違いを挙げておられました。日本では入学する学生のレベルがそもそも低く、さらに学ぶ場がぬるま湯なのでおいつけません。また教える側も日本では大学の教授や講師といった職員が教えていますが、アメリカでは実際にクリニックを持って臨床を行っている人が教えています。大学の先生は自分の研究と学生指導、場合によっては附属病院で診療と学生指導が一番の業務ではありません。こんなことに熱心であっても出世(教授になる)には役に立ちません。アメリカでは教える立場の人が学生から評価されるシステムになっています。大学の中での“教育”のレベルが違うのもこれだけでも推測できます。及川先生は、どうして日本のレベルが低いのか、例を挙げておられました。どうして低い医療費に抑えられているのか?どうして学力のない学生でも入学できるのか?どうしてろくに学べていない学生でも進級できて歯科医師免許がとれるのか?これらの理由の大元は「日本人が歯のことを大切にしていない、つまり重要視していないのだ」という考えがあるのだろう、と私は思っています。

  日本文化は歯のことに無頓着な文化だと思います。例えば、レントゲンを撮れば、金属がかぶっている歯はたいてい根っこの治療をされているわけですが、日本の根っこの治療は不十分でたいてい根っこの先で膿袋があります。私がレントゲンに写った根っこの先の膿のことを指摘しても、「痛くなったらまた来ます。」という人がほとんどです。もし心臓のレントゲンだったら、「痛くなってから来ます。」なんて言う人がいるでしょうか?いやいや心臓だったら問題だけれど歯ならいいんじゃない?心臓のように命に関わるわけでもないでしょうと思われた方もいるかもしれません。じゃあ胃だったら?目だったら?耳だったら?足だったら?と考えてみてください。日本人は歯のことを大切に思っていないということが少し見えてきたのではないでしょうか。 次は予約について話したいと思います。日本で歯科の予約時間を守らない人は非常に多いです。当院の開業当初は本当にヒドイものでした。タイ人も時間に厳しい人とは言い難いですが、そのタイ人歯科医師が呆れるぐらい連絡なしのスッポカシが多くありました。その後スッポカシをする患者さんは減りましたが、今度は予約変更が増えました。1日の治療予定の患者さんは10人程ですが、1日で20人も予約変更の電話があったこともありました。歯科での予約ってこんなに軽いものなのかと私には結構ショックでした。世界的な一流企業の肩書を持つ人が、毎回当日に予約を変更するという事を繰り返しました。その人に「〇〇○といえば世界的に名の知れた大企業です。その方がアポイントをこれほど変更されることにショックを受けています。仕事上でのアポイントは余程のことがない限り変更されないと思いますが、歯科治療だと頻繁に変更されるのですね。」と苦言を呈した事があります。彼は苦虫を噛み潰したような顔で聞き、反論も理由も語らずその後来られなくなりました。

この方と私がどちらが「ふつう」なのでしょうか?

 
 親知らずって何歳で生えてくるものでしょうか?正解は20才前ですが、患者さんにこの知識があれば、治療は簡単です。根っこが完成する前に歯を抜くことができて簡単なのです。歯医者が簡単ということは患者さんが楽ということです。これをどれだけの人がご存知でしょうか?100%に近ければ、妊婦さんが親知らずを腫らせて来院されるのは限りなく0に近いはずです。しかし危険な生え方をした親知らずのまま出産されている人はかなりいらっしゃいます。ラッキーでしたねと思うことにしていますが、日本文化のレベルの低さを感じてしまいます。その次は見た目の悪さに言及しましょうか。日本でされた治療は見た目にもブサイク、あるいは汚いものが多すぎます。レジン充填という歯の色に近い素材で行われたものでも色が全然あっていないというのはそれこそ“よくあること”です。おまけにしっかりと虫歯菌に侵された部分を除去されていなので透き通って黒っぽく見えていてもたいていの人は平気です。「これは歯医者で治療済みだから大丈夫。」とうことなんでしょうか。

 大昔のことで恐縮ですがファラフォーセットメジャースという 女優さんが「私の魅力は歯です。」と言われていました。日本の女優さんで歯が自分の魅力になるなんて考えた人がいるのかな。または、せっかくキレな魅力的な歯であっても日本人相手に歯が魅力になるかどうかが疑わしいですね。口紅に大金は使うのに、歯がブサイクでも気にしていないなんて私には不思議です。やはり歯はあればいい、痛くなければいいなのでしょうか。そうであるなら、日本人は意識の高い国民とは言えないはずです。日本人の多くは、日本文化は優秀と自認されていると思います。私も日本文化には誇れるものが多くあると思いますが、こと歯科に関しては例外的という言葉を使いたくなるほど「どうして歯だけダメなの?」と思わされます。たいした根拠もなく日本は優秀だなんて思わず、謙虚になって事実を覚めた目でしっかりと見つめていくことで本当に優れた文化になっていくと思います。
 いつの日か日本人が世界の中で歯科の面で世界に誇れる文化になってくれることを祈っています。