Dr.久米の歯科コラム

Vol,85-(No.105) 歯医者に“遠慮”って?

Vol,84-(No.104) 医者とのいい関係 ②

Vol,83-(No.103) 医者とのいい関係

Vol,82-(No.102) 歯並びについて

Vol,81-(No.101) 読者プレゼント

Vol,80-(No.100) 謙虚になること

Vol,79-(No.99) 日本の歯科治療と日本文化

Vol,78-(No.98) 日本の歯科は遅れている

Vol,77-(No.97) インレー

Vol,76-(No.96) 上顎洞炎

Vol,75-(No.95) キッズデンタルパーク

Vol,74-(No.94) ワシントンの歯の苦労

Vol,73-(No.93) 口腔癌

Vol,72-(No.92) シュミテクト

Vol,71-(No.91) 感謝の気持ち

Vol,70-(No.90) 虫歯の原因って…

Vol,69-(No.89) 痛みなんかで…

Vol,68-(No.88) ご自分の歯の模型と治療記録

Vol,67-(No.87) インプラント

Vol,66-(No.86) ちょっと怖い歯周病があります

Vol,65-(No.85) タイのデンタルフェスタにて

Vol,64-(No.84) 歯の掃除って何回にも…

Vol,63-(No.83) 日本の歯科って…

Vol,62-(No.82) 子供1人産むと歯を1本失う

Vol,61-(No.81) ソンクラーンは情報収集

Vol,60-(No.80) 問診って大切です!

Vol,59-(No.79) 3D技術で顔面修復

Vol,58-(No.78) 電 話

Vol,57-(No.77) クリント・イーストウッドは…

Vol,56-(No.76) マウスピース

Vol,55-(No.75) ユマニチュード

Vol,54-(No.74) 帰国のシーズンです

Vol.53-(No.73) 入れ歯は完成した時が…

Vol,52-(No.72) タバコ

Vol,51-(No.71) いびき

Vol,50-(No.70) 民間の保険

Vol,49-(No.69) 子供の歯周病

Vol,48-(No.68) 道具を一つ増やしてみませんか

Vol,47-(No.67) 日本はすぐに神経をとる

Vol,46-(No.66) タイはすぐに歯を抜く

Vol,45-(No.65) リベース

Vol,44-(No.64) 女優さんと歯

Vol,43-(No.63) 日本で使われている…

Vol,42-(No.62) やはり知っておくべきです

Vol,41-(No.61) お医者さんに病名を言って…

Vol,40-(No.60) 下顎安静位

Vol,39-(No.59) 人生の流れで歯の事…

Vol,38-(No.58) 文化程度と歯の健康度

Vol,37-(No.57) ブリーチングは…

Vol,36-(No.56) 3Dプリンター

Vol,35-(No.55) ひどいニュースに…

Vol,34-(No.54) 過去のコラムをメールで…

Vol,33-(No.53) 医学知識がないと…

Vol,32-(No.52) 歯磨き後の口は…

Vol,31-(No.51) ステイン

Vol,30-(No.50) フロスと歯間ブラシ

Vol,29-(No.49) ピアスがあるから…

Vol,28-(No.48) 歯ぎしり

Vol,27-(No.47) 問 診

Vol,26-(No.46) ブリーチング

Vol,25-(No.45) アソアライナー

Vol,24-(No.44) 日本人は歯の健康状態が…

Vol,23-(No.43) 予約について

Vol,22-(No.42) ミニインプラント

Vol,21-(No.41) 乳歯でアンチエイジング

Vol,20-(No.40) 牛乳からつくった虫歯修復材

Vol,19-(No.39) フッ素のうがい薬

Vol,18-(No.38) うがい薬

Vol,17-(No.37) ペングリップ

Vol,16-(No.36) 電動歯ブラシってどうですか?

Vol,15-(No.35) ハミガキ

Vol,14-(No.34) 歯科の世界も国際化

Vol,13-(No.33) 前歯のコンプレックス

Vol,12-(No.32) 歯周内科

Vol,11-(No.31) 金属アレルギー

Vol,10-(No.30) スマイル入れ歯

Vol,9-(No.29) 入れ歯

Vol,8-(No.28) 歯の色の素材いろいろ

Vol,7-(No.27) 日本人は歯にたいしての…

Vol,6-(No.26) カスタマーとクライアント

Vol,5-(No.25) お得情報

Vol,4-(No.24) 丁寧にしっかりと…

Vol,3-(No.23) タイの歯医者さんと日本の…

Vol,2-(No.22) タイでも使える日本の…

Vol,1-(No.21) 話題になったコラムが…

謙虚になること

 ネットの世界では日本の歯科が遅れているということが意外にも知れ渡っているのかも、というところから、アメリカで歯科医師免許をとられた及川先生の考える資本の歯科の問題を紹介しました。それを受けて、「イヤイヤ、問題の本質はそんなことじゃなく日本人が歯のことを真剣に考えていないからじゃないか」と私の考えを述べました。今回でまとめとさせていただきます。

 ネットで“ここが恥ずかしいよ日本人! 習慣の違いが招いた「海外旅行での恥」エピソード”という話題を見つけました。タイにいらっしゃる皆さんなら一度は目にしたことがある内容がほとんどでした。チップのこと、場違いな服装、クレジットカードなどなど。歯科の場合の例を挙げると、予約を入れて平気でキャンセルする。キャンセルの連絡もなしに来ないというのも少なくありません。その人にとっては、それが“日本の普通”だったのでしょう。同じことをアメリカでやればどうなるか?アメリカの先生からは「日本人って?」となるはずです。場所によっては料金をチャージされます。予約しただけで料金をとられるなんて、と思った人もいらっしゃるかもしれませんが、その人を受け入れるために歯科医師、歯科衛生士などのスタッフを用意して歯科器具、機材も用意しています。歯科医院のコストは0でしょうか?私は料金をチャージされるほうが理にかなっていると思えます。これをチャージ0にすると他でカバーするということになります。その“他”というのは予約どおりきっちり受診された方からです。正直者はバカを見るという言葉が浮かんでしまいます。キャンセルに対してチャージをかけている先生もコストかかっているんだから取るのはあたりまえという気持ちよりも、予約を守って来られる患者さんを大切にしたいという気持ちのほうが大きな理由だと思います。

 予約の例を挙げましたが、これまで指摘してきたものが全てではなく、それ以外にもたくさんあるはずです。日本人にとって、海外で起きる歯科のトラブルのナンバー1は“とれた!”のはずです。ほとんどの人は「もう一度くっつければ元通り。問題なし」のようです。私の見るところ日本の歯科治療は詰め物やクラウンをするときに細菌に感染した象牙質をしっかりと除去されていません。だから取れるのです。もう一度付け直してもまた外れるでしょう。外れるならまだしも細菌が歯髄にまで及んでしまうと“神経をとる”という処置になります。もう一度つけ直して欲しいという患者さんに外れた部分を指して「こんなに黒くなっています。虫歯が取り残されています」という指摘をしても、「今、痛くないから付け直すだけでいいです」という人は多いですね。こんなことをアメリカでやればアメリカの歯医者さんは日本人のことをどう思うでしょうか?「頭がおかしいんじゃないか?」「バカか?」のはずです。それが日本人の一部じゃなくほとんどですから。皆さんが期待されているような「さすが日本人!」ではけっしてありません。アメリカは治療費も高く特別だからと思っている人もいるかもしれません。ドイツやノルウェーでやってみればいいです。日本人が歯科医院でRespectされるなんてことはまずないと思います。ほとんどで恥さらしです。

 どうして日本の普通が世界に出ると恥さらしになるのか。本質は日本文化が歯のことにあまりにも無頓着ということに行き着くのですが、それでは身も蓋もないので次のことに気づいてください。日本では1部屋に3台ぐらい治療椅子があって同時に3人ぐらい受け入れるというスタイルです。これがそもそも日本だけなんです。1時間に4人ぐらい受け入れるので予約時間どおりに行っても待たされるから少しぐらい遅れても問題なし。歯医者さんも1人ぐらいキャンセルされても1時間4人が3人になっただけで被害も大きくはないですし、そもそも予約なしで来る人も“普通”ですからちょうどよかったりします。低い料金設定にするのはこの方法は有効です。しかし歯科治療は外科処置だと認識していますが、それを料金を定めてこの中でやりくりしようという考えがそもそも歯を大切にしようという文化ではありません。歯科治療スタイルから国民性を語るならやはり日本が世界最低です。他にも例を挙げればきりがないほどあります。いくつかは過去に紹介済みですから興味があれば読み返してください。

 今も世界中でこの恥さらしは行われていることでしょう。知識を身につけるのには時間がかかります。まして日本文化にまで反映されるには相当な時間がかかるはずです。及川先生が5年遅れているなんて言ってましたがとんでもない。だって5年前と今でたいした違いがありませんし。そこで、まず私達日本人が受けてきた歯科治療というのは日本独特のもので、日本以外のどことも違っているということをしっかりと分かっていただきたいというのが私の願いです。そしてそれがけっして外国のものよりも優れているというわけではないと。どうしても日本製のほうが優れていると信じ凝り固まっている人が多すぎです。口の中に金属のクラウンがたくさん入っていて平気な人は“普通”にいます。日本人以外にいますか?それすら気にしたことがないのが“普通”です。金属ギラギラは優れていますか?やはり日本の歯科は世界で誇れるものだなんて思えますか?謙虚になって、偏見や固定観念なしに正しく物事を見つめることが大切ですし、それがこれからの日本の歯科を改善していく最初の一歩だと思います。